ビジネスカードを使う時に暗証番号を忘れてしまった時の対処法

もし法人カードの暗証番号を忘れてしまったら?

 

法人カードで決済をする時に、求められることのある「暗証番号」。
その暗証番号が思い出せず焦ったなんて経験はありませんか?

 

法人カードを使う際、暗証番号を複数回連続で間違えるとロックが掛かります

 

ロックが掛かってしまうと、暗証番号で本人確認をする支払いができなくなる法人カードがほとんど。
しかも、ロックは1度掛かると解除できず、法人カードを再発行するしかありません。

 

そんなことにならぬよう、当ページでは法人カードの暗証番号を忘れた時の対処法をご紹介。
法人カードの使用場所が限られると不便に感じることもあると思うので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

忘れてしまっても手続きをすれば確認できる!

 

法人カードの暗証番号を忘れてしまい、確認方法がわからず慌てたことがある方もいると思います。
安心してください!今はWeb上や電話でカンタンに確認できますよ!

 

発行会社に暗証番号を忘れた旨を伝えると、本人確認ができ次第「暗証番号通知書」が送られてきます。
約1週間で暗証番号がわかるため、すぐに法人カードを使えるようになります!

 

暗証番号がわからぬままこの確認を怠り、誤入力を繰り返すと、法人カードにロックが掛かかります。
こうなると、暗証番号が必要となる決済がおこなえなくなってしまいます。

 

ロックが掛かるまでの回数は、法人カードによって異なりますが、「連続3回の誤入力」としている法人カードがほとんど。
そのため、もし暗証番号を2回間違えてしまったら、その段階で必ず確認するようにしましょう。

 

また暗証番号通知書は、法人カードが初めて郵送されてきた時に同封されているので、保管しておくことをおすすめします!

 

 

 

ロックが掛かってしまったらどうすれば?

 

法人カードにロックが掛かると、暗証番号を求められる機械での支払いができなくなってしまいます
逆に言えば、暗証番号での確認が不要なレジであれば、法人カードを使用できるということです!

 

とはいえ、暗証番号を間違えてロックされてしまった場合、すぐにでも解除したいところですよね。
しかし、1度ロックされると解除できず、再発行する以外に暗証番号を使った支払いができなくなります。

 

ですが、ロックが掛かったままにするのはセキュリティ上良くないので、再発行に手数料が掛かることもありますが、早急に手続きをおこないましょう。

 

 

 

多くの法人カードにICチップは搭載されています

 

暗証番号を忘れてしまうと利用できない点は、少し不便に感じるかもしれません。
しかし、ICチップが搭載されていることで、情報の暗号化により安全性が高くなりますし、サインが不要になるので会計をスマートに済ますことができるのです!

 

このICチップですが、今やほとんどの法人カードが搭載しています。
そのため、安全性の高いICチップが搭載された法人カードをお求めの方も、用途に合ったものを探しても良いのではないでしょうか?

 

もし、用途に合った法人カードを検討する方は、当サイトのTOPページをぜひご覧ください!
様々な用途ごとに法人カードを紹介しているので、あなたに合った1枚がきっと見つかるでしょう。

 

TOPページを見てみる