個人名義が法人クレジットカードに適応される理由とその注意点

個人名義でも法人カードとして機能する?

個人名義の法人カードについて

法人カードを発行してみたら、カードに印字されている名義が法人名ではなく個人の名義だった。そんな経験されていませんか?

口コミを見ていると、法人カードの名義が個人名義になることに不安になっているという方も多くお見かけします。

法人カードなのに個人名義で大丈夫なのか?
個人口座の引き落としが発生するのか?
個人名義のカードを使ったら、法人としての支払いにならないのではないか?


ここでは、上記のような法人カードの疑問を解説していきます。





法人カードは個人名義でOK



結論から言うと、法人カードは個人名義で発行されても全く問題ありません。

その法人に属する人間であれば個人名義でも問題はなく、そもそもカードに個人名義が記されていないと使用することすらできません。

法人カードの名義が個人名義であるべき理由。
それは、法人カードの支払いの際、必ず法人に属する個人が手続きを行うことになるからです。

カードの使用権は法人全体ではなく個人にあるため、個人が支払い手続きし、署名をする必要があります。
そのためカード使用者である、個人名義が法人カードに記載されている必要があるのです。


法人名を署名してはいけない


法人カード決済の際にサインを求められた際は、個人名を書くようにしましょう。
もしこの決済時に法人名を書いてしまうと、他の支払いとの区別をつけることができませんし、そもそもカードの使用ができません。

しっかりと個人の署名がないと、後々支払い履歴を確認した際、だれがいつどれくらいの値段を法人カードで利用したのかわからなくなってしまいます。

また、法人カードの使用時には、名義人である個人が署名をすることが義務付けられています。
問題を避けるためには、カードに書かれている個人名義人がサインをする必要があるのです。





引き落とし口座について



法人カードの名義が個人名義であっても、特に断りが無い限り、引き落とし口座はその個人が属する法人の法人口座になります。

メインカードに代表取締役、追加カードに社員A、社員B、社員C…と複数のカードに対してそれぞれ名義人がいても、すべてのカードにおいて引き落とし口座は法人口座となります。

個人名義だからといって、必ず個人の口座から引き落としが発生するということではありません。

ただし、会社から福利厚生として支給される個人決済型法人カードではその限りではなく、
年会費は法人が払ってくれるケースが多いようですが、個人的な支払いは当然個人で行う必要がありますので注意が必要です。


法人経費の支払いなら法人カード



ここでは、法人カードが個人名義である理由と注意点について解説させていただきました。

支払いの際に利用するだけで、経費として支払いができる法人カードは経理の効率化には欠かせません。

当サイトでは、事業の効率化に最適の優秀な法人カードを多数ご紹介しています。

ぜひ、法人カード導入の際には参考にしてみてください。


法人カードおすすめ比較サイト