法人カードは、会社を設立した直後に発行できる?

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 設立直後でも入手ができる法人カードは存在するのか

    設立直後でも入手できる法人カード

     

    個人向けクレジットカードよりも遥かに審査の難易度が高い法人カード。
    発行基準が「設立3年/黒字2年」と言われ、設立直後では基本的に手に入れられないとされています。

     

    法人カードを駆使すれば、経費処理における面倒な手間や人件費を減らせるかもしれません。
    また、経費を法人カードで支払うことで貯まるポイントを利用すれば、数%の経費削減が実現することも!

     

    そんな便利でお得な法人カードだから、、設立直後で経営の苦しい会社に必要だと思いませんか?
    そこで今回は、設立直後の会社でも審査が通りやすいと言われる法人カードを徹底調査しました。

     

    「設立直度に申請して審査が通った」という口コミがあった法人カードを発見したので紹介します。

     

     

     

    設立直後に申し込むなら、セゾンプラチナがおすすめ!

    設立直後でも入手できる法人カード

     

    口コミをリサーチした結果、設立直後で審査が通る可能性のある法人カードはセゾンプラチナ!
    最高ランクの法人カードながら、審査が通りやすいと思われるセゾンプラチナの口コミを見てみると…

    • 設立1年目で赤字経営なのに入手できた!
    • 審査が甘いと聞いていたので、設立直後に申請したら通った
    • インビテーションが無いので、ダメ元で申し込んだら通った

     

    など、設立直後でも入手できてしまったとの口コミを多数見つけることができました!

     

    では一体、なぜ設立直後でも審査が通りやすいと言われるのか。
    ここからは申し込みに必要な書類と、設立直後の会社におすすめな審査について解説していきます。

     

     

     

    セゾンプラチナ・アメックスの必要書類とは

    設立直後でも入手できる法人カード

     

    設立直後でも入手できる可能性の高い、セゾンプラチナ法人カードの必要書類はたった2枚。

    • 代表者本人確認書類
    • 銀行振替依頼書

     

    法人カードを申し込む際の必要書類は基本的に3枚以上です。
    通常、6か月以内の登記簿謄本のコピーなど、法人の存在確認ができる書類が必要になります。

     

    しかしセゾンプラチナは、運転免許証やパスポートのコピーなど、代表者の本人確認ができる書類が1枚。
    それに加え、引き落とし口座を指定する銀行振替依頼書の2枚で審査を受けられます。

     

    では、なぜ設立直後でも通る可能性があり、2枚の書類で審査がおこなわれるのか。
    セゾンプラチナ法人カードの審査基準について確認していきましょう。

     

     

     

    審査基準はどのタイプ?

    設立直後でも入手できる法人カード

     

    法人カードの審査基準はブラックボックスであり、どの会社も内容を明言していません。
    しかし口コミを見る限りでは、以下の3タイプで法人カードの審査はおこなわれているそうです。

    1. 法人、代表者双方のステータスを審査基準とするタイプ
    2. 法人のステータスを審査基準とするタイプ
    3. 代表者個人のステータスを審査基準とするタイプ

     

    法人、代表者双方のステータスを審査基準とするタイプ

     

    多くの法人カードが、このような企業と代表者の双方の申請情報から審査を判断しているようです。

     

    企業であれば、例えば黒字が続いており支払い能力に問題がないか、また固定電話や企業HPが存在しており、会社として信頼性があるかを確認しているそう。

     

    また「万一の場合でも代表者に支払い能力があるか」が、代表者の信用する上での判断基準だそうです。

     

    審査が厳しいと思われているのは、このタイプに該当する法人カードが多いからと言われています。

     

     

    法人のステータスを審査基準とするタイプ

     

    設立年数や経営状況といった、会社の信用情報が問われる審査基準です。

     

    新設法人や個人事業主を含めると、創業後3年以内に90%の会社が倒産すると言われています。
    そのため、3年以上事業を存続できているというのは、審査の重要な基準のようです。

     

    経営状況は、資本金さえあれば3年の存続はできてしまうため、自社の売り上げで経費の支出を2年以上賄えている会社というのが信頼にあたるそうです。

     

     

    代表者個人のステータスを審査基準とするタイプ

     

    上記2つの審査では月日の経過を待たなくてはならず、設立直後では通る可能性は低いを考えられます。
    しかし、代表者の信用情報や支払能力を重視する審査なら、設立直後でも通る可能性があることも!

     

    ただし、この場合は企業の信用情報が見られない分、代表者の支払い能力はとても重要。
    支払い能力含め、債務不履行やブラックリストの経験などが無いと難しいかもしれません。

     

    このタイプの審査をおこなっている法人カードが、セゾンプラチナ・アメックスと言われています!
    設立直後の会社でも審査が通る可能性があったのは、こういった理由からだったのですね。

     

     

     

    設立直後でも通りやすいセゾンプラチナ・アメックス

    設立直後でも入手できる法人カード

     

    他の法人カードとは異なる審査基準を持つとされるセゾンプラチナ。
    設立直後の企業といった方々にも通る可能性がある1枚なので、ぜひとも利用したいですよね!

     

    そんなセゾンプラチナですが、設立直後から手に入ると言われていますが、その性能は本物。

     

    例えば、セゾンプラチナのJALマイル還元率は最大1.125%と高く、法人カードトップクラス!
    最高補償が1億円の保険も付帯されているので、出張の多いビジネスマンにはおすすめですね。

     

    また、そんなビジネスマンを支えるプラチナ法人カード限定のサービスも充実。
    世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスや、ちょっとした頼み事をお願いできるコンシェルジュサービスなど、この1枚で多くのサポートを受けることができます。

     

    出張の多いビジネスマンだけでなく、社長や役員の方々も持っておきたい1枚です!

     

    そして気になる年会費は、プラチナランクの相場30,000〜50,000円に対して最安値の20,000円!
    しかも社員数に合わせ追加で最高4枚の発行ができ、それらはなんと1枚3,000円。

     

    設立直後の一番苦しい時期に、こんな最高の法人カードが1枚あるだけで心強いですよね。
    低年会費で、設立直後でも十分通る可能性がある法人カードなので、ぜひ1度検討されてみてください。

     

    カードの詳細や、キャンペーン情報についてより知りたい方は、当サイトの紹介ページをご覧ください!

     

    セゾンプラチナの詳細

     

     

     

    通りやすいと思われる法人カードは、他にもあります

     

    以上、設立直後でも入手できる可能性の高い法人カードでした。

     

    今回のモノ以外にも、審査が通りやすいと思われる法人カードを紹介しているので、こちらが気になる方はぜひご覧ください。

     

    法人カード審査ランキング