法人カードの名義は個人名?名義人の取り決めや登録形態について

法人カードに記載される名義はだれの名前?

法人カードの署名について

 

「名義が個人名になっているんだけど、これって法人カードとして大丈夫なの?」

 

法人カード発行の際、カード名義決済処理時のサインがどうなるのか気になる方は多いかと思われます。
基本的に、法人カードの名義は個人名であり、署名もその名前の方である必要があります。

 

では引き落とし口座はどうなるのか?
それは、登録している法人口座(個人事業主の場合は個人口座)となります。

 

ここでは、法人カードの名義の詳しい情報について解説していきたいと思います。

 

 

 

申請者の名前が載るのが一般的!

 

さて気になる名義ですが、基本的に法人カードに印字されるのは個人となっています。

 

てっきり法人の名前が印字されると思っていたという人も少なくないでしょう。
実は、法人名義だけを印字する法人カードはありません!

 

なぜなら、個人名を入れないと会社に属する誰もがその法人カードを使えてしまうからです。
また法人名義で統一してしまうと、だれがいつどれだけの金額を法人カードで利用したか分からなくなるからです。

 

こうした理由から、法人カードには代表や社員の名前を印字。
使用はその所有者、またサインを求められたら名義人の名前を書くのが当然なのです。

 

引き落とし口座は、個人と法人から選べます

 

個人名が載るからといって、引き落とし先が名義人口座になる訳ではありません!

 

引き落とし口座には「個人口座」もしくは「法人口座」を選ぶことができるのでご安心を。

 

 

 

会社名と個人名が印字されるケースも!

 

法人カードの中には、画像のように個人名と法人名を両方印字するモノもあります。

 

一見、署名では法人名も使えるように思えますが、使うのは個人名義人のサイン!
あくまで法人名義はオマケ程度と考えたほうが良いでしょう。

 

 

 

追加カードの名義は?

 

追加カードは、最初に契約した法人代表者以外の社員にも持たせるための法人カード。
この場合の名義は、所持することになった社員になります!

 

メインであれ追加であれ、法人カードの名義は所持する方のものである必要があります。
また、決済時に使用するサインもその方の名前であることが義務付けられています!

 

 

 

法人カードのお探しなら、こちらをどうぞ!

 

法人カードの刻印について、いかがでしたか?
印字部分にこだわりのある方は、法人カードの発行前に確認もしておくとよいでしょう!

 

当サイトでは、これから導入される方のために法人カードを徹底比較し紹介しています。
検討中の方は、ぜひ以下のページの比較ランキングなどを参考にしてみてください。

 

法人カード比較ランキング