所持している法人カードの解約方法とその際の注意点をお教えします

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 法人カードはどうやって解約するの?注意することは?

     

    法人カードの解約方法と、その際に確認すべきことをご紹介します!

     

    法人カードを解約しようにも、その方法がわからない方も多いのではないでしょうか?

     

    クレジットカードの解約方法はわかりやすく書いてあるものの、法人カードとなると記載が少しわかりづらい公式サイトも珍しくありません。
    様々な法人カードの公式サイトを調査してみたところ、すぐにわかるような記載があった発行会社は半分ほどでした。

     

    そうなると、恐らく法人カードの解約方法の情報を探し求める方も少なくないのでないでしょうか?

     

    そこで、当ページでは法人カードの解約方法をご紹介!
    また、法人カードを解約する際に確認しておくべきことや事前にすべきことなども併せてご紹介します。

     

     

     

    解約は電話一本でもできる!?

     

    法人カードは、基本的には裏面に記載しているコールセンターの電話番号に問い合わせ、解約の旨を伝えればカンタンに手続きが進みます
    いくつか問い合わせ先を設けている法人カードも存在するので、住んでいる場所やカードランクなどをしっかりと確認しましょう。

     

    しかし法人カードによっては、Webサイトから退会申込書をダウンロードし、記入後に送付するなどの解約手続きを踏む場合も。
    電話一本で解約できる法人カードと比較すると、少し手間に感じるかもしれませんが仕方ありません。

     

    法人カードが不要になっているにも関わらず解約せずに所持していては、年会費が無駄に掛かってしまうなどのデメリットもあります。
    もし、法人カードを解約すると決めたのであれば、できる限り早く手続きを行うようにしましょう。

     

    各法人カードの発行会社のお問い合わせ先一覧はこちらから

     

     

     

    ちょっと待った!手続きの前に確認しておくべきこと

     

    「法人カードの解約を決断!」
    しかし、その前にしっかりと法人カード周りの確認は行いましたか?

     

    法人カードを解約する場合、まず貯めていたポイントは全て失われてしまいます
    そのため、まだ法人カードのポイントを消費していないのであれば、解約前に使用されることをおすすめします。

     

    そこまでたくさんのポイントが貯まっていないのであれば、ポールペンや印鑑など比較的安く済む商品と交換しても良いのではないでしょうか?

     

    また、その法人カードで利用した額が全て支払い終わっているかも確認する必要があります。

     

    こちらについては、法人カードを解約する際、未返済であっても解約できないということはありません。
    しかし未返済のものに関しては、解約時に一括での返済が求められます。
    特に分割払いやボーナス一括払い、リボ払いなどは存在を忘れて解約してしまうと、一気に請求が来るので気を付けてください!

     

    加えて、解約する法人カードが何かしらの支払い先に指定されていないか、しっかりと確認しておきましょう。

     

    解約する法人カードが支払い先に指定されたままになっていれば、その後支払いが滞るのは当然のこと。
    そのまま放置していると、督促状が送られてくるなど支払い先との信頼を失いかねません。

     

    公共料金などの支払いを滞らせてしまっては、最悪の場合ライフラインが止まり業務に支障をきたす可能性もあるので、法人カードの解約時には注意が必要です。

     

     

     

    新しい法人カードを事前に準備しておきましょう

     

    公共料金などの定期的な支払いを滞らせないためにも、法人カードを解約する前に新たに別の法人カードを用意しておくことをおすすめします。
    新たな法人カードを支払い先に指定しておくことで、旧法人カードを解約しても定期的な支払いには何の影響も及びません。

     

    また、解約する1,2ヵ月前から新たな法人カードを発行しておけば、旧法人カードでの支払いをクリアにすることができます。

     

    解約する1,2ヵ月前から新たに発行した法人カードのみを使い、旧法人カードの請求をしっかりと支払っていれば請求額は0円になるはず。
    そうなれば、不要になった旧法人カードを解約する際、1度に数ヵ月分の請求がまとまってくるようなことはありません。

     

    しかし、旧法人カードで複数回に分けるような支払い方法を取っていた場合、その請求が解約時にまとまってくるので注意しましょう。

     

    もし解約前に新たな法人カードを探すという方は、ぜひこちらから探してみてください!

     

     

     

    各社のお問い合わせ先はこちらから

     

    解約する際、連絡する必要のあるお問い合わせ先を、当サイトでの露出が多い法人カードごとにまとめてみました。
    アナタが所持している法人カードを探し、そちらに連絡して解約する旨をお伝えください。

     

    カード名 電話番号 対応時間
    JCB法人カード 0120-392-739 9:00〜17:00
    日・祝・年末年始休
    0570-064-022(携帯)
    三井住友カード 0570-004-980 9:00〜17:00
    12/30〜1/3休
    セゾンプラチナ 0120-023-020 24時間年中無休
    03-5996-1323(携帯)
    セゾンパール 0570-064-009 9:00〜17:00
    1/1休
    03-5996-1534(携帯)
    ライフカード 045-914-7003 8:00〜23:00 年中無休
    アメックス・ビジネスゴールド 0120-941780 9:00〜17:00 / 土日祝休
    オリコカード 脱退(解約)届を印刷&提出

     

    解約した理由が「自分に合わなかったから…」であるならば、別の法人カードを探してみてはいかがでしょうか?

     

    今回解約まで至った法人カードが、アナタにたまたま合わなかったのかもしれません。
    解約までしたものの、実際法人カードがなくなると不便に感じる部分もあるかと思います。

     

    アナタが法人カードを検討しようと思うのであれば、当サイトが全力でサポートいたします。
    ランキングからおすすめまで、法人カードに関するあらゆる情報を掲載しているので1度見てみては?

     

    法人カードを探す