デメリットがあると噂されるETCコーポレートカードについて解説。

便利なETCコーポレートカードにもデメリットはあるの?

コーポレートカード

 

みなさんは、ETCコーポレートカードはご利用になられてますか?

 

ETCコーポレートカードとは、高速道路の支払いをキャッシュレスでおこなえたり、優待価格で利用できたりと、社用車を使う方におすすめのツールです!

 

他にも多数のメリットを備えているのでETCコーポレートカードは非常に便利ですが、反対に利用者を苦しめるデメリットはあるのでしょうか。

 

そこで今回は、利用価値の高いETCコーポレートカードを持つことのデメリットについて解説。
デメリットについて注意することでより良い利用ができるので、回避方法を伝授します!

 

 

 

ETCコーポレートカードを利用する際のデメリット

 

一見便利なETCコーポレートカードにも、使用に対してデメリットはあります。
ここでは使用の際に覚えておきたい、ETCコーポレートカードのデメリットを解説します。

 

登録車両以外は使うことができない

デメリット

 

基本的に、ETCコーポレートカードを利用できるのは、1枚につき車1台
これは、ETCコーポレートカードの登録には車両番号も必要だからです。

 

そのため、タクシー会社やレンタカー会社のような車を大量に使用するところでは、台数分のETCコーポレートカードを用意しないといけません
仮に車両番号の違う車でETCコーポレートカードを使っても、利用できませんのでご注意を。

 

 

利用できる高速道路が限定されている

デメリット

 

ETCコーポレートカードを発行しているのは「NEXCO」になります。
NEXCOは「東/中/西高速道路株式会社」の総称のことで、要はこのNEXCOが管理している高速道路でないとETCコーポレートカードは割引されません

 

普段から高速道路を利用される方なら、そこを管理するのがNEXCOか調べてるみると良いでしょう。

 

 

割引を受けるまでが面倒

デメリット

 

割引ができることが最大のメリットであるETCコーポレートカードですが、ある程度の金額に達しなければその恩恵を得ることができず、持ち腐れてしまいます。

 

その金額も30,000円と安くなく、普段から高速道路利用をされる方以外にはデメリットかもしれません。

 

 

 

デメリットはあっても、決していらない物ではありません

デメリット

 

上記のようなデメリットが分かりましたが、ETCコーポレートカードは要らないものではありません
1台につき1枚なら必要な枚数を発行すればいい話ですし、使える場所が限定されているとはいえ全ての場所で使えないよりはマシです。

 

他にも、支払いをすることでマイルが貯まるETCコーポレートカードがあるなど、デメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いのも事実。
そんなETCコーポレートカードを発行するなら、こちらを利用すると良いでしょう。

 

ETCコーポレートカードを無料発行!ライフカードビジネスライト

デメリット

 

紹介するコーポレートカードは、こちらのライフカードビジネスライト!
ライフカードビジネスライトはETCコーポレートカードを無料発行できるだけでなく、この法人カード自体も無料発行できます。
そのため、発行にかかる費用と利用による負担が一切ゼロの初心者におすすめのカードです。

 

デメリットであった登録車両と高速道路の限定問題も大きく改善できる至極の1枚なのです。

 

ライフカードビジネスライトの詳細はこちら