年会費無料で利用できるおすすめのコーポレートカードを紹介!

年会費を抑えたい!無料で利用できるコーポレートカード

年会費無料

 

経費を大きく抑えられる、年会費無料のコーポレートカード!

 

大企業のような社員数が多いところでは、コーポレートカードを導入するところも少なくありません。
経営の効率化・経費削減がコーポレートカードを使うだけで実現できるので、もはやなくてはならないビジネスツールとなっている大企業もあることでしょう。

 

そんなコーポレートカードを大量発行する際に困るのが年会費
1枚毎にかかる年会費は、大量発行する大企業にとっては経費を圧迫する大きな原因となります。

 

この問題さえ解決できれば、アナタの会社でもコーポレートカードを導入したいと思いますよね。
そこで今回は、会社に一切の負担がかからない「年会費無料」のコーポレートカードの紹介!

 

負担がないのに導入するだけで会社に大きなメリットをもたらしてくれる、そんな年会費無料のコーポレートカードをぜひご覧ください!

 

 

 

コーポレートカード選びで注意しないといけないこと

年会費無料

 

中小企業や個人事業主がカードを選ぶときと違い、大企業が社員のためにコーポレートカードを発行するときは、いくつかの注意点があります

 

年会費は発行枚数ごとに支払います

年会費無料

 

年会費について触れておくと、コーポレートカードは1枚毎に年会費が発生します。
そのため、1万円もする年会費のコーポレートカードを50枚と発行しようものなら、当然50万円の請求が来ますので注意しましょう。

 

コーポレートカードを大量発行する場合は、社員のランク・利用頻度といったことで種類の違うものを用意したり、追加カード分は本来の年会費より安くなるものを選んだりするのも、安く済ませる手段の1つ。

 

もしくは、年会費無料のコーポレートカードを用意すれば、いくら発行しても0円なのでお得です!

 

 

利用限度額は高額のものにしよう

年会費無料

 

大勢の社員にコーポレートカードを渡すような大企業が、年会費の次に気にすべきは利用限度額

 

利用限度額とは、利用額が引き落とされた日から次の引き落としまでの期間に使える金額のこと。
基本的に、可能枠は個人単位ではなく会社単位で決められています。

 

例えば、会社で500万円の利用可能枠だとしたら、その中で社員の利用限度額を配分します。
発行したコーポレートカードが5枚ほどなら一人当たり100万円となりますが、これが大企業のような50枚など発行する場合だと10万円の利用可能枠となります。

 

もちろん、会社の可能枠内であれば利用上限の変更はできますが、悩むことなくコーポレートカードを使いたいなら利用限度額を調べるのは大切なのです。

 

コーポレートカードそもそもの可能枠が低ければ、会社で使える金額も減ることにも注意しましょう。

 

 

 

安さで選ぶなら、ビジネクストがおすすめ!

年会費無料

 

以上の条件で「年会費のかからないコーポレートカード」を探すなら、ビジネクストがおすすめ。
聞きなれないかも知れませんが、こちらは株式会社アイフルの子会社が発行するコーポレートカードです。

 

ビジネクストは発行枚数が最大50枚利用限度額が300万円もしくはそれ以上を希望の方は電話相談となっているので、条件として申し分のないコーポレートカード。

 

そして、何といっても年会費が無料なので、経費の負担になることがないコーポレートカードなのです!
負担にならないどころかポイント還元サービスを備えているので、経費削減も同時おこなえる優れもの。

 

そんなビジネクストは審査が甘いコーポレートカードといわれています。
公式サイトをのぞいてみると、審査条件に「赤字でも受け付けている」ということなので、他のコーポレートカードに申請するよりも通る可能性が高いと言われています。

 

使い勝手の良さ、そして年会費無料という負担のかからないことを考慮すると、このビジネクストが最良のコーポレートカードとおすすめさせていただきます。

 

 

 

同じく年会費無料のライフカードではダメなの?

年会費無料

 

年会費無料のコーポレートカードなら、ビジネクスト以外にもライフカードビジネスがありますが、こちらでは何がダメなのでしょうか?

 

当サイトがビジネクストを選んだのは、年会費が無料なのにポイント還元サービスが利用できる点。
わざわざキャッシュレスにしてコーポレートカードを利用する方の中には、このポイント還元があるからという方も少なくありません。

 

会社のような経費で莫大な金額を使うところでは、このポイントは経費削減をおこなうための大切な特典です。
それを利用できないというのは、少しではなく大きな損!

 

そこで当サイトではビジネクストをおすすめしています。

 

しかし、ビジネクストにも「利用限度額300万円」「発行枚数50枚」という上限があります。
これ以上にコーポレートカードを利用したい場合は、ライフカードビジネスの併用も良いかも知れませんね!

 

 

 

無料のモノの他に、別種類のコーポレートカードも用意すると便利!

年会費無料

 

以上が年会費無料でおすすめのコーポレートカードでした!

 

基本的に年会費のコーポレートカードというのはシンプルな作りをしているので、保険や付帯サービスが付いていません。

 

もしそういったサービスも利用したいという企業であれば、社員個人単位で最適なコーポレートカードを用意してあげるのも良いかもしれませんね。

 

今回紹介したビジネクストは、一般社員に渡すものとしては一番のおすすめコーポレートカードなので、まずはこれをベースに足りないものを足していくと良いと思います。

 

年会費を抑えながらも機能性やサービスの良いカードをまとめたランキングが、当サイトにはあります。
こちらもアナタにとって有益な情報が載っていますので、ぜひご覧ください。

 

コスパ比較ランキング