一般法人カードの4の特徴!知っておいて損はなしのお得な情報とは?

「知っておきたい!」一般法人カードがおすすめの4つ理由とは?

法人カードの一般がおすすめの理由

 

一般ランクの法人カードでも、使い方によっては十分な力を持っていることをご存知ですか?

 

法人カードのなかでも"格安年会費"の特徴を持つ一般ランク。
比較的審査が通りやすいので、新設の会社でも申し込めるおすすめの法人カードです。

 

そんな一般法人カードですが、安いことが理由で一般ランクには期待ができないとお考えの方も多いそうです。

 

確かにゴールドやプラチナと比較してそう思うのも仕方がないですが、しかしそれはまだあなたが一般法人カードの素晴らしいところを知らないだけ
本当は使いやすくて利用価値の高いサービスを備えたおすすめの法人カードなのです!

 

実は一般法人カードの中には、一部の秀でたスペックがゴールドやプラチナに匹敵する機能を備えたものもあります。
そのため、もしもあなたの使用用途がこの秀でたスペックだけで良ければ、一般法人カードで年会費を安く済ませられるのでとてもおすすめ。

 

このように、一般法人カード選ぶにもちゃんとメリットがあるのです!
そこで今回は、一般法人カードのおすすめポイントを4つ紹介したいと思います。

 

 

 

無料の法人カードも存在する、格安年会費の一般ランク

おすすめポイント1

 

一般ランクの法人カードがおすすめの理由は、なんといっても年会費が安いところ
各ランクの相場を見てみると、ゴールドは10,000円〜30,000円、プラチナは30,000円〜50,000円、そして一般のほとんどは年会費が1,250円ほどと、比較してみるとその安さは明らかです。

 

1,250円の年会費なので、月々でいえば約100円。
それでポイントが貯められたり3,000万円の保険サービスが受けられたりできるので、一般ランクの法人カードはとてもおすすめなのです!

 

さらに種類は少ないですが、一般法人カードの中には年会費が永久無料のものがあるので、年会費1,000円よりお得な法人カードをお探しの方はこちらもおすすめ。

 

 

 

ゴールド・プラチナにも匹敵するサービス&スペック

おすすめポイント2

 

サービスやスペックといった優遇は、年会費の高いゴールドやプラチナの特権と思われていますが、そんなことはありません!
実は一般ランクにも、ゴールドやプラチナを超えるサービスを持つ優秀な一般法人カードがあるのです!

 

例えば保険サービスでいうと、一般ランクはJCB法人カードがおすすめ。
JCB法人カードの補償額は最高3,000万円もあり、一部のゴールド法人カードよりも手厚いサービスを受けることができます。

 

他にも、最大利用限度額500万円というライフカード、ポイント還元率が1.0%の楽天ビジネスなど、個々の突出したステータスはゴールドやプラチナを凌駕することだってあるのです。

 

勝るステータスはあるものの、全体的なステータスはゴールドやプラチナに軍配が上がります。
あなたが「法人カードに求めるもの」を見直し、それに特化した一般法人カードがあれば、利用する価値が十分にあるでしょう!

 

 

 

ポイントやマイルといったお得なサービスを付帯

おすすめポイント3

 

法人カード利用者の誰もが求めるサービス、それが「ポイント・マイル」ですよね。

 

法人カードで決済をしたときの金額に応じてポイントを得られるこのサービス。
たくさん貯めれば商品券や優待サービスを受けられ、それが経費削減へと繋がることもあります。

 

そんなポイントサービスを、一般ランクの法人カードも備えているので利用することができます。

 

一般法人カードは年会費が安いため、ポイントで元を取るのも簡単。
そのため、ただでさえ安い年会費を払うことなく使い続けられるのでおすすめ。

 

一般ランクにはポイント還元に突出した法人カードがございます。
例えば楽天ビジネスカードは、法人カード全体の中でも1・2位を争うポイント還元率の持ち主
そのため、貯まりやすさにかけてはどの法人カードよりも優れていておすすめです。

 

また、UCカードという法人カードは、ポイントプログラムの名前が「永久不滅ポイント」
つまりポイントに有効期限がないので、少ない決済額でもゆっくり貯めたい方におすすめの1枚です。

 

会社で生じた支出をポイントに還元するのは、経費削減を考える会社にとってはとても大切。
年会費が安くて利用しやすいのでぜひご検討ください。

 

 

 

会計業務を最適化し、経費削減へ

おすすめポイント4

 

法人カードには、使用履歴をWeb上にデータでまとめてくれるサービスがあります。
そのため、会社で生じた支出を法人カードで処理することによって、会計管理の効率化を図れます。

 

また、自動でデータにしてまとめてくれるので、経費精算の手間は省け、精算にかかる時間・精算をおこなう方の人件費を削ることが可能

 

こういった会計業務の効率をアップさせ経費削減を図るのであれば、以下のような法人カードの特性が重要になります。

発行枚数 法人カードを利用できる人数を増やし、データ管理で使用履歴を集約化させる
利用限度額 利用者が増える分、使うのに困らないだけの限度額設定が必要
年会費 複数枚の発行をおこなっても負担にならない金額の年会費

 

そしてこの条件を達成できるのが、ゴールドやプラチナではなく一般法人カードだけなのです!

 

会計業務の効率化を図りたいが、ゴールドやプラチナを所持したいあなた。
そんなときはメインとなる方(社長・役員)の法人カードはゴールドやプラチナに、そして普通社員への法人カードを一般ランクと分けることで、法人カードによる業務改善が可能です!

 

 

 

当サイトのおすすめ一般法人カードカードランキング!

 

以上、一般法人カードの知って得する4つのおすすめポイントでした!

 

一般ランクは、付帯サービスを理解することで各法人カードの便利な部分が分かります。
ポイントが貯まりやすい・保険サービスが手厚い・経費処理が図りやすいなど、あなたが法人カードを何を求めるかによって選ぶべき一般法人カードは変わるので、ニーズに合った1枚を取得していただきたいと思います。

 

当サイトでは、ここまで読んでいただいた方のために、おすすめの一般法人カードを紹介しています。
ゴールドやプラチナにも引けを取らない、ビジネスサポートに長けたおすすめの一般法人カードですのでぜひご覧ください。

 

一般法人カード比較ランキング