法人カードを社員に持たせたい場合の対処策について解説

大企業の社員に最適な法人カードとは?

法人カード

 

大企業が社員に配るのにおすすめの法人カードを紹介!

 

出先で会社に必要なものを買うことはありますよね。
そうした際は社員が立て替えをすることが多いですが、その後の会計処理が非常に面倒!

 

それも社員の大勢いる大企業だと、処理に大幅な時間が取られます。

 

そんな大企業ならではの面倒な問題も、法人カードがあればカンタンに改善!
さらに法人カードは業務の効率化を図れたりと経費削減にも一役買います。

 

そこで今回は、性能やサービスから大企業の社員が持つのに最適な法人カードご紹介します。

 

 

 

一般社員には、どのようなものが最適?

 

社員に配布する法人カードは、どのようなものが最良なのでしょうか?
企業側から見たメリットを重視し、当サイトでは以下の基準を考えました。

 

  • 法人カードの明細を会社が一括管理できる
  • 年会費は統一されており、そして何枚でも発行できる
  • 社員の名前と法人カードが紐づいており、簡単に判別できる

 

上記の条件を満たす法人カードとして、大企業にはコーポレートカードがおすすめです。

 

 

 

コーポレードカードとは

 

コーポレートカードとは、大勢の社員を抱える大企業が使うことを想定して作られた「大企業用の法人カード」のことを指します。

 

入会手続きは会社全体としておこないますが、発行は社員毎に契約をする必要があります。
大勢の社員に配布することが想定されているので発行は20枚〜無制限といったところが多く、また、年会費は基本的に会社が負担をするので社員が払うことはありません。

 

会社にとっては、利用明細を個人・部署・全体単位で発行してもらうことができるので、経費管理の一括化ができるというメリットがあります!

 

そして、コーポレート法人カードには決済方法が会社決済型個人決済型の2つあり、法人の意思によってどちらにするかを選ぶことができます。

 

  • 個人決済型
    利用額の引き落とし先が社員自身の個人口座。経費は立て替え扱いとなる。
  • 会社決済型
    引き落とし先が法人口座。社員所持の法人カードすべての利用額を一括で支払う

 

 

 

コーポレートカードは、個人決済型を用意するのがおすすめ!

 

個人決済型と会社決済型のうち、会社が社員に発行させる法人カードとして人気が高いのは個人決済型のコーポレートカード

 

会社決済型にすると、社員の私的利用による費用も会社が負担してしまう可能性が高く、事前に対処するには面倒な清算処理が必要です。
また「会社が支払うから」と領収書の扱いが雑になる社員が多くなり、経費手続きもまともに行えなくなることもしばしばあるようです。

 

 

そんな会社決済型を個人決済型と比較してみると、コーポレートカードの利用に対し、社員は会社に経費として請求するだけで処理が終わるため、手続きはとてもスムーズ。
また、個人決済型は社員が請求する側に回るため、領収書を失くすといったことも少ないという口コミがあります。

 

社員個人が清算に意欲的になり、清算漏れが少なくなることを踏まえると、社員に持たせるのにおすすめの法人カードは「個人決済型のコーポレートカード」ということになるのです。

 

 

コーポレートカード比較ランキング