本格的に申し込みたい人必見。法人カードの申請方法を、必要申込書について

法人カードの申し込み方法について

法人カードの申し込み方法と申込書について

 

法人カードの申し込みに関する手順や申込書類について解説!

 

経費処理の手順を簡略化できたり、経費削減に大きく貢献してくれる法人カード。
導入する会社も増えている一方、法人カードを手に入れたいのに申し込み手順が分からないといった理由で導入を見送っている方も多いのではないでしょうか。

 

法人カードの申し込みは慣れてしまえばカンタンにおこなえるのですが、初めてとなると必要な申込書が分からなかったり、公式サイトの記載も説明不足なので時間がかかります。

 

そこで今回は、法人カードを申し込みたいという方に向け、その方法や申込書について徹底解説!
これさえ見れば、「法人カードはカンタン申し込みできる!」ということが分かるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

提出に必要な申込書類とは

法人カードの申し込み方法と申込書について

 

法人カードを申し込む際に必要なものは主に4つ

 

公式ページにある、申し込みフォームに記載する申込書が一枚。
それに加え、必要書類と言われる下記の3枚が必要になります。

 

  • 法人の本人確認書
  • 代表者の本人確認書
  • 銀行振替依頼書

 

法人カードは、法人で入会し個人名義で契約するクレジットカードなので、登記簿謄本などの法人の確認書と、運転免許証のコピーなどの代表者の本人確認ができる書類が必要になります!

 

また、どの銀行口座を引き落とし先にするか決める必要があるため、銀行振替依頼書というものも必要。

 

どの書類もカンタンに入手できますし、申込書も書面の指示に従って記入すれば良いだけなので、わずか5分足らずで完了すると思います。

 

申し込みフォームに記載する内容ですが、これは申し込みをする法人カードによって違います。
ただし、どれも法人や名義人に関する情報や、希望する法人カードの限度額について入力するだけなので、法人の代表者であるなら5分〜10分ほどで記入は完了することでしょう。

 

 

 

実は申込書が少ない審査もあります!

法人カードの申し込み方法と申込書について

 

法人カードを申し込みには、フォームも含め4タイプの書類が必要だと上述しました。
しかしこれはあくまで平均値なだけで、法人カードによってはさらに枚数が多い場合や、逆に少ない場合もあります。

 

例えば、審査が甘いことで知られるセゾンプラチナ法人カードは、たったの2枚で審査が完了!
申し込みが面倒な場合、この法人カードに入会してしまうのも手かもしれませんね。

 

 

 

必要な提出物が少ないものは発行がカンタン?

法人カードの申し込み方法と申込書について

 

上述した通り、セゾンプラチナ法人カードは、たったの2枚の書類で審査を受けることが可能!
その2枚とは、以下の書類になります。

  • 運転免許証などの本人確認書
  • 銀行口座振替依頼書

 

セゾンプラチナ法人カードは、Webでの申し込み時に運転免許証に記載された12桁の番号を入力するだけのカンタン申し込み!
その後は上記の書類を2枚送るだけで、最短3日で発行まで法人カードをできてしまいます!

 

審査が甘い法人カードは確認書類も少ないため、申し込みの際に手間がかからないメリットもあります。
申込書や書類を用意するのが面倒なときは、審査の甘い法人カードを検討しましょう。

 

セゾンプラチナの詳細はこちら

 

 

 

手続きの多さが面倒なら審査の甘い法人カードがおすすめ

法人カードの申し込み方法と申込書について

 

法人カードの申し込みと申込書について、分かっていただけたでしょうか?
申し込みのカンタンな法人カードを求めているならば、ぜひ甘い審査のものを選ぶのがおすすめです!

 

法人カードの中には、セゾンプラチナのようなフォーム入力後に2枚の書類を送り、電話で本人確認を受けるだけで即日審査が完了するものもあります。

 

もし他にも審査のカンタンな法人カードを知りたいという方は、ぜひ当サイトの審査の甘い法人カードランキングも参考にしてみてください。

 

また「自社に最適な法人カードがまだ見つかっていない」という方は、こちらでカテゴリー別のランキングも用意してあるので、比較検討してみてください!

 

法人カード比較ランキング