大企業向け法人カード!コーポレートカード徹底比較ランキング

コーポレートカード徹底比較ランキング

(最新更新日:2017年10月11日)

お得なコーポレートカードのおすすめ比較ランキング!
経費精算や事務処理、その他たくさんの利便性を兼ね備え、経営の快適化を図ることができるコーポレートカード。

コーポレートカードを利用することで、現金払いのときには面倒だった多くの業務を簡略化できます。
時間やコストの削減・労力の緩和ができ、1度使うと手放せなくなり、ほとんどの大企業がすでに導入しています

コーポレートカードとは大企業向けの法人カードのことで、選ぶ際には使用する社員・利用用途から、どのコーポレートカードが最善かをしっかり比較しないと、大きな機会損失となる可能性がございます。

そこで当サイトでは、大企業におすすめするコーポレートカードの比較ランキングを作成!

比較ランキングの順位は、経営をより快適にする実用性の高いコーポレートカードを厳選。
ステータス性は高く、サービスも使いやすい、そんなあなたに合ったコーポレートカードが比較ランキングからきっと見つかります。





コーポレートカードで比較したい3つのこと

比較ランキング

コーポレートカードとは、大企業向けに発行される法人カード。
大企業ともなると、社員数は多く、誰が使うかによっておすすめのコーポレートカードは変わります。

そんなコーポレートカードはどこを比較して選ぶべきか、3つのポイントが大切になります。


役員向け

ランキング:役員比較

役員クラスが持つコーポレートカード。
このクラスに相応しいコーポレートカードを選ぶには、ステータス性と利用限度額を比較します。

役員ともなると会食や接待など取引先と会う機会も多く、人前でコーポレートカードを使う場面も比較的多いでしょう。
そうした際にステータス性×知名度のあるコーポレートカードを所持していると、取引相手からの信頼性は高まります。



一般従業員向け

ランキング:一般比較

会社の規模や職種にもよりますが、企業によっては多くの社員にコーポレートカードを発行する場合もあるでしょう。
たくさん発行する場合は、年会費のことを考え、役員クラスより一つ下のゴールドコーポレートカードがおすすめです。



決済専用に持つのも良し

ランキング:決済比較

コーポレートカードの中には、支払いをおこなうことでポイントやマイルを貯められるお得なサービスを持つコーポレートカードがあります。
そのため高還元率のコーポレートカードを利用すれば、貯めたポイント等でコスト削減を図れるのでおすすめ!


以上、3つのポイントによって比較すべきコーポレートカードは異なるので、あなたの用途に最適な1枚を比較ランキングから探してみてください。





第1位 セゾンプラチナ


比較ランキング1位

比較ランキング1位、役員クラスが持つのに十分なステータスを持つ「セゾンプラチナ」。

最上級ランクではありますが、審査は簡単・年会費は格安という比較的お得なコーポレートカードです。
付帯サービスも充実しており、特にマイル還元率とコストパフォーマンスが優秀で、役員クラスのコーポレートカードとして十分な素質があります。


JALマイル還元率が高い

ランキング:マイル比較

セゾンプラチナは、比較ランキングの3枚の中でJALマイル還元率がダントツで高いです。
その還元率は1.125%と、1,000円の利用で11.25マイル貯まるので非常にお得!
貯めたマイルは、1,000マイルからご利用できるので、会社にとって有益な使い方でぜひご利用ください!



年会費が安い

ランキング:年会費比較

セゾンプラチナは、年会費がプラチナランクの中でトップクラスに安いコーポレートカード。

プラチナコーポレートカードと比較すると、30,000〜50,000円が相場の中で20,000円というお手頃な年会費で利用できます。

他の法人カードと比較しても、ステータスで劣るところは見受けられず、むしろ前述したマイル還元率のように突出した才を持つコーポレートカードなので、コストパフォーマンスは最高に良いです。

また、セゾンプラチナは年間利用額が200万円以上の利用者には、年会費を半額にするサービスをしております。
10,000円でプラチナランクを所持できるだけでなく、プラチナランク限定のサービスも当然受けられるので、お得すぎるコーポレートカードです。



豊富なプラチナ特典サービス

ランキング:特権比較

セゾンプラチナには、プラチナランクだから利用できるサービスがあります!

サービス名 内容
プライオリティパス 年会費無料で、1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用可能
スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド 1日数組限定の、世界約500ヵ所にあるホテルを会員限定特典が用意された上で利用可能
優待価格でご招待 コナミスポーツ・ヨガ教室ヨギー・ヘアサロンAshなど、有名店舗を優待価格でご利用可能
セゾンプレミアムゴルフサービス プレー・レッスン・イベントなど、会員の多くが参加できる「スポニチゴルファーズ倶楽部」に入会可能
弁護士紹介 紹介費用の要らない、相談内容に合わせた弁護士の紹介サービス

比較のランキング





第2位 三井住友プラチナカード


比較ランキング2位

比較ランキング2位「三井住友プラチナコーポレートカード」。
この法人カードは役員クラス向けのステータスに特化したコーポレートカードです。

コーポレートカード最高ランクのプラチナであるためステータス性は申し分なく、また、三井住友という高い知名度を持つコーポレートカードなので、信頼性は3枚の中でも抜群に良いです。

年会費は高く、役員クラスに相応しい50,000円という金額ですが、これをある程度回収できるボーナスがあります。
また、三井住友プラチナコーポレートカードは全体的なステータスは高水準ですが、その中でも補償サービスが比較ランキングの3枚の中で一番優れているので紹介します。


保険補償が優秀

ランキング:保険比較

所有者 家族
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用 (1事故の限度額) 500万円 500万円
疾病治療費用 (1疾病の限度額) 500万円 500万円
賠償責任 (1事故の限度額) 1億円 1億円
携行品損害 [自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
100万円 100万円
救援者費用 (1年間の限度額) 1,000万円 1,000万円

比較ランキング3枚の中で、旅行傷害保険が特に優秀なコーポレートカード。
最高補償額1億円と、もし何かあったときも十分な金額の補償が上記の比較表より分かります。

旅行で一番多いのは傷害・疾病、そこを見てみると500万円の補償とあります。
海外では医療費がとても高く、旅行中の怪我や病気でとんでもない額の請求をされたという事例も少なくありません。
そんなときに500万円の補償がされる三井住友の保険サービスは非常に優秀です。

比較表を見ても分かる通り、このコーポレートカードは家族特約が付いています。
家族特約とは、お連れの家族様にも同等の補償がされるサービスなので、このコーポレートカードを持っていれば安心して旅行ができます。

また、三井住友プラチナコーポレートカードの保険は自動付帯と呼ばれる「所持しているだけで保険が適用」されるコーポレートカードなので、突然起こる事故や病気にも柔軟に対応できます。



キャッシュバックで年会費の回収

ランキング:キャッシング比較

年会費が50,000円と比較ランキングの中で一番高額の三井住友プラチナコーポレートカード。
しかし、この年会費をある程度回収できるキャッシュバックサービスが実はあります。

三井住友プラチナコーポレートカードでは、半年間の利用額が50万円以上の方限定で、利用金額の0.5%分のギフトカードをプレゼント

年2回・2,000円〜30,000円分のプレゼントキャンペーンなので、最高60,000円を手に入れられる方であれば年会費分という負担分の回収がある程度できてしまいます。



三井住友のプラチナ特権

ランキング:特権比較

プラチナランクといえば、プラチナコーポレートカード所持者だけが利用できる特別なサービス!
三井住友プラチナカードも当然ご利用できますが、特別サービスの数はなんと25個!
比較してみてもトップクラスで会員サービスの多いコーポレートカードです!

そんな25個の特別サービスの中でも、特におすすめな6個の会員特権を紹介します。

サービス名 内容
プラチナオファー プラチナ所持者だけの、限定イベントやプロモーション招待
一流ホテル・旅館宿泊予約 プラチナ会員限定で、一流宿泊施設の優待割引予約サービス
ユニバーサル・エクスプレス・パス アトラクションの待ち時間を短縮する特別パスの発行
プラチナグルメクーポン・招待日和 厳選された一流レストランで、2名以上のコース予約で1名無料
空港ラウンジサービス 日本の主要空港にあるラウンジを無料利用
プラチナゴルフ 優待価格にて、国内外の名門ゴルフ場を利用

比較のランキング





第3位 オリコEXゴールド


比較ランキング3位

比較ランキング第3位、唯一のゴールドランク「オリコEXゴールド」。

比較ランキングの中でも年会費がとても安いのが特徴的ですが、利便性自体はとても優秀であり、コストパフォーマンスが優秀なコーポレートカードです。

例えば、比較ランキングで紹介した2枚よりもポイント還元率が高いという特徴があり、一般社員所持用・備品決済用としてのコーポレートカードとして用意すると非常に便利です!

オリコEXゴールドにはまだ魅力があり、実はプラチナランク特権で利用できるとある人気のサービスを、オリコEXゴールドも利用できます!
ここでは、その特別サービスの受けられる方法を含め、オリコEXゴールドの魅力を紹介します!



ポイント還元率が1.1%

ランキング:ポイント比較

オリコEXゴールドは、コーポレートカード全体で比較してもポイント還元率がトップクラスで高いです!

オリコEXゴールドのポイント還元率は上昇型で、最初は0.6%とこの時点でも高いのですが、最終的に1.1%まで上昇します。
比較ランキング1位のセゾンプラチナも1.0%という高還元率を持つコーポレートカードですが、セゾンプラチナの場合は海外利用限定で1.0%なので、国内利用で1.0%を超えるオリコEXゴールドの方がおすすめ。

またオリコEXゴールドは、利用者人気の高いAmazon通販サイトでの購入に対し、+0.5%のポイント還元もおこなっております。
そのため、Amazonで商品を買う際にオリコEXゴールドを使うと、最大で1.6%ものポイントが還元されます!

利用限度額も最大300万円と高いので、備品購入をこの1枚に任せれば大きなポイントが得られます。



年会費がダントツで安い

ランキング:年会費比較

唯一、比較ランキングの中で年会費が10,000円を切るコーポレートカード。
オリコEXゴールドの年会費は2,000円と格安で、10,000円以上が相場のゴールドランクの中ではトップラスで安いコーポレートカードです。

三井住友プラチナと比較すると、三井住友プラチナ1年分の年会費でオリコEXゴールドは25年も利用できます。
更に初年度の年会費は無料なので、オリコEXゴールドがとてもお得なのが分かります。

ポイント還元率×格安年会費、この2つだけでもオリコEXゴールドを選ぶには十分な要素ですが、オリコEXゴールドには更にお得な情報があります。
それは、プラチナ特権の人気サービスをオリコEXゴールドも受けられるということ!



プラチナ特権「招待日和」

ランキング:特権比較

プラチナランクのコーポレートカードには、一般やゴールドランクでは受けられない"プラチナランク特権サービス"がございます。
そんな特権サービスの中でも一際人気のサービスを、実はオリコEXゴールドも受けることができます!

それが「招待日和」。
招待日和とは、全国にある厳選されたレストランを簡単予約できるサービスです。
しかし招待日和はただの予約サービスではなく、コースメニューを2名以上で予約すれば1名無料になるサービスがあります。

接待等でお店を選ぶ際に、こちらの招待日和から予約をおこなえば、簡単に予約できるだけでなく1名無料になるので、利用する価値は大いにございます!

比較のランキング