法人カードの審査は、経営が赤字の企業でも通ることができます

法人カードの審査は、経営が赤字でも通ることができます

 

法人カードの審査を受けるのに、赤字経営だからと思い留まってはいませんか?
赤字が好印象でないことを承知のうえで、法人カードの審査を受けるのは気が引けますよね。

 

法人カードの審査では赤字は不利な要素ですが、実は、必ずしも落ちる訳ではありません!
通りやすくなる方法を試したり、口コミから通りやすいと言われる法人カードを選択することで、審査が通る確率は高まるのです。

 

そこで今回は、赤字経営のアナタのために法人カードの審査が通りやすくなるといわれる方法を解説!
さらに、「赤字でも審査が通った」という口コミが多かった法人カードも紹介します。

 

 

 

発行会社は、信用情報を見ています!

 

法人カードの発行会社が、審査の際にどこを見ているか。
これは明確には明かされていないのですが、多くの場合「信用情報」を確認しています。

  • 赤字:利益が少ないため、回収見込みが立てられない
  • 黒字:利益が多いため、回収見込みを立てられる

 

発行会社が赤字企業には法人カードを作成しないのは、この回収見込みが立てられないことが原因と考えられます。

 

もし赤字企業を審査で通してしまうと、法人カードの利用分が返済されないことが危惧されます。
そうなると、発行会社はその利用分を肩代わりすることになり、大きな損失となってしまいます!

 

そうした背景から、審査が厳しい法人カードは多々存在。
しかし、発行会社の中には赤字企業の審査も引き受けているところがあります!

 

 

 

必ずしも業績悪化とは限りません!

 

赤字から連想されるのは「業績悪化」ですが、必ずしもそうとは限りません!

  1. 少ない利益ゆえ、業績が悪い赤字の会社
  2. 税金対策として、経費額を増やして赤字にしている会社

 

@のような業績が悪いことで赤字である企業では、貸し倒れが示唆できるため、法人カードの審査が通るのは難しいかもしれません。

 

しかし、Aのような企業はどうでしょう?
この企業は赤字を演出しているだけであって、返済見込みがあることは十分に考えられます。
また、経費額の支払いが多いことからは、法人カード発行会社が1番喜ぶ利用者像なのです!

 

もしアナタの会社がAなら、赤字が原因で審査が通らないという確率は低いかもしれませんね。

 

 

 

提出書類から会社の情報が分かります

 

発行会社により違いはありますが、多くの法人カードでは審査の際にいくつかの書類を提出します。
その中にある決算書を見ることで、発行会社は売上や経費の使い道を把握します。

 

赤字であることも、この決算書から知られることになるでしょう。
発行会社はこうした決算書を何度も把握し、確認事項のデータを取り続けています。

 

そのため、経費調整で赤字という判断も心得ているので、Aの企業は安心して申し込むと良いですよ。

 

 

 

赤字でも審査が通るためにはどうすればいいの?

 

「赤字を演出している企業」であれば審査が通る可能性はあると伝えてきました。
しかし、多くの方は「経営不振」により赤字になられていることでしょう。

 

こうした赤字経営である場合、法人カードの審査は通らないのでしょうか?
手段の1つとして、財務書類の提出が不要な法人カードに申し込むというモノがあります!

 

実は、会社の情報を調べるのに必要な財務書類の提出をしなくても申し込める法人カードがあります。
審査で必要なのは、申請者の本人確認書のみになるので、赤字でも比較的通りやすいことが予測されます。

 

また、「赤字決算でも申請を受け付け!」と銘打っている法人カードもあるので、こうしたモノなら審査が通りやすそうですね!

 

今回は、赤字決算企業の審査を受け付ける法人カードで、おすすめ1枚の特別に紹介いたします。

 

P-one Business MasterCard

 

赤字決算の企業からの審査を受け付けている法人カードが、こちらの「P-one Business MasterCard」。
申告所得だけでなく多角的な判断から審査の合否を決めるため、赤字でも通る可能性があるのです!

 

公式サイトでもそれについて書かれているので、不安な方はぜひ確認してみてください。

 

さてそんなP-one Business MasterCardですが、性能は利便性の高いものとなっています!

 

例えばポイントですが、この法人カードの還元率は0.6%となかなかの高レート!
そして審査にもよりますが、利用限度額を最大300万円まで希望することができます。

 

高還元率なうえに利用できる額も大きいので、効率よくポイントを貯めたい方におすすめ!

 

またこの法人カードは、1年に1回でも決済利用することで、翌年の年会費が無料になります。
初年度はもともと無料なので、実質ずっと無料で使えるのはとても嬉しいですね。

 

キャッシングといった機能も付帯しているなど、資金繰り面でも役に立つ法人カードです。
法人カードを準備するなら、まずはこちらのP-one Business MasterCardをお試しください!

 

P-oneを申し込む

 

 

 

「通りやすい」と口コミの多い法人カードもあります

 

赤字決算でも審査を受け付けている法人カードはいかがでしたか?

 

今回は紹介できませんでしたが、審査が通りやすいとの声が多かったり、提出書類が要らなかったりする法人カードが他にもあります!

 

こちらのランキングにてそれらの法人カードをまとめているので、P-one Business MasterCard以外にも見てみたいという方はぜひご覧ください。

 

審査ランキングはこちらをクリック