ワンランク上のサービスが魅力の法人カード一体型ETCカードのご紹介

高速道路を頻繁に利用者必見!JCBゴールドとETCの一体型の法人カード

(最新更新日:2017年11月18日)

JCBゴールドETCについてのイメージ



クレジットカードとETCカードが一体となったJCBゴールド法人カード。ETCカードだけではなく、法人カードとしても利用できます。

もちろんサービスはゴールドクラス。付帯する保険や空港ラウンジの無料利用など、充実した特典やサービスが用意されています。

このページでは、ワンランク上の法人ETCカードである、JCBゴールド法人カードの特徴やメリットについて解説しています。


ETC/JCBゴールドの詳細

多くの法人カードではETCカード提供のサービスが行われていますが、その多くは、クレジットカードとETCカードが別々に分かれているものです。そんな中、JCBはクレジットカードとETCカードが一体になったカードを提供しています。

このETC・クレジット一体型のカードは一般法人カードとゴールド法人カードの2種類が提供されており、ゴールドカードのほうが限度額が高めに設定されています。

そのため、より頻繁にETCを利用する方、月の利用額が非常に高いと言う人は、ゴールドカードがおすすめです。

ではここで、ETC/JCBゴールド法人カードのスペックを紹介します。
カード名 ETC/JCBゴールド法人カード
券面
ポイントプログラム名 OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.48%
発行対象 法人・個人事業主
発行期間 約2週間
初年度年会費 10,000円(税抜き)
※オンラインで入会で初年度年会費無料
次年度年会費 10,000円(税抜き)
追加カード初年度年会費 3,000円(税抜き)
※オンラインで入会で初年度年会費無料
追加カード次年度年会費 3,000円(税抜き)
利用限度額 公式サイト参照
締日支払日 -
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間最高500万円
空港ラウンジ
プライオリティパス -
ETCカード 無料で発行
ANAマイル還元率 0.30%
JALマイル還元率 0.30%
ETC/JCBゴールド法人カードは、同じ一体型の一般カードのETC/JCB一般法人カードの欠点をカバーし、保険サービスや付帯サービスを更に充実させた1枚です。

もちろんETCカードは年会費無料で複数枚発行できるので、普段から車を利用する企業にとっては非常に便利でお得!また一体型なので、お財布もかさばりません。

次では、そんなワンランク上のETC/JCBゴールド法人カードのメリットをご紹介致します。


付帯サービスもゴールド級でメリットも大きい!

メリット1:海外最高1億円、国内最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯
これほど充実した保険サービスが付いてくるので、国内外への出張が多いビジネスマンにとっては万一の時にも備えられ、大きな安心感を得られます。

メリット2:ショッピング保険は最高500万円
法人クレジットカードで購入した商品が破損したり、盗難にあった場合に年間で最高500万円まで補償が受けられます。

メリット3:空港ラウンジが無料で利用可能
国内の主要な空港をはじめ、ハワイ・ホノルル空港のラウンジを無料で利用できます。飛行機での出張の前に静かなスペースで、ゆっくりくつろいだり、パソコンでの仕事をすることもできるので大変便利です。

メリット4:ビジネスサポートが充実している
オフィス商品をスピーディーかつお得に調達できるサービスや、会計処理やカード利用履歴等を管理するシステムサービス、接待で使えるレストランの優待利用、タクシーチケットなどのサービスや航空券や宿泊先の予約サービスなど、様々なビジネスサポートを受けることができます。



審査難易度はその他のJCBカードと変わらない!?

ETC/JCBゴールド法人カードは、一般カードよりもスペックが上がっているので審査も厳しいとお思いの方もいるでしょう。

ETC/JCBゴールド法人カードの審査について調べてみたところ、有力な情報は得られませんでしたが、法人ETCカードの中では人気が高く、利用者も多いという事が分かりました。

ただ、審査対象は法人または個人事業主、カード使用者は18歳以上でゴールドカード独自の審査基準で審査が行われると記載されているので、審査の難易度としては、一般的なゴールドカードど同等と考えてよいと思います。

このことから、ETC/JCBゴールド法人カードはワンランク上の法人カードであるので、審査は通過しやすいとは言えません。

しっかりとした実績があり、一定以上のステータスを持つ法人や個人事業主におすすめできる1枚と言えます。