企業向けの法人カードと個人向けのカードはどう違うのか?

法人カードと個人カードの違いについて徹底解明!

法人カードの違い

 

法人カードと個人カードの一番の違いは、当たり前に聞こえるかもしれませんが、「誰に向けて作られたクレジットカードなのか」が違うという点です。

 

法人カードは企業や団体に向けて作られているため、代表者や個人事業主が所持をしていると、ビジネス上幅広い恩恵を受けることが可能です。

 

しかし法人カードでなくても、個人カードでポイントを貯めたり、経費を建て替えたりはできますよね
果たして「個人カードよりも法人カードを持つメリット」は本当に存在するのでしょうか。

 

実は会社の経営状況によって、法人カードを導入するだけで、経費や人件費の削減など大きなメリットを得ることができます!
このページでは、法人カードと個人カードの違いと使い方について解説します。

 

 

 

個人カードとの間にはこんなに違いがあるのです!

個人カードとの違い

 

法人カードと個人カードにはどういった違いがあるのか、実際に表を見てみましょう!

 

種類 個人カード 法人カード
発行対象
個人

法人・個人事業主
追加カード 1枚(家族の分の発行可) 複数枚
利用限度額 平均100〜200万円 平均300〜500万円
支払方法 分割やリボなど様々な支払いに対応 原則一括払いのみ
キャッシング ×
カードの種類 一般・ゴールド・プラチナ・ブラック 一般・ゴールド・プラチナ
審査対象 申請者 申請者・会社

 

上記が、個人カードと法人カードの違いについての比較表です。

 

法人カードは経費の決済に対応できるよう、個人カードよりも利用限度額が高いという違いがあります。
しかし貸し倒れのリスクから基本的にキャッシングは備わっておらず(※1)、決済は原則一括払い(※2)
また、支払い口座を「個人」と「会社」から選べるという違いがあるので、法人口座を選ぶことで経費の管理を楽にすることもできます!

 

他にもランクの数が違ったり、審査基準が申請者と会社の2つを見たりするといった違いもあります。

※1 海外限定、個人事業主限定といった場合にキャッシングできることがある
※2 複数の支払い方法を持つ法人カードもある

 

 

 

個人カードには無い使い方はあるの?

個人カードとの違い

大きな出費を利用して、経費削減ができる!

法人カードには決済額に応じてポイントが貯まるサービスが備わっています。
そのため、毎月経費の支払いが多い企業にとっては、驚くほどポイントを貯められるチャンスです!

 

最近では公共料金や通信費といった固定費を支払えるようになったので、法人カードを導入しただけで経費削減を実現することは非常にカンタン!

 

更に、あなたの年間利用額によってお得な特典を貰える法人カードもあるので、支払えるものは全て任せておけば経費削減に大きく貢献できるのです。

 

 

多くの社員が持つことで、経費の立て替えの手間を無くせる!

個人カードと比較してみると、法人カードには複数枚の発行ができる違いがあります!

 

そのため、多くの社員に持たせられるので、社員による経費の立て替えが不要になります。
法人カードの利用履歴はデータでしっかり残るので不正利用の心配も少なく、会社としても安心して持たせることできます。

 

 

引き落とし口座を1つにまとめて、手間やコストを削減できる

複数枚の発行をした法人カードは、引き落としの口座を1つにまとめられるメリットがあります!

 

支払いが集約されることで手数料を安く済ませられる他、経理にとっては領収書やレシートをまとめる手間が省けるので、時間や人件費といったコストの削減が実現できます。

 

 

支払いを先延ばしにできるので、資金繰りが楽になる!

法人カードの引き落とし日というのは、1ヶ月以上先となっていることが多いです。
そのため、今すぐにはお金が用意できないといった場面でも、法人カードで支払いおこなうことでキャッシュフローの調整が利きます

 

引き落としまでの期間が最長2ヶ月といった、キャッシュフローの改善がしやすい法人カードもあります。

 

 

 

でも実は、法人カード選びはとても大変…?

個人カードとの違い

 

法人カードと個人カードの違いについて、参考になりましたでしょうか?
企業や個人事業主にとって、法人カードはビジネスを支える重要な武器になるので、当サイトを参考にご検討していただければ幸いです。

 

そんな法人カードですが、すでに何十枚という種類が発行されているので、1枚ずつ比較していけばアナタに最適な法人カードがきっと見つかるはず!

 

そこで当サイトでは、初めての方でも最適な1枚が見つかるように、40枚以上の法人カードを厳選して用途別に分けたランキングを作成しております!

 

40枚以上の法人カードを比較、そして厳選して選び抜いたものをランキングで紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

 

法人カード比較ランキング