最適な1枚を見つける手順!法人カードを持つならどれがいい?

どれがいい?法人カードを選ぶコツとは!?

比較する

 

初めての法人カードを選ぶ際、どれがいいか考えるのは大変なことですよね。
法人カードは30種類以上あるので、どれがいいか見極めるのはとても苦労してしまいます。

 

そういった方のために、当サイトでは法人カードを用途に合わせ紹介していますが、せっかくならどれがいいかアナタ自身で決める方が合う1枚が分かるはず!

 

そこで今回、法人カードはどれがいいか分からない方のため、比較すべき項目について解説します!

 

 

 

性能は、限度額・年会費・発行枚数を見よう!

どれがいいか比較

 

アナタにとってどれがいい法人カードか見極めるには、まず性能を比較する必要があります。
なぜなら、法人カードはその1枚1枚が性能の異なるモノだからです!

 

特に利用限度額、それから年会費に発行枚数といった項目は、どれがいい法人カードか考えているアナタも分かる比較ポイントなので、しっかり調べましょう。

 

すでに法人カードを持つ方の多くは、多額の現金を持ち歩きたくないからと利用されているそうで、そういった方は限度額を調べる…といった比較が重要になります。

 

一般であれば100万円前後、ゴールドなら300万円前後、それ以上がプラチナというのが限度額の指標。
資金繰りのためにも限度額の高い法人カードを用意しておくのはおすすめですね!

 

どれがいいか検討中の方で、法人カードをたくさん発行したいと考えている方もいることでしょう。
そうした方は、発行枚数だったり年会費だったりにも目を配ってみてください!

 

 

 

付帯サービスを比較することも大切!

どれがいいか比較

 

性能以外に、機能性を比較するのも法人カードはどれがいいか選ぶときに大切。
いわゆる付帯サービスとよばれる機能性ですが、還元プログラムや保険といったことが人気です!

 

法人カードには、利用額に応じてポイントやマイルが貰え、それを特典と交換するサービスがあります。

 

平均還元率は0.5%ほどで、1%を超える法人カードは高還元率と言われています。
還元率は法人カードによって様々なので、効率よく貯めたい方は高レートのモノ選びましょう。

 

また、保険サービスでの補償額も法人カードによって異なるので注意。
国内だけでなく海外での怪我や病気も補償してくれるので、外国へ出張される方など法人カードの保険はぜひ調べてみてください!

 

上記の2つが代表的なモノですが、法人カードにはまだたくさんのサービスが付帯されています。
還元率や保険を比較し気に入る1枚があった方、その法人カードの他のサービスも確認してみてください!

 

 

 

ランクによって、法人カードの性能は大きく変わる!

どれがいいか比較

 

法人カードはどれがいいか考えるなら、性能や機能性以外に「ランク」も比較すべき!

 

法人カードのランクは「一般/ゴールド/プラチナ」の全部で3種類。
この中で、性能や機能性が良質なモノはどれがいいか選ぶなら、答えは断然プラチナです。

 

最高クラスなので、保険は最高1億円高レートとの還元サービスなど、利便性の高いサービスが充実。
また、コンシェルジュを始めとするプラチナ法人カード限定のサービスが付帯されていたりと、最高クラスの特典を味わえます!

 

また最高位のステータス性なので、プラチナ法人カードを持てば他者のアナタを見る目が変わります。
会食や接待でクレジットカード決済をする場面も多い方は、ぜひプラチナ法人カードをお試しください。

 

ただし、年会費が高かったり審査が通りにくかったりといったデメリットもあるプラチナ法人カード。
そこでおすすめなのが、セゾンプラチナです!

 

上記の性能をふまえ、かつプラチナ法人カードで1番年会費が安く、そして審査が通りやすいといわれているので、どれがいいか迷われている方はセゾンプラチナを検討されてみてはいかがですか?

 

セゾンプラチナを確認する

 

 

 

どれがいいか、こちらのランキングから選んでみては?

どれがいいか比較

 

性能・機能性・ランクと、3つの項目を比較すれば法人カードはどれがいいか決められると分かりました。
こうした知識を持ち法人カードを選べば、自分に最適な1枚がより見つかります!

 

法人カードを検討される方は、今回の情報をもとに当サイトのおすすめランキングをぜひご覧ください。
きっと、アナタに合う1枚がどれがいいか分かりますよ!

 

合う法人カードを探しに行く