多くの枚数を発行可能!複数枚の作成ができる法人カードを紹介!

法人カードは、複数枚の発行が可能!

法人カード

 

複数枚の法人カードを用意したい企業に向け、おすすめの選び方を解説します!

 

大勢の社員を抱える企業では、1人1人に法人カードを渡すべく、複数枚の発行を検討されることがあるかと思います。

 

社員による経費の立て替えがなくなったり、経費利用の集約化をして経理の計算が楽になったりと、法人カードを複数枚発行するメリットは豊富!

 

しかし、法人カードの性能をしっかり比較しないと、複数枚作成に向かない法人カードを選んでしまう可能性もあります。

 

そこで、複数枚の法人カードを準備したい企業に向け、いくつかの注意点とおすすめの1枚を紹介します!
機会損失を防ぐ重要な役割を担う法人カードが分かるので、ぜひご覧ください。

 

 

 

発行枚数には上限があるので注意しましょう

 

多くの法人カードは、追加カードによる発行枚数の上限が決められています。
そのため、複数枚の発行を検討されるなら、まずはその上限を知らなくてはなりません。

 

法人カードによって上限枚数は異なるので、所持したい1枚が決まっているなら確認してみましょう!

 

基本的に、法人カードで追加できる枚数の上限は約3枚ほど。
3枚以上の発行ができる法人カードは数がすくないので、限られた中から選ぶか、発行方法を工夫するか考える必要があります。

 

使いまわしをしてはいけません!

 

複数枚の発行ができないとなると、1枚の法人カードをみんなで使おうと考えてしまう方もいます。
しかし、法人カードを使い回してしまうとカード会社の利用規約に違反してしまいます!

 

法人カードの券面には、申請者の方の名前がしっかりと記載されています。
原則、記載された方以外は使用は禁止なので、複数枚の発行ができないからと使いまわしは止めましょう!

 

 

 

発行枚数に比例して、年会費も増えていく

 

法人カードを複数枚発行する際、もう1つ注意しなければならないのが年会費。
年会費は法人カード1枚ごとに発生するので、複数枚発行すればその分金額も高くなります。

 

コストを抑えるために法人カードを導入したのに、年会費によりかえってマイナスになっては意味がありません!

 

一部の法人カードでは、追加カードの年会費が通常の金額よりも安くなることもあります。
コストを抑えるなら、こうした法人カードを検討されても良いかもしれませんね!

 

 

 

複数枚作るなら、オリコビジネスゴールドがおすすめ!

 

もし法人カードの複数枚発行を検討されるなら、オリコビジネスゴールドが最適かもしれません。

 

オリコビジネスゴールドは、最高で20枚の発行ができる法人カード。
制限はありますが、複数枚発行ができる法人カードの中では多くの枚数が発行可能です。

 

また他にないこの法人カードの魅力として、最高1,000万円まで利用限度額を希望することができます!
※限度額は審査によって変更になる可能性があります。

 

注意点としては、追加カードを複数枚用意する際は、この限度額を分配することになります。
しかし、20枚発行しても1枚平均50万円もあるので、比較的余裕がある法人カードといえるでしょう!

 

ゴールド法人カードですが、年会費は2,000円と同ランク再安値のため、複数枚の発行をしても大きな負担にはなりません。
また審査が通りやすいとの口コミも多いので、複数枚発行にとても向いている1枚です!

 

年会費と審査、限度額という複数枚発行における問題点もクリアし、それでいて利便性の高い法人カードなので、ぜひご検討ください。

 

オリコビジネスゴールドの詳細

 

 

 

社員に合わせた法人カード選びが大切です!

 

以上、複数枚の発行ができる法人カードの紹介でした!

 

今回紹介したオリコビジネスゴールドは、一般社員向きの法人カードですが、代表者の使用にはさらに最適なものも存在します。

 

当サイトでは、そういった用途別の法人カードのランキングを作成。
別カードの検討も行っている方は、こちらにてアナタに相応しい1枚をぜひご検討ください。

 

法人カード比較ランキング