役職変更や改姓など、名義変更が必要になった法人カードの処理方法

法人カードの名義変更手続きについて

法人カードで名義を変更する方法

会社の法人カードを所持する人物が変更になった際、必要となるのが法人カードの名義変更
法人カードの名義欄には、法人名でなく個人名を記載することが定められています。

そのため、カード保有者が変更になった場合には個人名の変更がかならず必要です。

法人カードにおいて名義変更が必要になる状況は、代表取締役の変更、女性の結婚による改姓、人事異動などによる役員の変更などが主な理由。

上記のような理由で法人カードの名義変更が必要になったら、どのような手続きが必要なのでしょう?
ここでは、法人カードの名義変更の手続き方法について紹介します。





名義変更するのは大変?

法人カードで名義を変更する方法

法人カードは法人向けのクレジットカードですが、会社名ではなく、カードを所持する人間(基本的に代表取締役)が名義人になります。

名義人となる個人が法人カードと紐づいているため、何らかの理由で名義が変わる場合は、名義変更手続きを行う必要があります。
個人クレジットカードの名義変更ですら、面倒な手続きが多いのに、法人カードの場合はもっと大変なのでは...とお思いのアナタに朗報です。
実は法人カードの名義変更は、電話1本、書類1枚の送信でカンタンに完了できるのです!





変更するには何が必要?

法人カードの名義変更の方法

手続きの方法は様々ですが、一般的にはサポートデスクでの電話連絡後、変更用の書面を取り寄せて送るという方法が主流です
(法人カードの発行会社によっては、書面やweb上のみで完結するものもあります。)

所持している法人カードの発行会社が指定する連絡先に連絡し、その指示に従って必要情報を伝えれば会社宛てに必要書類が届きますので、その情報を送り返すのみで名義変更は完了となります。

発行会社によっては、個人用のクレジットカードのサポートセンターと法人カードのサポートセンターが別になっているケースもありますので、まずは自分の持つ法人カード会社の案内をチェックしてみましょう。



名義人の変更に際して必要な情報

法人カードの名義変更

  • 法人カード専用デスクへ名義変更の旨での電話連絡(本人)
  • 法人カード専用ページから専用諸変更届を取り寄せる
  • 必要書類の記入と送付

POINT:法人カード名義変更の旨を電話で連絡する際、名義変更人(既存の名義人)本人が電話をかける必要があります。
特に代表取締役の名義変更をする際は、変更前の代表取締役本人でなければ名義変更を取り合ってもらえない可能性がありますので注意が必要です。





他に変更する必要のあるものは?

法人カードの名義変更

法人カードの名義人が何らかの理由で改名になった場合には、法人カードの名義変更が必要になることが分かったと思います。

となると、電気代、水道代、家賃などといった法人と契約している公共料金を法人カード決済で支払っていれば、そちらに対しても名義変更手続きなどが必要になるのでは?という疑問を持つ方が多いようです。

結論から言うと、それら公共料金の契約については、名義変更手続きする必要がありません。
公共機関は個人ではなく会社と契約を結んでいることが理由となります。





これを機に別の法人カードに乗り換えるのもおすすめ

法人カードの名義変更

法人カードの名義変更を期に、別のカードに乗り換えるというのも手かもしれません。

法人カードというのは一度契約をすると、継続的に使用することになるので、中々法人カードを乗り換えられずにいる方も多いようです。

確かに変更のタイミングが掴みづらい法人カード。
この名義変更を機に新しいカードを検討してみてはいかがでしょうか?

契約当時はなかったカードや、期間限定でとてもお得なプロモーションがある法人カードもありますし、契約時と比べると会社の規模も各段に変わっていることだと思います。
改めて自社にあった法人カードを探し、より恩恵をもたらすカードを見つけてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、25種類以上の法人カードを比較し、紹介しています。
各カテゴリー毎におすすめの法人カードをランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。


法人カードおすすめ比較サイト