法人カードを会社設立直後でも作りたい。そんな人にピッタリなカードをご紹介

設立直後でも入手ができる法人カードは存在するのか

設立直後でも入手できる法人カード

個人向けクレジットカードよりも遥かに審査の難易度が高い法人カード

発行基準は設立3年、黒字2年と言われており、設立直後の法人は基本的に手に入れることのできないカードとして知られています。

法人カードが一枚あれば、経費処理などの作業は激減。面倒な作業や人件費から解放されます。
また今まで支払いをしていた経費を法人カードの支払いにすれば、マイルやポイントを貯めることができるので、法人カードを導入するだけで全経費の数%を削減することも可能。


そんな便利でお得な法人カードこそ、設立直後の経営が苦しい会社に必要だと思いませんか??


そこで今回、当サイトでは、審査が甘いと言われる法人カードの口コミを徹底調査いたしました。

その結果、設立直後や設立初日でも審査に通ってしまった、と口コミが集まる法人カードを発見いたしましたので、
そのとっておきの法人カードをご紹介していきたいと思います。





結論!設立直後でも申し込めるのはセゾンプラチナ


設立直後でも入手できる法人カード


結論から言うと、口コミをリサーチした結果、設立直後でも審査に通る可能性がある法人カードはセゾンプラチナでした。

セゾンプラチナは法人カードの最高ランクプラチナであるにも係らず、全法人カードの中でも最も審査が甘い、といっても過言ではない法人カードのようです。

口コミを見ていると、

  • 「設立1年目で赤字経営なのに入手できた!」
  • 「審査が甘いと聞いていたので、設立設立直後に申し込んだら通ってしまった」
  • 「申し込みが簡単だったので、ダメ元で申し込んだら通ってしまった」


など、設立直後でも入手できてしまったとの口コミを多数見つけることができました。

では一体セゾンプラチナは何故そんなにも審査が甘いのでしょうか。
ここからは申し込みに必要な書類と、設立直後でも通ってしまう審査の内容について解説していきます。





この法人カードの必要書類

設立直後でも入手できる法人カード

設立直後でも入手できる可能性の高い、セゾンプラチナ法人カードの必要書類はたった2枚。

  • 代表者本人確認書類
  • 銀行振替依頼書

法人カードを申し込む際の必要書類は基本的に3枚以上です。
通常、6か月以内の登記簿謄本のコピーなど、法人の存在確認ができる書類が必要になりますが、セゾンプラチナはたったの2枚。

運転免許証やパスポートのコピーなど、代表者の本人確認ができる書類が一枚。
それに加え、引き落とし口座を指定する銀行振替依頼書があれば、その2枚のみで審査が可能なのです。

では一体、セゾンプラチナはなぜ設立直後でも審査を通過することができ、2枚の書類のみで審査を行ってくれるのでしょうか。
セゾンプラチナ法人カードの審査基準について確認していきましょう。





セゾンプラチナの審査基準

設立直後でも入手できる法人カード

実は法人カードの中の審査基準は、主に以下の3タイプに分かれています。

  1. 法人、代表者双方のステータスを審査基準とするタイプ
  2. 法人のステータスを審査基準とするタイプ
  3. 代表者個人のステータスを審査基準とするタイプ


法人、代表者双方のステータスを審査基準とするタイプ

もちろん審査基準というのはブラックボックスであり、どの会社も明言しているものではありませんが、
審査が厳しいと言われる法人カードの発行会社は、このように法人、代表者双方のステータスから審査を判断しているようです。

法人として黒字が続いており支払い能力に問題がないか、また固定電話や企業HPがしっかりと存在しており、会社として信頼性があるかを確認しているそうです。
また、万が一のケースでも代表者に支払い能力があるかどうかが代表者のステータスを判断する上での基準となっているようです。

セゾンプラチナ以外のプラチナランク法人カードなどは、非常に審査が厳しいと言われており、このタイプに該当するようです。



法人のステータスを審査基準とするタイプ

難易度が一般的な審査基準です。

新設法人や個人事業主を含めると、創業後3年で90%が倒産してしまうと言われていますが、3年以上事業を存続されることができていることは審査の重要な基準のようです。
また資本金さえあれば存続はできてしまうため、しっかりと黒字が出ており、自社の売り上げで経費の支出を2年以上賄えている、会社というのが信頼にあたるようです。

一般的な難易度の法人カード、ゴールドランクの法人カードがこのタイプに該当します。



代表者個人のステータスを審査基準とするタイプ

そしての代表者個人のみを審査するタイプの法人カード。
このタイプのみ唯一設立直後の会社でも通る可能性のある法人カードです。

法人のステータスではなく、代表者個人の支払い能力のみを基準に審査をしているため、設立直後の会社でも十分可能性はあります。

ただし法人のステータスは見られない分、代表者個人の支払い能力はとても重要
とは言ってもそこまで難しくはなく、今までに債務不履行がなく、ブラックリストに入った経験などが無い限りは基本的に問題ありません。

このタイプの審査をしているのが、セゾンプラチナ法人カードオリコゴールド法人カード

セゾンプラチナが設立直後の会社でも入手できる可能性があるのは、審査基準が法人を見ていないからだったためです。

その他の審査の甘い法人カードは、こちらの法人カード審査ランキングで紹介しているので参考にしてみてください。





設立直後でも入手できるのはセゾンプラチナ

設立直後でも入手できる法人カード

上記から設立直後の会社でも審査に通る可能性のある法人カードがあることが分かっていただけたかと思います。

セゾンプラチナ以外にも審査が甘く、上記見出しで言うところの審査基準を適用させている法人カードもあります。
今回の調査で設立直後でも入手できる可能性が最も高く、カンタンに申し込みができるクレジットカードは、セゾンプラチナ法人カードであることが分かりました。


セゾンプラチナ法人カードは当サイトのマイル還元率ランキングでは1位。
その他にも総合ランキングや、コスパランキング、ステータス性ランキングでも2位で紹介している法人カードの理想を追求した人気の一枚です!

設立直後の会社でも申し込めるセゾンプラチナは、法人カードの最高ランクにしか付帯されていない、コンシェルジュサービスプライオリティパスの使用が可能。

365日、24時間体制のコンシェルジュサービスでは、いつでもビジネスサポートを受けることができるので、使いこなせれば接待や営業時にライバルと圧倒的な差をつけることが可能です!
また、プライオリティパスが搭載なので、国内、海外での高級ラウンジの使用も可能。

さらに海外でのショッピング時にポイント還元率1%JALマイル還元率1.125%と海外出張の頻度が多い方にもおすすめのサービス内容。
もちろん保険も最高額で完備。社長や役員なら一枚は持っておきたい法人カードです。

そこで気になる年会費ですが、なんとプラチナランクの相場30,000〜50,000円に対して最安値クラスの20,000円
しかも今ならキャンペーン実施中なので、初年度に限り年会費は半額の10,000円になってしまいます!

設立直後の一番苦しい時期にこんな最高の法人カードが一枚あるだけで心強いですよね。
まだ会社のステータスに自信がなくても、設立直後でも十分可能性はありますし、申し込みもカンタンなので、是非一度検討してみてください。

またキャンペーンの詳細は下記の公式ページに記載してありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。


セゾンプラチナの公式ページ



以上設立直後でも入手できる法人カードの紹介でした。
その他の法人カードを検討している方はTOPページでカテゴリー別ランランキングを掲載しているので参考にしてみてください。


法人カードおすすめ比較サイト