それって実は機会損失かも…?経営者は法人カードを今すぐ導入すべき

法人カードの導入後は、どういった使い方があるの?

法人カードを使うメリット

 

ビジネスシーンをより快適に変えるツールとして、経営者から人気の法人カード。
導入する企業が増えている一方で、キャッシュレス決済以外の法人カードによるメリットがイマイチ分からない方もいるそうですね。

 

法人カードは、性能や付帯サービスを駆使することで、キャッシュときにはなかったお得な恩恵を得ることができます。

 

導入してもそのことについて知らずに法人カードを使うのは非常にもったいないといえます。
そこで今回は、法人カードの導入後ぜひ試していただきたい、お得な活用方法を紹介します!

 

 

 

取り入れた企業の事例を見てみましょう

 

企業が法人カードを導入する目的は、主に業務効率化や経費削減を図るため。
ではどのように活用すればそれはできるのか、法人カードを導入した企業の事例を見てみましょう!

 

法人カードの中には、複数枚の導入ができるものがあります。
その企業では大勢の社員に法人カードを配布し、旅費や接待費といった経費を法人カードで支払えるようにしたのです。

 

こうすることで、まず社員が経費の立て替えをおこなうことがなくなります。
またキャッシュであれば、社員1人ひとりから後日請求があるものの、それらの手間も省けるので時間を有効活用できるようになりました!

 

法人カードは「いつ・どこで・どのカードが使われたか」を請求書で確認できるので、不正利用の対処も可能。
こうした活用方法を知ったうえで導入すれば、法人カードは業務改善と効率化を図れる優れたツールなのです。

 

 

 

同じ支払いでも、キャッシュよりお得!

 

作業を効率化したり時間を短縮したりを、導入するだけで実現してしまう法人カード。
そんな法人カードは、導入することで経費を削減することにも一役買ってくれます。

 

多くの法人カードには、付帯サービスとしてポイントプログラムが備わっています。
利用額に応じて貰えたり、ボーナスポイントとして付与されたりしますが、このポイントを貯めることで様々な商品やサービスを利用でき、経費利用に充てればカンタンに削減ができるのです!

 

還元サービスにはポイントを始め、マイルやキャッシュバックといったものもあるので、アナタに合ったプログラムをお選びいただけます。

 

経費という大きな支払いを、導入した法人カードで支払えば大きなリターンが得られるので、機会損失となる前に早く導入をおすすめします!

 

 

 

高額の限度額が、資金繰りを有利にさせる

 

法人カードというのは、経費の支払い、つまり企業用のクレジットカードとして作られているモノなので、利用限度額が高額であるのが一般的。
そのため、資金繰りといったことにも法人カードは利用できます!

 

例えば、法人カードで決済をおこなえば最大約2ヶ月あたり引き落とし期間を浮かせることが可能。
支払い方法が複数ある法人カードなら、分割など選ぶことで調整方法の選択肢は増えます!

 

また、資金の調達にも便利なキャッシング機能付きの法人カードもあるので、1枚導入されていればキャッシュフローの調整に余裕が出ることは間違いありません。

 

他にも、限度額が高いので多額の現金を持ち歩く必要もありませんし、海外で現地通貨に変える手間なども軽減されるといったメリットが、導入するとたくさん感じられます!

 

導入すればこれだけの変化がアナタを待っているので、どうか法人カードの検討をされてみください。

 

 

 

アナタに最適な1枚は、こちらのランキングで!

 

では実際、どういった法人カードを導入すれば良いのでしょうか?

 

一口に法人カードといっても、1つひとつ性能は大きく異なります。
そのため、業務効率を図りたい方はこちら、経費削減をしたい方はこちらといったように、アナタの用途に合った法人カードを比較することが大切!

 

当サイトでは、これから導入される方に向けたおすすめ法人カードを紹介しています。
最高の1枚が導入できるキッカケとなるランキングとなっているので、ぜひ一度ご覧ください。

 

導入する法人カードを選ぶ