法人カードと何が違う?コーポレートカードとは

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 法人カードとの違いとは?コーポレートカードについて

    コーポレートカードとは

     

    法人カード、コーポレートカード、ビジネスカード…
    調べてみると会社向けカードには様々な呼び方と種類があると気づくでしょう。

     

    また、これらの違いについて「イマイチ分からない」という検討中の方の声もよくお見かけします。

     

    そこで当ページでは、コーポレートカードとはどのようなものなのかをご説明します。
    並びに、コーポレートカードと呼ばれるカードの使い方も解説。

     

     

     

    コーポレートカードとは

    コーポレートカードとは

     

    コーポレートカードとは、大量発行する大企業を対象にした法人カードと言われています。

     

    しかし、同じコーポレートカードでも発行会社によって扱いが異なる場合があるので注意。

     

    ただ、ほとんどのコーポレートカードにはある程度の共通点があります。
    以下のように解釈をしておけば基本的に間違いにはなりません。

     

    • 会社が所属社員に持たせる社用決済カード
    • 必要人数分の発行に対応
    • 管理、年会費は会社が負担
    • 利用額引き落としは法人か社員の口座から行う
    • 社員に持たせるものだが、基本的に個人利用はできず会社経費になるものに対して使用する

     

    上記が、コーポレートカードの概要となります。

     

    ビジネスカードで発行できる追加カードと変わらないと思うことでしょう。
    しかしコーポレートカードには、「代表者用のメインカードが無い」というビジネスカードとの間に大きな違いがあります!

     

    大人数の大企業向けに作られている決済用カードが、コーポレートカードとなります。

     

    しかし、同じコーポレートカードでも上述したように決済形式が2種類あることも心得ておきましょう。

     

     

     

    2通りの決済形式について

    コーポレートカードとは

     

    コーポレートカードには、支払いにおいて法人口座を利用する会社決済型個人口座を利用する個人決済型の2つがあり、企業の意向によってどちらにするか決められます。

     

    会社決済型

    コーポレートカードとは

     

    会社決済型は、コーポレートカードにて社員が利用した費用が法人口座から引き落とされる決済形式。
    カードで支払った額を総括しそのまま引き落とすため、社員が個人利用でコーポレートカードを使ってしまった際は切り分けに手間取ります。

     

    コーポレートカードをこの形式で発行する会社では、カードの個人利用を禁止していることがほとんど。

     

    会社が決済するということで領収書をなくす社員が多く、経費と私費の整理が必要になってもできないということで、企業側からあまり好かれないようです。

     

     

    個人決済型

    コーポレートカードとは

     

    個人決済型は、コーポレートカードで支払った経費を一時的に社員の個人口座から引き落とす形式。
    会社の経費として引き落とされた額の領収書を、経理に提出し請求を行うので、通常の立替払いを個人のカードで行うものとイメージするとよいでしょう。

     

    このカードの利用手段も主に会社の経費の支払いですが、私用でコーポレートカードを使った場合は私用分だけ抜いて経費の請求を行えばいいので、手続きも煩雑になりません。

     

    そして個人口座からの一時的立て替えになるので、社員自身が立て替え処理のため領収書を無くしにくく、経費と私費の処理が明確にできるというメリットが会社側にあります。

     

     

     

    審査基準について

    コーポレートカードとは

     

    コーポレートカードですが、審査基準は選択した決済タイプによって変化します

     

    会社決済型だと、企業の信用情報が審査の対象に。
    個人決済型の場合だと、個人と法人両方の信用情報が審査の対象にされます。

     

    そのため、審査が厳しいのは個人決済型のコーポレートカードの方だといえます。

     

     

     

    発行会社によって内容や扱い方が違う

    コーポレートカードとは

     

    コーポレートカードは大企業での発行に適した法人カードであり、会社決済型と個人決済型の2つがあるということをお伝えしました。

     

    ですが、これはあくまでも大方のカードの特徴。
    発行している会社によって、コーポレートカードの扱いは変わってきます

     

    例えばJCB社のコーポレートカードの場合、コーポレートカードだと会社決済のカード、ビジネスカードだと個人決済型のものを指します。

     

    コーポレートカードとは

     

    内容としてはどちらも当ページ定義のコーポレートカードと同じですが、その名称が違うことで少し区別がつきにくくなっていますね。

     

    上記の例のように、呼び方や扱いが変わるコーポレートカードは複数あります

     

    このページでは、多数の社員に発行する事ができ、決済を会社が行うのか一旦個人が立て替えるのか選べる法人カードがある ということだけでもご理解いただければ幸いです。

     

     

     

    おすすめの法人カードを一気に比較!

     

    当サイトでは、企業の運営を最適化する法人カードを多数比較し、紹介しています。

     

    「個別の経費処理が面倒で困っている…」「一括にまとめたい…」
    そんな悩みを解決するカードをお求めの方は、ぜひ以下のページをご参考ください。

     

    コーポレートカード比較ランキング