三井住友forOwnersはキャッシング機能を低年会費で利用可!

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 三井住友法人カードのキャッシング事情!

    三井住友のキャッシングについて

     

    オールマイティな付帯サービスに加え、その信頼性から人気を博している三井住友法人カード。
    そんな三井住友の法人カードでもキャッシングができることをご存知ですか?

     

    キャッシング付きの法人カードは数少ないので大変貴重。
    少ない中から選ばないといけないので、悩んでしまう...。そんな方も多いのではないでしょうか。

     

    三井住友法人カードには3つのランクに2枚づつ、計6枚もの法人カードが存在しており、そのどれもがキャッシングが可能!大変利便性に富んだ、使い勝手のよい法人カードなのです。

     

    そこで今回、キャッシング付き三井住友法人カードが、どのような性能を持っているかを解説。
    キャッシングを始め、三井住友法人カードのお得なポイントを紹介します!

     

     

     

    三井住友には、6種類の法人カードがあります

     

    三井住友法人カードでキャッシングをする際には、まず気を付けなければいけないことがあります。
    というのも、実はキャッシング利用できる三井住友の法人カードは、全部で6種類もあるのです!

     

    三井住友VISAカード
    ランク 一般 ゴールド プラチナ
    券面
    年会費 1,250円 10,000円 50,000円
    利用限度額 100万円 300万円 500万円
    キャッシング枠 国内:× / 海外:最大30万円
    利率 国内:× / 海外:15%

     

    こちらの三枚は利用限度額が少し高いのですが、肝心のキャッシングが国内では利用できません。
    その代わり、海外では15%と低い利率での利用ができます!

     

    三井住友VISAカード for Owners
    ランク 一般 ゴールド プラチナ
    券面
    年会費 1,250円 10,000円 50,000円
    利用限度額 80万円 200万円 500万円
    キャッシング枠 最大50万円 国内:100万円 / 海外:50万円
    利率 国内:15% / 海外:18%
    返済方法(国内) 毎月元利定額返済 / 最長32月
    返済方法(海外) 元利一括返済 / 19日〜56日

     

    forOwnersは利用限度額は低くなるも、キャッシングが国内外での利用可能!
    利息と国内で15%、海外で18%と違いがあるので注意。

     

    この6枚の中から1枚を選ぶなら「三井住友一般VISAカード for Owners」がおすすめ!
    国内外問わずキャッシングできるだけでなく、ゴールドランクと同じ金額を借りられるのが魅力的。
    1,250円の年会費で高額のキャッシングができるのは非常に嬉しいことです!

     

     

     

    一般forOwnersの性能がこちら

     

    格安年会費でキャッシングできることが高評価の三井住友forOwners。
    せっかく利用するなら、他にもおすすめのサービスを知っておきたいですよね!

     

    三井住友forOwnersは、ポイントサービスにおいて他の法人カードとは一味違います
    どう違うのかというと、この法人カードで支払いをする際にポイント払いができるのです!

     

    1ポイントは3円として処理され、会計に使用することが可能。
    いつでも何でも使えるので、還元サービスとして最も有意義な使い方ができる法人カードなのです!

     

    そんなforOwnersには、一般の三井住友法人カードには無かったマイル還元サービスが備わります
    ポイントとマイル、どちらの使い道も切り開ける法人カードなので、お好きな方を受けましょう!

     

     

     

    通りやすいと思われる審査基準!

     

    三井住友forOwnersの審査基準ですが、比較的通りやすいといわれています。
    理由は一般ランクということもありますが、申請者が審査対象となるからと考えられます。

     

    法人カードの審査では評価基準が大きく分けて2つあるとされ、1つが会社のステータス、そしてもう1つが申請者のステータスです。

     

    会社のステータスというのは社歴だったり業績といったことを言われています。
    通常、法人カードの発行会社は貸し倒れのリスクを考え、社歴の若い企業は審査で弾くとされています。

     

    しかし三井住友forOwnersの審査では、財務書類の提出がありません!
    必要なのは本人確認書類のみと、社歴による比較ではない審査を受けられるのです。

     

    申請者の信用情報はクレヒスや年収といったものとされ、これらで特に問題がなければ三井住友forOwnersが発行される確率は高いと考えられます。

     

    三井住友 for Ownersの詳細

     

     

     

    キャッシング利用ができる他のものと比較しよう!

     

    キャッシングのできる法人カード「三井住友forOwners」はいかがでした?
    低年会費のキャッシング付き法人カードは数少ないので、コストを抑えたい方にはおすすめの1枚です。

     

    他の法人カードにはないポイント還元サービスの使い方ができたり、またマイル移行もできたりと、利便性の幅が広がっています!

     

    低いコストで所持できるお得な法人カードなので、1枚持っておくことをおすすめします!

     

    キャッシングに関しては、他にもおすすめの法人カードはいくつかあります。
    こちらにてランキング形式でまとめているので、ご検討されている方はぜひご覧ください。

     

    キャッシング比較ランキング