企業向けの法人カードと個人向けのカードはどう違うのか?

法人カードと個人カードの違いはここ!

(最新更新日:2017年8月17日)

法人個人違いのイメージ



法人カードと個人カードの違いとは?

聞きなれないカードに対して上記のような疑問を持たれる方も多いと思います。
ここでは、その違いについて3つの視点から説明します。



個人カードとは異なる法人カードの特徴

法人カードと個人カードの違いはここ!

企業や、個人の事業主、厳密に言えば、宗教団体や大学、あるいは国などの法人。その中でも企業などの法人に対して発行されるクレジットカードが法人カードです。

法人運営の上で必要な経費・維持費の支払いに使われるカードで、法人化カードによる支払いは経費扱いとなります。
このため個人の買い物や支払いに使用されることはまずありません。
コーポレート(企業の)カード、ビジネス(仕事の)カード、などと呼ばれることもありますがこれらの違いについてもいまいちよくわからないですよね。
一般的には、コーポレートカードのほうが規模が大きく、ビジネスカードのほうが規模の小さい企業に対して発行されるようです。

法人カードというものに一応の定義を与えるならば、自然人には発行されないというところでしょう。ただし、個人事業主向けの法人カードサービスも存在しているため、個人に対してカードが発行されないという訳ではありません。


支払い口座の違い

法人カードと個人カードの違いはここ!

法人カードの使用方法は基本的には、わたしたちが日常使用しているカードと大きく変わりありません。しかし、そのカード会社ごとにも異なりますが、支払い方法には大きく分けて次の2つがあります。


1.会社決済型 - 法人名義口座指定
会社決済型とは、企業で一括して支払いを済ませる支払い方法のことです。使用したカード料金を、法人名義の口座から引き落とします。

2.個人決済型 - 個人名義口座指定
次に、個人決済型は、指定された個人名義の口座からカード利用料金を引き落とす支払い方法となっています。この場合、その後企業からこの個人の口座へ料金を振り込むことで支払いが完了します。個人事業主の場合はこの個人決済型が一般的です。


法人カードは、支払い口座には法人名義の口座と個人名義の口座のどちらかを指定できることが分かりました。
法人カードに入会する法人のほとんどが、経費処理簡略化を目的に法人口座を指定します。

法人カードの引き落とし口座を法人口座にする場合のメリット・デメリットは以下の通りです。


法人口座で会社決済型の支払い方法にするメリット
会社が一括で支払うため、経費の処理が非常に楽になる点です。

法人口座で会社決済型の支払い方法にするデメリット
社員によるクレジットカード不正使用や、誤った使用を避けられない点です。これによって無駄な経費が発生したり、場合によっては業務上横領の事件に発展する可能性もあります。


上記のようなデメリットがあっても法人カードが選ばれるのは、経費削減やキャッシュフローの安定、特典・付帯サービスが得られるなど、デメリットを上回るメリットが存在するからです。


個人カードにはないメリットがある

法人カードと個人カードの違いはここ!

法人カードは一般的に審査が厳しく、年会費が高く設定されています。しかし、それでもなお、多くの企業が法人カードを採用しているのは、法人カードにはデメリットを超える大きなメリットがあるからです。

なによりも魅力的なのが、多くの手間や経費、手数料をカットできる点でしょう。経費の支払いや備品の購入などの決済を1枚の法人カードにまとめることができるので、振込手数料やその他経理業務にかかるコストを大きく削減することができます。

また、法人カードには法人向け・個人事業主向けの様々なビジネスサービスや特典が設定されていることが多いため、あなたのビジネスに大きく貢献します!


【まとめ】法人カードと個人カードの違い

法人カードと個人カードの違いはここ!

支払い口座が違う


法人カードには、会社決済型個人決済型の2つがあり、会社決済型は法人口座、個人決済型は個人口座からカード利用料金が引き落とされます。企業などの法人は前者、個人事業主は後者の支払い形態をとることが一般的。


個人カードとは異なる法人カードの特徴


法人カードは、企業などの法人に対して発行されるカードです。
コーポレートカードやビジネスカードと呼ばれることもありますが、前者は規模が大きな企業、後者は規模が小さな企業に対して発行されるのが一般的。


個人カードにはないメリットがある


会社の決済を1枚の法人カードにまとめることができるので、経理業務にかかる負担や支払手数料などのコストを削減することができる。
また、様々な特典や付帯サービスを受けられるため、自分たちのビジネスにプラスとなります。


おすすめ法人カードのご紹介

法人カードと個人カードの違いはここ!

法人カードと個人カードの違いについて、当ページは参考になりましたか?
最後に、当サイトカード初心者におすすめしている法人カードをご紹介したいと思います。

特に初めて法人カードの導入を検討しているという方は、是非参考にしてみてください。

信頼性・サービス・安さの三拍子揃ったJCB一般法人カード

法人カードと個人カードの違いはここ!

初めて法人カードを作る方におすすめなのがJCB一般法人カード。日本で唯一の国際ブランドであり、業界トップクラスの業績を誇っているため、圧倒的な信頼性を有しています。
また安い年会費ながら、特典やサービスが充実しています。

例えば、国内・海外旅行傷害保険がなんと最高3,000万円まで補償!ショッピング保険も付帯で、万一の時も安心です。また、ETCカードは年会費無料で発行可能。車両を多く抱える法人や、1人1人にカードを持たせたい場合にも対応できます。


JCB一般の詳細はこちら