個人名義が記載される法人クレジットカード、その理由と注意点とは?

法人クレジットカードに個人名義が書かれているのはどうして?

 

「法人クレジットカードを発行してみると、印字された名義が法人ではなく個人だった。」
そんな経験されたことはありませんか?

 

会社の所有物である法人クレジットカードに個人名義が書かれていると、なんだか不安になりますよね。

 

実は法人クレジットカードの名義が個人名義であることは何も問題ありません
しかし安心といわれても、理由についてはしっかりと把握しておきたいですよね。

 

そこで今回は…、

  • 法人クレジットカードなのに個人名義で大丈夫なのか?
  • 個人口座での引き落としが発生するのか?
  • 個人名義の法人クレジットカードを使ったら、会社の支払いにならないのか?

 

といった、法人クレジットカード利用者の間でも思う方が多いこれらの疑問を調査していきます!

 

 

 

個人名義で何も問題はありません!

 

法人クレジットカードは個人名義で発行されても全く問題ありません
法人クレジットカードを使用する会社に属する方であれば問題はなく、そもそも個人名義が記されていないと使用することはできません

 

個人名義であるべき理由は、支払い時に必ず法人に属する方が手続きをおこなうからです。

 

使用権は会社ではなく個人にあるため、個人が支払い手続きし署名をする必要があります!
そのため、法人クレジットカードを使用する方の個人名義が記載されている必要があるのです。

 

 

署名には、記載された名前を使いましょう

 

法人クレジットカード決済の際にサインを求められたら、個人名を書くようにしましょう!
個人名ではなく法人名を書いた場合、使用できないことがあるので注意が必要です。

 

またしっかりと個人名義による区別ができないと、後々支払い履歴を確認した際に「だれがいつどれくらいの値段のものに利用した」ということが分からなくなってしまいます。

 

法人クレジットカードの使用には、名義人である方の署名が義務付けられています
そのため、しっかりと法人クレジットカードに書かれている個人名義人がサインをしましょう。

 

 

 

引き落とし口座について

 

「個人名義だと、引き落としは個人口座なの?」という疑問を持つ方が非常に多いですが、基本的には会社の法人口座から引き落とされるので安心してください!

 

メインカードに代表取締役、追加カードに社員A、社員B、社員C…と複数の法人クレジットカードに対してそれぞれ名義人がいても、すべてにおいて引き落としは法人口座となります。

 

個人名義だからといって、必ず個人口座から引き落としが発生するという訳ではないのです。

 

ただし、基本的には法人口座からの引き落とされますが、会社から福利厚生として支給される法人クレジットカードの中には個人決済型のものもあります。
年会費は会社が払うケースが多いですが、私的な使用の支払いは当然個人がおこなう必要があるので注意!

 

 

 

経費処理には法人クレジットカードがおすすめ!

 

「法人クレジットカードが個人名義である理由」はいかがでしたか?
少し分かりにくい内容だったので噛み砕いて解説したのですが、分かっていただけたのなら幸いです。

 

法人クレジットカードを決済で使用すれば、経費として処理できるだけでなく管理も楽になるので、経理の効率化を図るのには欠かせないという企業も増えています。

 

そんな法人クレジットカードについて、当サイトでは「事業の効率化」を図れる優秀なものを揃えたランキングがあります!
あなたに合った1枚が見つかるよう優秀なものだけを厳選して選んでいるので、導入の際はぜひ参考にしてみてください。

 

法人クレジットカード比較ランキング