経費削減?導入しただけで節約ができる法人カードの理由を徹底比較!

法人カードで経費削減!使うだけでお得になる理由を徹底比較

法人カード比較

法人カードは、経費削減に非常に役立つツール。
そのため、法人カードを早く導入しないと大損するかもしれません!

経費削減を目的に、すでに多くの企業が導入を始めている法人カード。
当サイトの比較調査でも、月に10,000人を超える方が導入を検討しているのが分かり、法人カードが人気なのがうかがえます。

なぜ法人カードが人気なのか、それは法人カードを利用するだけで経費削減に大きく貢献できるからです!

法人カードの導入前後を比較すると、利用者によっては年間で数十万円〜数百万円の経費削減を達成した方がいるのが分かりました。
そのため、法人カードを導入している会社の方が、経費削減ができているのは比較結果からも明らかなのです!

また、法人カードには決済額に応じたポイントサービスや、特定店舗の優待割引があるなど、経費削減を心掛けたい企業には比較的お得な機能が備わっています。

さらに法人カードには、ポイント以外にも充実した付帯サービスがあるので、これらを駆使することで数百万円の経費削減も夢ではありません!

個人と比較してみても、毎月の支払いが圧倒的に大きい会社の決済だからこそ、法人カードの導入は経費削減においてとても重要!

当ページでは、法人カードを導入することでどれぐらい経費削減ができるのか徹底比較し、法人カードのおすすめポイントを紹介します!





ポイント還元は欠かせない

経費削減の比較

法人カードで経費削減をするならポイントは欠かせません!

ポイントとは、法人カードでの決済額に応じて一定のポイントが付与されるサービス。

多くの法人カードにはこのポイント還元サービスが付帯されています。
しかし、法人カードそれぞれの特徴をしっかり比較しないことには、効率よくポイントを貯められず、経費削減に大きな影響がでます

そこでポイントを駆使し、上手に経費削減する方法を比較していきます!



ポイント還元率

経費削減の比較

ポイント還元サービスが備わった法人カードは、比較的たくさんあります。
しかし還元率はそれぞれのカードで違っており、当然ながら数値が大きい還元率ほど貯まりやすくなっています。
では実際に計算してみます。

法人カードでは0.5%の還元率のものが多いので、これをもとに計算します。

1万円の商品の場合。
1万円の商品に対しポイントは0.5%付くので、計算は「10,000×0.005」で50円分のポイントが付きます。

正直これを見て少ないと感じる人の方が多いと思います。
しかし、法人カードは会社規模で扱うので、毎月の支出は1万円どころではありませんよね。

備品購入や接待費用、広告費などに毎月100万円を超す支出をする企業は少なくありません。
そんな企業が法人カードを導入した場合、上記の計算では年間で60,000円分もポイントが貯まるので、経費削減に大きく貢献できます!

また今回は、平均値の0.5%で還元率の試算をしましたが、法人カードを比較すると1%3%を超えるものもあります!
3%で先ほどの計算をおこなうと36万円分ものポイントが貯まるので、60,000円分のポイントと比較してみても、使い道の幅が広がるのが分かります!

法人カードの中には独自のキャンペーンをおこなう発行会社もあり、特定店舗での利用で2〜20倍の付与ボーナスがあるなどサービスがいっぱいなのでチェックしましょう!





貯めたポイントにはたくさんの使い道!

経費削減の比較

ポイントをたくさん貯めるだけでは経費削減にはなりません。
ポイントを貯めたあとはしっかり使い、経費削減に貢献させましょう。

ここでは経費削減のために貯めたポイントには、どういった使い道があるのか比較していきます!



様々な使い道

経費削減の比較

法人カードで貯めたポイントには様々な使い道があります。
当サイトで今まで比較してきた法人カードを思い出すと、以下のような使い道がありました。

  • カタログから商品と交換
  • マイルに移行して、航空券の手配や座席のグレードアップをする
  • キャッシュバックサービス
  • 公共料金の支払い
  • 電子マネーのチャージ
  • その他

使い道が多数あるので、会社の経費削減に合わせて選べるのが良いですね!

ただし一つ注意が必要です!
ポイントを貯めても、あなたにとって最適な使い道がなければ経費削減はできません。
どんな使い道があるかは、まず最初に確認しておきましょう。





電子マネーによるポイント2重取り!

経費削減の比較

法人カードの中には、電子マネー付帯のものがあります。
コンビニなんかで利用できる電子マネーを法人カードからチャージすることで、チャージ金額+ポイントが付くものがございます。

これを利用すれば、電子マネーのポイント分+法人カードのポイント分を2重で獲得できるので比較的お得な戦略といえます!





比較しておくべき4つの確認事



法人カードで経費削減を図る前に、比較してほしい情報を紹介します!
こちらを知っておくだけで、効率よくポイントが貯められるのでチェックしてみてください!



ポイント付与のタイミング

経費削減の比較

法人カードを比較してみると、ポイント付与のタイミングは以下の2種類あります。
  1. 決済の度に金額に応じたポイントが付与される
  2. 締結後の決済合計額に応じてポイントが付与される

これがどういうことか説明しますと、例えば1番と2番を100円で1ポイント付く法人カードとします。
この法人カードで、それぞれ980円の商品を10回購入した場合を比較してみます。

1番のタイプ
980円の商品を10回買うので
980円÷100×10回=90ポイント

2番のタイプ
合算額に応じてポイントが付与されるので
980円×10回÷100=98ポイント

このように、1番のタイプはその都度端数が切り捨てられてしまうので、効率良くポイントが貯まりません。
対して2番のタイプは、最低限の端数だけが切り捨てられるので、効率よくポイントが貯められます。

OkiDokiポイントなどが2番のポイント付与サービスを採用しているので、注目すると良いでしょう、



ボーナスキャンペーン

経費削減の比較

通常のポイント還元以外にも、キャンペーンでのボーナスポイント付与サービスをおこなう発行会社がございます!
比較した中には、以下のようなボーナスキャンペーンを実施する法人カードがありましたので紹介いたします。

加算ポイント 決済額にプラスでポイントが加算されるタイプ
○倍ポイント 付与されるポイントが○倍になるタイプ
ボーナスポイント 発行会社によるキャンペーンで、不意に付与されるポイント
特定店舗ポイント 特定の店舗での利用に対し、ボーナスポイントが付与されるタイプ
記念日ポイント 入会日や周年記念など、記念日となる日の特別サービス
新規入会ポイント 新規入会時、特別に与えられるポイント

発行会社によって様々なキャンペーンがおこなわれているので、法人カードを比較して、あなたに合ったキャンペーンがあるものを選びましょう。



年会費の確認は忘れずに!

経費削減の比較

ポイントで経費削減を考えていても、年会費と比較してみてマイナスになってしまっては元も子もありません。

年会費が高い法人カードは高還元率のものが多いですが、安くて高還元率のものもございます!
年会費と還元率のバランスを比較してみて、あなたに最適な1枚を持ちましょう!



お支払いは一括払い

経費削減の比較

支払い方法を比較してみると、一活の他にも分割払いやリボ払いがありますが、必ず一活で行いましょう。

他の支払いも便利ですが、一活以外は手数料がかかるので余計な支払いをすることになり、かえって経費削減ができません。

経費削減をするのであれば、一活での買い物を心掛けましょう。





経費削減を手助けしてくれる法人カード

経費削減の比較

法人カードと現金払いにおける経費削減の比較は以上になります。
比較結果は、主にポイントをどう有効活用するかが経費削減のカギとなることが分かりました。

利用方法によっては年間で数百万円の経費削減も夢ではないので、ぜひ導入を検討するのをおすすめします!

当サイトでは35枚を超える法人カードを集め、その中から厳選して選んだおすすめ法人カードの比較ランキングがあります!

あなたの経費削減に力強く応えてくれるおすすめの法人カードを厳選してあるので、ぜひご覧ください!


法人カード比較ランキング