おすすめの二枚目に最適な法人カードをご紹介致します!

二枚目に持つ法人カードのおすすめの選び方とは?

(最新更新日:2017年9月17日)

二枚目のおすすめの選び方

 

現在、利用している法人カードのサービス内容に満足していますか?

 

当然ですが、各法人カードよって付帯されるサービス内容は異なります。

 

現在のカードには満足しているものの、今のカードにはない付帯サービスを使用したい!という要望をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

今回はそんなアナタのために「二枚目に持つ法人カードの選び方」についての記事を書いてみました。

 

このページをお読みの方の中には二枚目のカードを持つことにより、負担が大きくなるというイメージがあるかもしれません。
しかし、きちんと自分のニーズに合った法人カードの選び方を理解し、二枚目のカードを所持することで様々なメリットを得ることが可能です。

 

では早速、二枚目の法人カードの選び方について解説していきたいと思います。


二枚目のおすすめの選び方


二枚目の法人カードの選び方とは?

 

法人カードには、「プロパーカード」と「提携カード」の2パターンございます。

 

「プロパーカード」とは、クレジット発行会社が自社で発行している「自社ブランドのカード」のことです。
一方、「提携カード」とは、企業がクレジットカード発行会社と提携している「他社の機能を取り入れた法人カード」の事を言います。

 

もし、二枚目の法人カードを持つ場合、一枚は「プロパーカード」、もう一枚は「提携カード」をそれぞれ一枚ずつ持つのが効果的!
上記の二枚の法人カードには、それぞれ特徴やメリットがございます。

 

では、二枚目の法人カードをもつ3つのメリットをご紹介いたします!

 

法人カードの二枚目を持つの選び方と3つのメリット

二枚目のおすすめの選び方

 

現在、会社内でのお買い物や交通費などで利用されている法人カードには、国際ブランド会社(JCB,VISA,AMERICAN EXPRESS, etc...)が自社で発行している「プロパーカード」と、一般企業が国際ブランド会社と提携し、発行している「提携カード」の2パターンございます。

 

では、二枚目に持つべきな法人カードは一体どちらなのか?

 

そこで、当サイトがおすすめしているのは、「プロパーカード」と「提携カード」をそれぞれ一枚ずつ持つことです。
上記の二種類のカードにはそれぞれメリットがございます。

 

【メリットその1】特典・付帯サービスのバリエーションが増える

二枚目のおすすめの選び方

 

法人カードの二枚目を持つことによって、カード毎に付帯されていない特典や付帯サービスを補い合えます。
基本的に経費の精算や少量の社内での事務用品の買い物等の利用のみ方であれば、必要ないと思いますが、出張頻度の多い方や接待や福利厚生などで交際費での利用の多い方にとってはおすすめの利用方法です。

 

【メリットその2】使用用途によってポイントが貯まりやすくなる

二枚目のおすすめの選び方

 

メインでご利用されている法人カードで対応していない部分で、二枚目のポイントプログラムで足りない部分を補うことができます。
二枚目を持っている方で、ポイントの獲得を理由とされている人も少なくないのではないでしょうか。

 

【メリットその3】限度額の幅が広がる

二枚目のおすすめの選び方

 

月々の利用額が高く、メインで利用しているカードの限度額を超えてしまうという方も中に入るでしょう。
二枚目を持つことによって、限度額の幅を補うことができます。
限度額を増やしたいということで、二枚目を持ちたいという方がとても多いです。

 

二枚目の法人カードを持つ際に確認すべき注意点

二枚目のおすすめの選び方

 

上記のように二枚持ちをすることによって、たくさんのメリットがあることがお分かりいただけたでしょうか?
ただし、複数枚のカードを持つという事は、メリットがあると同様に、注意点もいくつかございます。

 

では、どのような注意点があるのか?
「二枚目を持つ際に確認すべき注意点」を見ていきましょう!

 

各カードの毎月の使用状況を把握すること

二枚目のおすすめの選び方

 

二枚持ちをするという事は、明細書の管理も多くなります。
「一枚目の利用額がいくらなのか?」、「二枚目はいくら分利用可能なのか?」など、しっかり各カードの利用状況を把握することが大事です。

 

入会する前にしっかりと各カードの詳細を調べること

二枚目のおすすめの選び方

 

二枚目をお申込みする際に必ず、詳細内容しっかり把握した上でお申込みして下さい。
例えば、一枚目の年会費が高額なゴールドランクで、二枚目もゴールドランクを選んでしまうと、月々にかかる年会費が倍以上になってしまう可能性があります。
その他にも、あまり利用しない特典や付帯サービスが付いていたり、一枚目とサービス内容が被ってしまったりしてしまい、二枚目に持つカードで得られるメリットが少なくなってしまいます。
二枚目を持つ際は、事前にしっかりとカード内容を把握し、お申込みすることをおすすめします。

 

盗難・紛失された際に気づきにくいこと

二枚目のおすすめの選び方

 

二枚目を持つのであれば、リスクが大きく増すわけではありませんが、普段からメインで利用していない二枚目のカードを盗難や紛失された場合、気づきにくくなるという声をよく耳にします。
基本的に、二枚目のカードを持つ際は、別々の国際ブランドのカードを持つことによって、状況に応じた使い分けができます。
しかし、紛失や盗難に合った際に手続きとてもかかることも事実です。
盗難や紛失に巻き込まれた時にスムーズに対応したいという方であれば、カード発行会社別々ではなく、統一することをおすすめします。

 

【まとめ】当サイトがおすすめする二枚目に持つべき最適な法人カード

二枚目のおすすめの選び方

 

当ページ「二枚目に持つ際におすすめする法人カードの選び方とは?」を最後まで読んでいただきありがとうございます。
二枚目のカード持つ事によって得られるメリットや注意点などお分かりいただけたでしょうか?

 

上記で説明させていただいた注意点を踏まえて、ご利用される際はしっかりとした管理が必要になります。
以上の事をしっかりできていてれば、二枚目を持つメリットによって、ポイント貯蓄の効率化、特典・付帯サービスや限度額などの幅を広げる事ができ、使い方次第でビジネスライフがより快適になる事でしょう。

 

では最後に、二枚目持つべき当サイトおすすめの二枚をご紹介いたします。

 

JCB一般法人カード(JCB)

二枚目のおすすめの選び方

 

二枚目におすすめが、「JCB一般法人カード」。
年会費も安く、法人カード初心者の方には、大変使いやすい法人カードです。
「VISA」と提携しているので、VISA専用のビジネス面やレストラン・ホテルでの優待サービスも受けられます。

 

「JCB一般法人カード」にご興味ある方!

▽下記の詳細ページをご参照ください▽

詳細はこちらへ

 

【二枚目】オリコExGoldForBiz(MasterCard)

二枚目のおすすめの選び方

 

次に、二枚目に持つおすすめは、「オリコExGoldForBiz」です。
ゴールドランクにもかかわらず、年会費が2,000円(税抜)と大変リーズナブル。
特典や付帯サービスはゴールドランク並みで、コストパフォーマンスがとても良く、多くの方にご利用されています。
二枚持ちの方には大変おすすめです。

 

「オリコExGoldForBiz」に興味のある方!

▽下記の詳細ページをご参照ください▽

詳細はこちらへ