比較検証!利便性が高く使いやすいETC法人カードはどれ?

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • ETCカードを発行できる法人カード徹底比較!

    (最新更新日:2018年11月9日)

     

    ETCカードを作れる法人カードを徹底比較!

     

    営業車の多い企業だと、交通費の経費削減ができたら嬉しいですよね。
    それを助長する働きとして、法人カードでETCカードを発行されてはどうでしょう?

     

    ETCカードを作れる法人カードには、営業車利用の多い企業をサポートするサービスが比較的豊富。
    しかし種類が多いので、合わないモノを使ってはその効果が上手く得られません!

     

    そこで今回は、最適なETCカードを持つ法人カードを選ぶための比較ポイントを解説。
    また、比較した中からおすすめの法人カードを紹介するので、ぜひご覧ください!

     

    ※比較した法人カードをすぐ知りたい方は、下記からお飛びください。

     

     

     

    ETCカードを発行するメリットとは?

     

    ETCカードを発行には、それ相応のメリットがあります。
    ここでは、ETCカードを使うメリットをキャッシュの場合と比較し解説します!

     

    使用履歴をデータ化して確認できる!

     

    ETCカードを利用すると、その状況がデータとして残り、可視化することができます!

     

    比較できるのは、走行日・利用区間・金額といったしっかりとしたデータ。
    使用状況が明確になるので、経費削減や業務効率化といったメリットを生み出してくれるでしょう。

     

    またデータとして残るので、社員による不正利用を抑える働きもします。
    有料道路を多用する社員が多い企業なら、1人ひとりへの発行をおすすめします。

     

     

    利用代金は、まとめて一括請求!

     

    「1人ひとりへの発行」といったように、ETCカードを複数枚作れる法人カードがあります。
    これによるメリットは、発行した各種ETCカードの利用額を1つにまとめられること!

     

    ETCカードでの利用代金というのは「代表者の法人カード」に一括で請求されるようになっており、個別で払うことはありません。

     

    そのため、ETCカードを使う各社員が、有料道路代金を立て替える必要がなくなります!
    通行料金を精算していた場合と比較すると、圧倒的な利便性を感じるはずです。

     

     

    ポイントの獲得がはかどります!

     

    ETCカードの利用額は親法人カードに請求されます。
    その際に、ETCカード利用分のポイントを貯められる法人カードがあります!

     

    法人カードでポイントを貯められるチャンスが増えることは、とても嬉しいですね。
    利用頻度が多ければそれだけポイントも貯まるので、ぜひ法人カードをご活用ください!

     

     

     

    発行できる法人カードの比較ポイント!

     

    ETCカードを作れる法人カードを選ぶときは、いくつかの項目を比較すべき。
    ここでは、その比較基準を紹介します!

     

    比較する際に抑えておきたいのは、発行枚数制限年会費の2つ。

     

    上述しましたが、ETCカードは利用額を1つまとめて精算することができます。
    そのため、キャッシュのときと比較し、コストの管理がしやすくなるといったメリットがありました。

     

    しかし、これは複数枚利用してこそのメリットなので、発行枚数制限を確認しなくてはならないのです。

     

    ETCカードを発行する場合、基本的には法人カード1枚に付き1枚であることがほとんど。
    そのため、複数枚のETCカード作成を検討されているなら、上限の比較はとても重要です!

     

    そして、もう1つ比較しなければならないのが年会費。
    当然ですが、発行枚数が増えれば年会費も加算されるので、むやみやたらと作るのは遠慮しましょう。

     

    とはいえ、ETCカードの年会費は無料もしくは500円程度なので、そこまで不安に思うことはないですね!

     

    また、これらの比較は「複数枚発行を希望される方」向けの話になります。
    ETCカードは1枚で十分という方は、法人カードの性能だけを純粋に比較すれば大丈夫です!

     

     

     

    ETCカードを作るなら、こちらの2枚がおすすめ!

    比較結果

     

    最近の法人カードは、ETCカード付帯であることが多いようです。
    そのため、理想的な1枚をアナタ自信で決めるのはなかなか難しいかと思います。

     

    そこで当サイトが、ETCカードを発行できる法人カードを徹底比較。
    その中で、「この法人カードはアナタにぴったり!」と思う3枚を厳選しました!

     

    ETCカードの発行が1枚でも複数枚でも、どちらの利用にも合う法人カードを選出したので、比較結果とともにご覧ください。

     

    JCB一般法人カード

    比較1

     

    複数枚のETCカードを作りたい方におすすめなのが、JCB一般法人カード。

     

    JCB一般法人カードは、これ1枚あることでETCカードを複数枚作れる優れもの!
    そのうえ、ETCカードの年会費は無料なので、複数枚作っても負担がないのです。

     

    JCB一般法人カードには年会費がありますが、その金額は1,250円と低価格!
    ETCカードを作るうえで、最もコスパが良いのはこのJCB一般法人カードと言えるでしょう。

    ※審査により、希望の枚数を発行できないことがあるので注意。

     

    JCB一般法人カードの詳細

     

     

    オリコEX Gold for Biz

    比較2

     

    複数枚ではなく、1枚の発行で良い方にはこちらのオリコExGoldForBizがおすすめ!

     

    オリコExGoldForBizは、法人カードではトップクラスに性能が良いといわれる1枚。
    最大1.1%のポイント還元率や、招待日和といったお得なサービスを持つ利便性の高い法人カードです。

     

    また年会費が安く、ゴールド法人カードながら2,000円という価格で利用可能。
    ETCカードを複数枚も要らないなら、少々高いですがJCBよりオリコExGoldForBizの方がお得でしょう。

     

    審査が通りやすいと言われ、また入会特典もある法人カードなので、ぜひご検討ください!

     

    オリコExGoldForBizの詳細

     

     

     

    1枚で十分なら、ランキングで比較されるもおすすめ

     

    ETCカードを作れる法人カードの比較はいかがでしたか?

     

    最近の法人カードは、比較的どれもETCカードを発行できるようですね!
    複数枚は無理でも、1枚だけの発行なら他にもできる法人カードがありました。

     

    そのため、もし法人カードの利用用途が決まっているのなら、こちらでアナタに最適な1枚を比較されるのもおすすめです!

     

    法人カード比較ランキング