法人カードでキャッシングをするときは、低金利で借りられる?

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 低金利でキャッシングができる法人カードはある?

    法人カード

     

    低金利でキャッシングのできる法人カードを紹介!

     

    「お金を借りる」という手段は、カードローンや消費者金融と色々ありますね。
    その中で、法人カードのキャッシングに興味を持たれている方もいることでしょう。

     

    法人カードのキャッシングも含め、融資先を決めるのに多くの方が気になるのが低金利かどうか

     

    法人カードが低金利であれば、利息が少額になるので負担も少なくて済みます
    アナタがもしお金を借りるなら、低金利のところで借りたいと思いますよね?

     

    そこで今回、法人カードのキャッシングは低金利で負担が少ないかを解説します。

     

    また、他の融資ではなく法人カードのキャッシングを選ぶメリットについても紹介しますので、「損をしたくない」「不安をなくしたい」と考えている方はぜひ一度ご覧ください!

     

     

     

    低金利とは、どれほどの数値をいうのでしょうか?

     

    結論からいうと、法人カードのキャッシングは低金利ではないといわれています。
    この金利ですが、実は借りる際の上限値が法律でしっかりと決められています

     

    キャッシングの金額 金利の上限
    〜99,999円 20%
    100,000円〜999,999円 18%
    1,000,000円〜 15%

    貸金業法Q&A:金融庁

     

    要は、アナタのキャッシング額が10万円未満であれば発行会社は金利を20%まで設定できるし、100万円以上ならば15%までを上限にしなければならないという法律です。

     

    法人カードでキャッシングをする際は、そのほとんどが上限のギリギリを金利としています。
    つまり、上限値が金利となっている法人カードは低金利とはいえないのです。

     

    また、キャッシングによる相場が18%に対し、消費者金融は14%、銀行カードローンは14〜15%と、他の貸し出し業者と比較しても低金利とは言い辛くなります。

     

    しかし、低金利ではない分キャッシングにもメリットとして、担保や保証人が必要ありません
    また、キャッシングをする際はコンビニなどにあるATMから借りることができるので、全国どこでもお金の用意ができますし、手続きも5分ほどのカンタン操作で終わります!

     

    つまり急いでお金の用意が必要な方には、低金利ではありませんが法人カードのキャッシングはおすすめなのです。

     

    利息にどれほどの差があるの?

     

    法人カードのキャッシングは確かに低金利ではありません。
    カードローンのような15%の低金利のところと比較すると3%の差がありますが、実際にこの3%という数字が利息にどれほど影響を与えているかを確認してみましょう!

     

    @, まず、利息の計算は、以下の方法で算出できます。

    【キャッシング額×利率÷365日×返済期間】

     

    A, 10,000円を借り、返済期間を30日としてみましょう。

    利率18%の場合 10,000×18%÷365日×30日=148円
    利率15%の場合 10,000×15%÷365日×30日=123円

     

    低利率といわれる15%との比較してみると、差額は25円ほどしかありません。
    今回は10,000円の計算でしたが、キャッシング額を300万円にしても7500円の差しかないのです。

     

    担保不要・即日可というメリットを考えると、低金利とはいえずとも利用価値は十分にあるのです!

     

    しかし、今回は1ヶ月という期間での計算なので、長期で見るとまた差は変わります。
    すぐに返済できる充てや少額利用であれば、低金利ではない法人カードのキャッシングもおすすめです。

     

     

     

    実はあった!利息の少ない法人カード

     

    法人カードのキャッシングは全て低金利ではないのかというと、そんなことはありません。
    18%というのは「上限の限界に設定する会社が多い」というだけで、低金利の法人カードもあるのです!

     

    そこで、カードローン等と同程度の低金利でキャッシング可能な法人カードを紹介します!

     

    三井住友ゴールド for Owners

     

    三井住友forOwnersシリーズのゴールドランクは、実は低金利の法人カード!
    カードローン等と同じく15%の低金利なので、他の法人カードよりも利息が少なくて済みます。

     

    利用限度額は最大200万円で、そのうち最大50万円をキャッシング枠として利用可能。
    また、国内のみならず海外でもキャッシングできるので、出張によく行かれる方が利用する法人カードしても重宝されています。

     

    低金利なうえにキャッシングの利便性も高い法人カードが、三井住友forOwnersなのです!

     

    そんな三井住友forOwners魅力といえば、還元サービスで貯めたポイントの活用方法。
    ポイントは1点あたり3円の換算で、会計時に支払いの代わりに使用することができます

     

    他にも、保険や空港ラウンジ利用のサービスが付帯しているなど、海外に行かれる方の持つ1枚としても非常におすすめの法人カード。

     

    キャッシングが低金利で利用できるだけでなく、法人カードとしての性能も高い1枚なので、三井住友ゴールドforOwnersをぜひご検討ください。

     

    三井住友ゴールドforOwners詳細

     

     

     

    こちらのランキングもご一緒に!

     

    低金利の法人カードについてはいかがでしたでしょうか?

     

    キャッシングは上限値に設定されやすいので、低金利の法人カードはなかなかありません。
    しかし三井住友ゴールドforOwnersは、15%という低金利でどこでも即日キャッシング可能というメリットも享受できるので、おすすめの法人カードです!

     

    ゴールドでは物足りない方は、その上のプラチナランクなら同様以上のサービスが享受可能
    インビテーションを必要とせずすぐに申請できるので、こちらもおすすめさせていただきます。

     

    今回紹介できた法人カード以外にも、まだまだおすすめのものがあります!
    キャッシングが可能な法人カードを集めたランキングがあるので、ぜひご覧ください。

     

    キャッシング比較ランキング