代表者個人の信用情報が法人カードの審査にどのように影響するのか?

法人カードの審査では、個人の信用情報は影響するの?

法人カード情報

(最新更新日:2018年01月16日)

 

法人カードの審査基準で見られる個人信用情報について解説!

 

法人カード申請時の審査では、申請者となる代表者の個人信用情報が大切なのをご存知ですか?
会社のものに個人情報がいるの?と思う方も多いですが、法人カードを所持するには実は必要です!

 

個人情報を大切にする法人カード発行会社も多く、それが原因で審査が通らないこともあります。
そこで今回は、法人カードの審査で評価される個人信用情報について解説します!

 

 

 

個人信用情報とは?

法人カードの個人情報

 

法人カードの審査で見られる「個人信用情報」とは何なのでしょうか?
これは、申請者となる方の「過去の返済経歴」や「現在の借入状況」など、金融機関で共有している情報のことをいいます!

 

過去に債務整理や自己破産、返済遅延や滞納をしていると審査での評価が下がるため、法人カードの発行ができないといった場合があります。

 

 

 

落ちないための解決方法

法人カードの個人情報

 

もし個人信用情報に自分の名前が記載されていた場合、審査通過はかなり厳しいと言えます。
しかし「今後一生作られなくなった」ということではなく、対応策があるのでそれを紹介します。

 

  • 借入額や借入件数を減らす
  • 遅延履歴が削除されるまで待つ(約2年間)
  • 過去の返済事故の情報が削除されるまで待つ(約5年間)

 

上記の対応策をおこなえば、個人信用情報に名前が記載されていても審査が通る確率は高まります!

 

しかし審査が不備になることは出来る限り無いに越したことはありません
今後、法人カードの審査を通過するためにも、しっかりと返済プランを立てることが大切です。

 

 

 

審査基準の甘い法人カードとは?

法人カードの個人情報

 

個人信用情報の対応策としてもう1つ挙げられるのが、審査基準の甘い法人カードに申請することです。

 

審査基準の甘い法人カードであれば、2〜5年といった期間を要することなく申請できるので、発行される確率が大幅に高まります!

 

そこで今回は、審査基準の甘いおすすめの法人カードを紹介します。

 

 

ビジネクスト

法人カードの個人情報

 

審査基準の甘さでおすすめしたいのがビジネクスト。
赤字でも審査を受け付けているので、経営による不安がある方でも問題なく発行までできる可能性が高い法人カードです!

 

また、この法人カードは希望利用可能枠によって必要書類が変わるのですが、100万円以下であれば本人確認書類だけで受けられるので、より審査がカンタンになります。

 

そんな審査が甘いビジネクストは、年会費無料の法人カード!
年会費の負担がないので扱うのがとてもカンタンなだけでなく、ポイント還元も備わっているのでとてもお得な法人カードです。

 

審査がカンタンでお得な法人カード「ビジネクスト」。
詳細についてまとめているので、ぜひこちらをご覧ください!

 

ビジネクストの詳細はこちら

 

 

 

クレヒスに傷が付かない使い方をしよう!

法人カードの個人情報

 

代表者の個人信用情報が法人カードの審査では大切なことが分かっていただけたでしょうか?

 

法人カードの審査では、代表者個人のステータスとても重要です。
過去の返済履歴や、現在ご利用中のカードローンなど、金融に関することで代表者の個人信用情報は必ず共有されます。

 

返済事故や自己破産などのクレヒストラブルが無い方は、今後そのようなトラブルに巻き込まれないようしっかりとした返済プランを立ててやりくりしましょう。

 

そして過去にトラブルを引き起こしてしまった方は審査通過が厳しいとは思いますが、さらに悪化しないためにも改善できる点は変えていくことが大切です。

 

今回紹介したビジネクスト以外にも、審査が甘い法人カードがあります。
よろしければこちらも参考になると思うので、ぜひご覧ください!

 

法人カード審査ランキング