法人カードでキャッシュバックならJCBビジネスプラス

キャッシュバック型の法人カードとは



キャッシュバック型の法人カードとは、使用した金額に応じてキャッシュバック(現金還付)を行うサービスを受けることのできる法人カードのこと。

一般的には、ポイント還元よりも高い還元率を設定している発行会社が多いです。
キャッシュバック機能が付帯されている法人カードは数枚しかありませんが、会社の経費内訳によっては、どの法人カードよりもコストパフォーマンスが良い一枚となる可能性があります。





ポイント還元と比べたメリットは?



法人カードで還元というとポイントのイメージが強くありますが、キャッシュバックと比較した場合のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

まず一つ目のメリットは、キャッシュバック型の場合ポイントに比べ、一般的には還元率が高く設定されている点
例えば、ポイント還元の最高水準が1.6%前後の中、JCBビジネスプラスなどのカードでは3%と高還元率。

会社のステータスによっては非常にお得に還元を受けることが可能です。

また、ポイントプログラムによっては交換したいサービスやモノがなく、せっかく貯めたものの、ポイントの使い道に困ってしまったという経験はありませんか?

キャッシュバックの場合、現金なので使い道に悩むことは全くありません。

また、ポイントとは違い有効期限などは一切ありませんので、使いたい時にキャッシュバックで返ってきたお金を使うことができるというのもキャッシュバック型のメリットの一つです。

また、貯めたポイントやマイルを交換するという手間も省けるので、より効率的な運用が可能です。





キャッシュバックの仕訳、勘定項目はどうすれば?



キャッシュバックで還元されたお金は、会計上どのように処理をすればよいのでしょうか?

キャッシュバックで得た現金は、雑収入あるいは受贈益で計上するのが一般的です。
むしろ雑収入として計上しないといけません。

この場合、サービスを提供した際の収入ではないので、消費税は不課税となります。
ただし益金算入に該当するので、法人税はかかるため注意が必要です。





強いてデメリットをあげるなら



これまでご紹介してきた通り、キャッシュバック型の法人カードには様々なメリットがあり、会社のステータスによっては非常にお得な法人カードだということが分かっていただけたかと思います。

ここからは、キャッシュバック型のデメリットをあえて挙げていきたいと思います。

法人カードを使用するだけで、高還元率で現金の還付を受けることのできるキャッシュバックですが、実はほとんどの法人カードでは、キャッシュバックを受けることのできる支払い項目が決まってしまっています。

キャッシュバック型の法人カードで最も人気のある、JCBビジネスプラス法人カードでは、キャッシュバックを受けることのできる項目は交通費、出張旅費のみ。

つまり、せっかくキャッシュバック型の法人カードに入会しても、会社の費用内訳によっては、想定していた還元を受けることができない可能性もあるのです。


また、キャッシュバック型以外の基準で比較し、法人カードを選んだ方によく起こりがちなのは、自分のほしい法人カードにキャッシュバックが付いていないケースが多いこと。

キャッシュバックを受けることのできる法人カードは少ないので、せっかく自社にあった最適な一枚を見つけても、狙っていたキャッシュバックを得ることができなくなってしまうと本末転倒です。

また、キャッシュバックの金額に上限が決まっていることが多いのも要注意のポイントです。





おすすめの法人カードはJCBビジネスプラス


キャッシュバック搭載のおすすめ法人カードはJCBビジネスプラスです。

JCBは日本唯一の国産カードブランドのため、一部を除き国内で使えないところはほぼありません。
また、ETCカードの発行が複数枚可能で、追加発行・年会費も無料!

年会費は非常に安く、たったの1,250円
ゴールドランク版の同カードでも、コスパの良い10,000円です。

キャッシュバック還元狙いでは、気になる限度額ですが、一般法人カードは10万円〜100万円。
JCBビジネスプラスゴールド法人カードは、50万円〜250万円となっています。

それ以外のJCB一般とゴールドの違いは保険の手厚さ
いずれにせよ、一般、ゴールド共にキャッシュバックは使用可能なので、利用限度額と保険の有無に合わせて検討してみてください。



キャッシュバックのコストパフォーマンスを最大限発揮するならば、当サイトのおすすめはJCBビジネスプラスゴールド法人カード
なぜならキャッシュバックを使用し、最もコスパの良い使い方をするのには、月間100万円以上の利用が必要だからです。

JCBゴールド法人カードで、交通費を処理すると、還元率は法人カードの最高値、3%
それに加え、通常経費の0.5%がポイントになります。

しかし、注意点としては、JCBゴールド法人カードのキャッシュバックの上限は15,000円
それ以上のキャッシュバックは還元されませんので、自社の経費内訳とよく照らし合わせる必要があります。

細かい数式は省きますが、交通費の支払いが毎月20万円〜50万円の間で、通常経費と合算すると月間100万円を超える会社ならJCBゴールド法人カードのコストパフォーマンスは最強。

もしも上記の経費内訳が御社のステータスと一致するなら、申し込まない手はない法人カードです。

それ以外の内訳であるならば、JCB一般法人カードがおすすめです。





JCBビジネスプラスのプロモーション内容



キャッシュバック機能が付いている上に様々な魅力があるJCB法人カードですが、なんと今なら期間限定で!最大5,000円のギフトカードをプレゼント中です。

しかも嬉しいキャンペーンはそれだけでなく、初年度年会費まで無料!!

さらにさらに!交通費だけでなく、只今申し込んだ方限定で、交通費だけでなく、携帯電話、公共料金の支払いでもキャッシュバックを受けることのできる特別キャンペーン実施中です!

キャッシュバック付き法人カードに入会するのであれば、この機を逃す手はありません。
詳細は公式ページに記載されているので、ぜひ検討してみてください。

公式ページ



「色々と調べたがキャッシュバックが付いていない法人カードにしようかな」とお思いの方はTOPページにてカテゴリー別比較ランキングを掲載しているので、そちらも参考にしてみてください。


法人カードおすすめ比較サイト