デメリットがあると噂されるETCコーポレートカードについて解説。

ETCコーポレートカードとは

高速用コーポレートカードのデメリットについて

東/中/西高速道路株式会社(NEXCO)が発行するETCコーポレートカードは、法人が複数の社員に持たせてETCを利用させるために発行されるコーポレートカードです。

利用手段は対象の高速道路利用時で、月々の利用をカードごとに一括支払いできる優れもの。
高速用コーポレートカードのデメリットについて

大きな特徴として、大口・多頻度割引制度が利用できるということで経費削減にもつながります。

一見、車両利用の多い会社にはメリットが多そうなETCコーポレートカード。
その隠れたデメリットについて把握しておかないと、想定していた利用方法ができなくなるかもしれません。

ここでは、そんなETCコーポレートカードの詳細・デメリットと回避方法についてご紹介いたします。





ETCコーポレートカードの概要

ETCコーポレートカードのデメリット

ETCコーポレートカードの概要についてまとめると以下になります。

  • 法人所属の複数の人間がETCを利用するためのコーポレートカード
  • 発行会社は東/中/西高速道路株式会社(NEXCO)
  • 大口、多頻度割引制度を利用することが可能
  • 車両1台と、その車両の契約者1名に対して1枚発行
  • 1枚のカードを部署や複数人で使いまわすことは不可

契約対象者

ETCコーポレートカードの発行対象者は、一般的に法人に属する個人。
法人での総利用額が多いことを前提に発行されるカードですが、個人でも高速道路の利用が多いという人でも申し込むことは可能です。


契約方法

ETCコーポレートカードの契約の流れとしては、法人が東/中/西高速道路株式会社(NEXCO)に加入後、個人と車両1台に対してカード1枚の契約申請を行う流れになります。


利用維持費

ETCコーポレートカード契約時に、組合への入会と出資金1万円の準備が必要(脱退後返金)
発行手数料が1枚につき617円、取引手数料として年間617円×発行枚数が必要となります。
中途で追加されたETCコーポレートカードは、40円/月の換算となります。


支払い方法

ETCコーポレートカード契約時には個人口座を登録し、月々のETC利用額を自動引き落としで支払うことになります。


利用額の支払い者

支払い金額は大方会社負担になるとは思いますが、私用利用を許可する会社も存在するため経費扱いにするかどうかは法人の判断に委ねられます。


発行枚数

法人によって調整可能、応相談。





意外とデメリットが多い?

ETCコーポレートカードのデメリット

ETCコーポレートカードは、大口・多頻度割引の利用ができるため日々のETC利用額が高額で利用頻度の高い個人、管理車両の多い法人にとってはメリットの多いコーポレートカードです。

ですが、法人として利用するにあたって意外とデメリットがあることにお気づきでしょうか?


ETCコーポレートカード利用のデメリット

ETCコーポレートカードのデメリット

  • デメリット1:高速道路の月間利用額料金が3万円以上でないとメリットがない
  • デメリット2:割引適用には一定の条件があり、少なくともひと月5,000円以上利用しなければ割引が発生しない
  • デメリット3:割引対応はNEXCO(東/中/西日本高速道路株式会社)が提供している高速道路のみで、それ以外の道路をつかう場合は割引が適応されない
  • デメリット4:コーポレートカードを持つ名義人が契約している車の登録が必要で、初期手続きが面倒
  • デメリット5:登録車両以外のレンタカー、従業員所有の車はETCコーポレートカードの利用が不可

…と、上記のように多くのデメリットが見受けられます。

また、法人が利用するにあたって一番のデメリットと言えるのが、ETC利用以外に利用手段がないということ。

ETCコーポレートカードのデメリット

ETC利用社員が非常に多く、複数人のETC利用を一括化したいという目的で利用するのであれば最適ですが、それ以外の会社支払いの際にはわざわざ別の法人カードを用意する必要が出てくるというデメリットが。

法人としての経費支払いも考慮している方は、別のコーポレートカードまたは法人カードの利用を検討するべきでしょう。





デメリットを回避!経費支払いもできるカードならこれ

ETCコーポレートカードのデメリット

ETC利用ができても経費支払いができないと困る…そんなデメリットで悩むあなたにおすすめの法人カードが、ライフカードビジネスです。

ライフカードビジネス

ETCコーポレートカードのデメリット


  • 年会費:永年無料
  • 追加カード年会費:永年無料
  • 追加カード発行枚数:無制限
  • ETCカード費用:無料
  • ETCカード発行枚数:マスターカードに1枚、追加カード1枚につき1枚(=無制限)
  • ポイント還元:なし


年会費無料

ライフカードビジネスは、数少ない年会費無料の法人カードとして人気の高い法人カード。
社員用の追加カードの発行枚数が無制限ということから、コーポレートカードのような使い方ができる法人カードでもあります。

もちろん、法人カードとして日々の経費支払いに利用可能です。

ETCカード発行無料

ETC利用の面でおすすめしたい理由としては、ETCカードの発行が無料で可能といいう点。
更にカード1枚につき1枚ETCカード発行されるのですが、追加カードの発行枚数に制限がない=ETCカードも発行無制限ということになります。

ETCカードと法人カードの両方が何名でも発行できるのに、年会費が無料。
社内のETC一括化と経費削減をするなら、見逃せない一枚ですね。

ETCコーポレートカードのデメリット


年会費が無料である代わりにポイントプログラムが付帯していない点を考慮しなければなりませんが、ETCカード利用と経費支払い利用の両方を合わせるのであれば最適のカードと言えます。

上述しましたが、コーポレートのような扱いができるのでコーポレートカードにこだわっている方になおさらおすすめの一枚です。


ライフカードビジネスの詳細はこちら