法人カードを社員に持たせたい場合の対処策について解説

法人カードを社員が所持する場合

従業員に持たせる法人カードとは

出先や買い出しで発生する会社の買い物。一旦建て替え払いを行うなどして対処しますが、その後の会計処理が面倒です。
社員数の多い大企業なら、社員各個人に対して処理を行っているとキリがありません。

そんな状況を改善してくれるのが、法人カードの存在です。

法人カードのキャッシュレス処理は、会社にも社員にも負担の少ない有効な決済手段。
法人カード導入で経費削減が実現したという会社も多数です。

当ページでは、社員に持たせるのに最適な法人カードの内容やブランドについてご紹介します。





どんなカードが最適?

社員向け法人カードとは

社員に持たせる法人カードとして、どのようなカードが最良なのでしょうか?
企業側から見たメリットを重視し、当サイトが考えた基準は以下です。

  • 会社がカードの明細を一括管理できる
  • 年会費統一で何枚でも発行できる
  • 社員の名前とカードが紐づき、判別できる

この上記の条件を満たす法人カードは、会社が年会費を負担して社員に所持させるコーポレート法人カードです。





コーポレート法人カードとは

社員向け法人カードとは

年会費の負担・管理が会社側で、利用者が社員となる大企業向けの法人カードです。
発行対象は会社に所属する社員個人となります。

会社が全体としての入会手続きを行いますが、各個人のカードを発行する際は個人ごとの契約が必要となります。
カードの年会費は何枚発行しても一律で、利用者である社員の負担はありません。

利用明細は個人、部署、全体単位で発行してもらうことが可能。そのため経費利用管理の一括化が可能となります。


このコーポレート法人カードには会社決済型個人決済型の2つの決済タイプがあり、法人の意思によってどちらにするかが選べます。

  • 個人決済型→カード利用額の引き落とし口座が社員自身の個人口座。
    経費は立て替え扱いとなる。
  • 会社決済型→引き落とし口座が法人口座。
    社員所持の法人カードすべての利用額を一括で支払う




社員用として個人決済型がおすすめ

社員向け法人カードとは


個人決済型会社決済型のうち、会社が社員に発行させる法人カードとして人気が高いのは個人決済型のコーポレート法人カードです。

会社決済型にすると、もしカードの個人利用があってもその費用まで会社が負担してしまう可能性が高く、事前に対処するには煩雑な清算処理が必要。
また法人が支払うからと領収書の扱いが雑になる社員が多くなるらしく、手続きもまともに行えないことも多いんだとか。

社員向け法人カードとは

それにくらべ個人決済であれば、社員が経費として会社に請求するだけで処理が終わるため、とてもスムーズ。
社員が請求する側に回ることで、領収書をなくすことも少ないという声も多いです。


社員個人が清算に意欲的になり、清算漏れが少なくなるということも踏まえると、個人決済型のコーポレートカードが社員に持たせるのにおすすめの法人カードということになります。



コーポレートカード比較はこちら


当サイトではコーポレート法人カードのおすすめ比較ランキングを作成。
社員用に用意するコーポレート法人カードを選ぶなら、ぜひ参考にしてみてください。


コーポレートカード比較ランキング