会社名と個人名はどちらを使う?コーポレートカードの名義とサイン

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • コーポレートカードの名義人は、会社名と個人名のどちら?

     

    法人用のクレジットカードとして利用されているコーポレートカード。
    このコーポレートカードです、企業で扱うモノなのに、自分の名義が載ることを疑問に思う方もいるのではないですか?

     

    実はコーポレートカードにとって、この名義人について知るのは非常に重要
    もし名義人のことで使い方を間違えると、最悪の場合、アナタは捕まってしまうことだってあります

     

    そこで今回は、コーポレートカードの名義人について徹底解説します。
    さらに、名義におけるコーポレートカードの正しい使い方もしっかりと伝授!

     

    コーポレートカードに自分が名義人として載るのは何も間違っていないことを、ぜひご確認ください。

     

     

    コーポレートカードに名義が載る理由とは

     

    クレジットカードに名義が記載されるのは、利用者を表すためにあります。

     

    そもそも、発行会社というのは利用者に対しクレジットカード貸与という形で渡しています。
    これはコーポレートカードにおいても同じで、企業で発行していても利用するのはアナタであるため、名義人もアナタの名前になるのです。

     

    たまに企業名も記載するコーポレートカードもありますが、あくまで飾りのようなものであって、大事なのは利用者の方の名義。

     

    また名義が載る以上、そのコーポレートカードを利用できるのは原則名義人の方のみになります。
    社員同士での譲渡や貸与は、コーポレートカードが例え会社のものであってもできないのです。

     

    こうした背景があるため、コーポレートカードを申し込む際に個人名を書くのは間違いではありません!
    また、コーポレートカードの券面にアナタの名前が載ることも何ら問題ではないのです。

     

     

     

    利用額の支払いも名義人がおこなわいといけないの?

     

    コーポレートカードの名義人がアナタの名前と分かったところで、1つ気になる疑問が浮かびます。
    それは「利用額の支払いは、名義人の口座から引き落とされるのか」ということ。

     

    結論から言うと、コーポレートカードを使用しても名義人の口座から引き落としはされません

     

    基本的にコーポレートカードは経費の支払いに利用するので、法人口座からの引き落としとなります。
    もちろん個人口座を引き落とし先に指定もできますが、一般的には法人口座となります。

     

    そのため、企業が複数枚のコーポレートカードを発行したとしても、名義は利用者それぞれのものを利用しますが、引き落としは法人口座に全て統一できます

     

    利用に対して不安がある方は、一度企業みるのも良いかも知れませんね。

     

     

     

    署名・サインは誰の名前を書けば良いの?

     

    コーポレートカードの利用に問題が無いことが分かったので、実際に使ってみましょう!
    会社に必要な商品などの買い物をしたアナタは、経費として処理したくコーポレートカードを使います。
    すると、店員さんからはこんな言葉が投げかけられるでしょう。

     

    サインをいただいてもよろしいですか?

     

    コーポレートカードでの決済の場合、サインとして記入するのは「会社名」と「個人名」、どちらを記入すれば良いかアナタは分かりますか?

     

    この場合、サインは「名義人の名前」を書くのが正解!

     

    上述したように、コーポレートカードは発行会社が貸与されている代物。
    そのため、利用に関する責任は名義人の方にあるので、サインは「名義人の名前」を書きます。

     

    上司にお使いと称してコーポレートカードを預かるケースもありますが、これは規約違反によるNG行為。
    ましてや他人のサインを書くようなことは偽装行為になるので、名義人以外の方がコーポレートカードを使うのもサインをするのも絶対に止めましょう。

     

     

     

    名義変更はどうすれば良いの?

     

    コーポレートカードは、名義人の方以外が利用することは原則許されていません!
    しかし、その方が移動や退職で会社を離れたり、もしくは結婚で苗字が変わったりと、名義人としての役目を果たせないことがあります。

     

    その場合、コーポレートカードを破棄、もしくは名義変更することが必要。

     

    名義変更する際、手続き方法は発行会社によって異なりますが、基本的にはサポート部門への連絡をすることで手続きに必要なものを揃えてくれます
    なかにはネットでカンタンにおこなえるコーポレートカードもあるので、まずは発行会社への連絡をしてみることが最優先。

     

    ここで注意しないといけないのが、コーポレートカードのような法人向けと個人で使用するクレジットカードでは、同じ発行会社でも連絡先が違うことがあるのでお間違え無く。

     

    また、名義変更するカードで公共料金などの月極のものを払っていた場合、そちらの変更も必要かというと特に継続して問題はないので、コーポレートカードの変更だけはするようにしましょう。

     

     

     

    まとめ:券面に名前が載るのは当然である!

     

    コーポレートカードにおける名義人については、以上になります。
    分かりにくい場面もあったと思うので、今回の内容についておさらいしましょう!

     

    • コーポレートカードには、利用者の名義が記載される
    • 引き落としは法人口座からおこなわれる
    • サインは、会社名ではなく名義人の名前を書く
    • 名義変更する場合は、発行会社のサポートに確認する

     

    コーポレートカードが会社のモノでも、券面に名義人として名前が載ることは当然であり、サインを頼まれたら名義人の名前を書くのが正解と分かっていただければ幸いです。

     

    名義人について理解したあとは、アナタが私用するコーポレートカード選びが重要になります。

     

    当サイトでは、数々のコーポレートカードから厳選したものを集めたランキングを作成しています。
    こちらでアナタに最適なコーポレートカードがきっと見つかりますので、一度参考にしてみてください!

     

    コーポレートカードランキング