法人カードの名義は個人名?名義人の取り決めや登録形態について

法人カードの名義について

法人カードの署名について

名義が個人名になっているんだけど、これって法人カードとして大丈夫なの?

法人カード発行の際、カードの名義や決済処理時のサインはどうなるのか気になっている人は多いかと思われます。

基本的に、法人カードの名義は個人名であり、署名もその名前のものである必要があります。
では引き落とし口座はどうなるのか?それは、登録している法人口座(個人事業主の場合は個人口座)となります。

ここでは、法人カードの名義の詳しい情報について解説していきたいと思います。





法人カードの名義は、個人名が基本

法人カードのサインについて

さて、気になる法人カードの名義についてですが、基本的に法人カードに印字される名義は個人の名義となっています。

てっきり法人の名前が印字されると思っていたという人も少なくないでしょう。実は、法人名義だけを印字する法人カードはありません。

何故なら、個人名を入れずに会社名だけの状態だと会社に所属している誰もがその法人カードを使えてしまうからです。

そして法人名義で統一してしまうと、だれがいつどれだけの金額に対して法人カードを利用したかわからなくなってしまいます。

こういった理由から、法人カードには法人の中でカードを持つことを認められた代表や社員の名義を印字する必要があるのです。

支払い時にサインを求められた際は、そのカードの所有者、そして名義人のサインをする必要があり法人名を書く必要はありません。


引き落とし口座はどうなるのか

法人カードの署名について

カードの名義が個人名だからといって、引き落とし先の口座が本人の口座になるわけではありません。

引き落とし口座は、カード申請時に登録した法人口座(個人事業主の場合は個人口座)になります。





法人名と個人名が一緒に印字されるケースも

法人カードの署名について

また、法人カードの中にはライフカードのような個人名と法人名を両方印字するカードもあります。

一見法人名を署名に使えるように思えますが、両方印字されていてもサインの際に使うのは個人名義人のサインです。

あくまでも、法人名義はオマケ程度と考えたほうが良いでしょう。





追加カードの名義は?

法人カードの署名:追加カード

また、追加カードの名義についても知っておきたいところ。

追加カードは、最初にい契約した法人代表者以外の社員にも持たせるために作られるカードですが、その名義は所持することになった人間のものになります。

図解にすると、以下のようなイメージです

メインカード 名義:法人代表者 署名:代表者のサイン - 引き落とし口座:法人口座



追加カード 名義:社員A 署名:社員Aのサイン - 引き落とし口座:法人口座
名義:社員B 署名:社員Bのサイン - 引き落とし口座:法人口座
名義:社員C 署名:社員Cのサイン - 引き落とし口座:法人口座



メインのカードであれ追加カードであれ、カードの名義は所持している本人のものである必要があり、使用時のサインも保持者のサインとなります。





まとめ

画像:法人カード

  • 法人カードの名義は、原則個人の名義であるべき
  • 法人名義ではなくても問題はない
  • 引き落とし口座は法人カード申請時に登録した法人口座となる

法人カードの名義について、理解できましたでしょうか?
法人名義にこだわりのある方は、検討している法人カードが法人名義の印字にも対応しているのか確認しておくとよいでしょう。

当サイトでは、法人カードの導入を検討されている方のために、おすすめの法人カードを徹底比較しご紹介しています。

検討中の方は、ぜひ以下のページの比較ランキングなどを参考にしてみてください。


法人カードおすすめ比較サイト