気になるJCB法人カードの限度額について徹底比較してみました。

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 限度額を徹底比較!JCB法人カード

    画像:JCB限度額

    経費削減のため導入される方も多く、利便性の高い法人カード。
    その中でも日本ブランドとして名が高いのが、JCB社が発行するJCB法人カードです。

    JCBの法人カードは、キャッシュバック型のものを含めると全6種類存在
    それぞれ会社の規模や利用用途に合わせて選ぶこともできますが、基準としてしっかりと把握しておきたいのが、カードの利用限度額ですよね。

    法人カードの利用限度額は最初から上限が決まっているものがほとんどで、JCB法人カードの限度額もある程度決まっています。


    あらかじめ法人カードの限度額を把握しておかないと、思ったよりも限度額が少なく、予定金額での支払いができなくなるということにもなりかねません。
    そこで、JCB法人カードの導入をご検討されている方のために、JCB法人カード全6種の限度額を比較し、サービスの詳細についてもまとめてみました。



    JCB法人カードの種類

    画像:JCB限度額

    まずは、6種類あるJCB法人カードを一枚ずつご紹介したいと思います。

    JCB法人カード

    JCB法人カードは、法人、個人事業主のどちらにも適した法人カード。
    引き落とし口座として法人口座(個人事業主の場合は個人口座)が設定でき、追加カードの発行も可能です。

    JCB一般法人カード


    JCBビジネスカードの中で一番コストパフォーマンスが良く、スタンダードな一枚。
    ポイント還元もついています。


    JCBゴールド法人カード


    特別感を得たい、保証サービスが欲しいという人におすすめなのがJCBビジネスゴールドカードです。
    年会費は10,000円。一般カードの機能に、さらに保険付帯がついた法人カードです。

    JCBプラチナ法人カード


    法人カードの中でも一番ランクの高いプラチナランクの法人カード。
    年会費は30,000円とプラチナランクの法人カードにしてはリーズナブルで、コンシェルジュサービスなどいった付帯サービスも充実しています。


    ビジネスプラスカード

    JCBビジネスプラスの法人カードは、ポイント還元の代わりに、キャッシュバック機能が搭載された法人カード。
    月々、利用金額の最大3%(上限15,000円)がキャッシュバックされます。

    同法人カードは、法人と個人事業主、両方の申し込みが可能です。

    JCBビジネスプラス 一般カード


    年会費は1,250円。JCB一般ビジネスカードのポイント還元がキャッシュバックになっているタイプの法人カードです。



    JCBビジネスプラス ゴールドカード


    10,000円の年会費で利用できるキャッシュバック型のJCBゴールド法人カードです。キャッシュバック以外の機能は、JCBゴールドビジネスカードと変わりません。


    コーポレートカード

    コーポレートカードは、大企業向けの法人カードです。
    代表、社員などにカードを発行し、それぞれが使った金額を一括で法人口座から支払うことができます。

    JCBコーポレートカード



    年会費は30,000円。
    海外・国内問わず旅行傷害保険が最大5,000万円まで補償されるという特徴があります。



    限度額を比較

    画像:JCB限度額

    JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード

    利用限度額:10万〜100万円

    利用限度額:50万円〜250万円

    利用限度額:初月150万円〜

    JCBビジネスプラス 一般 JCBビジネスプラス ゴールド JCBコーポレートカード

    利用限度額:10万〜100万円

    利用限度額:50万円〜250万円

    利用限度額:審査による




    スペック比較

    画像:JCB限度額

    カード名 JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
    券面 画像:JCB限度額 画像:JCB限度額 画像:JCB限度額
    年会費 1,250円 10,000円 30,000円
    限度額 10万円〜100万円 50万円〜250万円 初月150万円〜
    ポイント還元 Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント
    キャッシュバック
    マイル還元 ANA/JAL 0.30% ANA/JAL 0.30% ANA/JAL 0.30%
    国内旅行障害保険 最高5000万円 最高1億円
    海外旅行障害保険 最高1億円 最高1億円
    コンシェルジュ
    総合評価 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆

    カード名 JCBビジネスプラス 一般 JCBビジネスプラス ゴールド JCBコーポレートカード
    券面 画像:JCB限度額 画像:JCB限度額 画像:JCB限度額
    年会費 1,250円 10,000円 30,000円
    限度額 10万円〜100万円 50万円〜250万円 審査による
    ポイント還元
    キャッシュバック
    マイル還元
    国内旅行障害保険 最高5000万円 最高5000万円
    海外旅行障害保険 最高1億円 最高5000万円
    コンシェルジュ
    総合評価 ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆

    全6種類のJCB法人カードを比較してみました。いかがでしたか?

    この6種類の中で、特に法人利用におすすめなのはJCBゴールド法人カードJCBプラチナ法人カードになります。

    利用限度額は一カ月に50万〜250万円ほどと、一カ月の利用額にしては多いといえますし、うまくポイント還元を利用すれば年会費分の費用を回収することも可能です。

    プラチナ法人カードにおいては、交渉次第で限度額を引き上げることができます。

    費用回収の面でいえば、キャッシュバック機能のあるビジネスプラスカードも魅力的ではあるものの、ポイント還元やマイル還元が利用できないことからおすすめカードにはなりませんでした。

    おすすめさせていただいた2枚の法人カードの詳細な内容は、以下から見ることができます。
    JCB法人カードの導入に興味がある方は、ぜひご覧ください。

    JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード

    また、JCB以外の法人カードや限度額を比較したいという方は以下のページがおすすめ。
    様々なジャンルで法人カードをランク付けし、ご紹介しています。

    法人カードおすすめ比較サイト