ボーナスマイルによる付与がたくさん!JAL法人カードCLUB-A

日本航空が発行するマイル用カード!JAL法人カードCLUB-A

(最新更新日:2018年8月16日)

 

日本航空が作る、本家JAL法人カード「CLUB-A」。
フライト時に利用することで25%ものマイルをボーナスとして貰える、嬉しい法人カードです。

 

ボーナスマイルはそれだけでなく、入会時と継続利用時にも付与!
そのため、使い続ければずっとボーナスJALマイルを貰える法人カードなのです。

 

今回は日本航空が自ら発行する、JAL法人カードCLUB-Aを紹介します!
果たしてどれぐらいのマイルを貯められるのか、JAL法人カードの性能をぜひご覧ください。

 

 

 

たくさん貯めるなら、普通カードよりもこちらがお得?

 

JAL法人カードには、今回紹介するCLUB-Aの他に「普通カード」と区別されるものもあります。
こちらの方が年会費が2,000円とお得ですが、ボーナスマイルの加算が少ないというデメリットが。

 

マイルを貯めるためにJAL法人カードを使うのだから、ボーナス付与の多いCLUB-Aの方がおすすめ!
そんなJAL法人カードCLUB-Aの特徴がこちら。

 

券名 JAL法人カード CLUB-A
券面
申請対象 法人 / 個人事業主
年会費 10,000円
JALマイル還元率 -
旅行傷害保険 最高5,000万円

 

 

 

経費から貯められない!?申請条件も厳しい1枚…

 

結論からいうと、この法人カードを使うメリットは正直ありません。
というのも、JAL法人カードCLUB-Aではショッピングマイルが付かないからです!

 

法人カードとは、経費の支払いに利用するのが一般的。
この経費が一個人の請求とは比較にならない額なので、還元サービスと相性が良しとされています。
しかし、事もあろうにこの経費からマイルを貯められないのがJAL法人カードなのです。

 

「でも、ボーナスマイルがあるじゃないか!」という声もあることでしょう。
確かに、フライト時にマイルが25%加算されるのは魅力的ですが、それだけなのです。

 

結局、JAL法人カードCLUB-Aでマイルを貯めるときは航空券を買う訳で、それをショッピングマイルが貯まる法人カードで購入すれば、ボーナスマイルもそこまで魅力的とはいえません。

 

また、JAL法人カードCLUB-Aの申請条件には、以前このような表記がありました。
「原則として日本国内に所在し、業歴5年以上で黒字決算の法人(団体・個人事業主を含む)」
数々の法人カードを比較した当サイトから申し上げると、正直この申請条件は厳しいと思います。

 

ネット申し込みが一般的な現代において、未だ電話対応というのも面倒ですね。
理由はあるのでしょうが、メリットの多い法人カードでなければ、進んで申し込むことはないでしょう。

 

 

 

効率よく貯めるなら、高還元率のセゾンプラチナがおすすめ!

 

もしJALマイルを貯めるなら、本家法人カードより「セゾンプラチナ・アメックス」の方がおすすめです。

 

こちらは、JALマイル還元率が最大1.125%にもなる最強の法人カード!
もちろんショッピングからマイルを集められるので、経費の支払いでたくさん貯められます。

 

マイルもさることながら、トラベルサービスも充実しているセゾンプラチナ・アメックス。

 

保険サービスでは、国内で5,000万円、海外では1億円と、JAL法人カードの2倍の最高補償を付帯。
また空港ラウンジが使える他、プライオリティパスを無料で作れるなど、嬉しいサービスが目白押し!

 

そんなセゾンプラチナは年会費が20,000円なのですが、年間利用額が200万円を超すと半額になります。
そのため、JAL法人カードCLUB-Aと年会費も変わらないのです!

 

また審査についても、プラチナランクながら通りやすいとの口コミを多数見かける法人カードです。

 

コスパもよく、JALマイル還元率が高レートのセゾンプラチナ・アメックス。
JALマイルを効率よく貯めるなら、ぜひこちらの法人カードをご検討ください!

 

クイック申し込み