インビテーションは法人カードでも送らてくるの?プラチナの申請方法

法人カードの場合、インビテーションはどうなっているの?

 

プラチナやブラックといった最高クラスのクレジットカードを申し込む際、必要であることが多いインビテーション
法人カードの場合、どのタイミングで送られてくるのでしょうか?

 

今回は、企業や個人事業主が使う法人カードにおけるインビテーションについて解説します。
最高クラスの法人カードが検討されている方は、ぜひ一度ご確認ください!

 

 

 

インビテーションとは?

 

インビテーションとは、利用者が使用するクレジットカードより上のランクへ変更を推奨する発行会社からの案内。

 

クレジットカードには「一般/ゴールド/プラチナ/それ以上」といった約4階層のランクが用意されており、プラチナ以上はインビテーションが必要となるケースが多いです。

 

このインビテーションですが、発行会社はだれかれ構わず送っている訳ではありません。
利用期間や利用額、それからクレヒスといった利用者の使用状況を加味し、インビテーションを送ります。

 

誰でも手に入れられるモノではないという背景から、インビテーションを経て手に入るカードのステータス性は本物。
もし所持ができれば、それはアナタが一流である証なのです!

 

 

 

多くの法人カードは、その場ですぐに申し込めます

 

そんなカンタンに手に入りそうもない最高クラスのカードですが、法人カードの場合、インビテーションは気にしなくても大丈夫。
というのも、多くの法人カードはインビテーション無しで申し込めるからです!

 

法人カードは、クレジットカードと違い最高ランクはプラチナなのですが、そのプラチナも基本的にインビテーションはありません。

 

年齢といった申請条件を構えることはあってもインビテーションは無いので、「プラチナ法人カードが欲しい!」と思ったら今すぐにでも申し込めるのです!

 

 

 

審査の基準とは別の話です!

 

インビテーションが無いからといって、ステータス性も無い訳ではありません。
多くの方は、インビテーションの有無より「プラチナ=最高級」という認識が強いので、手軽に申し込めるからと低ステータスという訳ではないのです。

 

また、インビテーションと審査基準はまったくの別物!
最高クラスの法人カードを手に入れるための審査なので、それ相応に厳しいことが予測できます。
そのため、プラチナ法人カードも「なかなか手に入らない」ので、ステータス性は非常に高いのです!

 

ただプラチナランクの中にも、審査が通りやすいとの口コミを多数拝見できる法人カードが実はあります。
また、目的のプラチナ法人カードを手に入れるために、その下の一般やゴールドを持ち使用実績を作ることで、審査が通りやすくなる傾向はあります。

 

インビテーションが無いのでカンタンに申し込めますが、手に入れる確率をより上げるなら、こうした取り組みをおこなっても良いかもしれませんね。

 

 

 

おすすめのプラチナランクがこちら

 

では実際、インビテーション不要のプラチナ法人カードとはどれなのでしょうか?
また、審査が通りやすいと口コミの多かったのはどのプラチナ法人カードでしょうか?

 

その回答については、こちらにてまとめて紹介しております!
インビテーション不要で申し込めるプラチナ法人カードを紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ。

 

プラチナ法人カードランキング