信頼と実績、ステータスで選ぶならJCBプラチナ法人カード

インビテーション不要!信頼・ステータス・サービスが揃った「JCBプラチナ法人カード」

(最新更新日:2017年9月17日)

JCBプラチナ法人カードについてのイメージ


高いステータス性と高品質のサービスを求めるならプラチナ法人カードを検討しましょう。

JCBプラチナ法人カードは、信頼性・ステータス・サービスともにハイレベルなプラチナ法人カードです。 長年業界のトップを走り続けてきたJCBの法人カードの中でも別格のサービスを提供しています。

ここでは、JCBプラチナ法人カードが提供する具体的なサービスや特典、メリットについて解説しています。

申込みをご検討中の方、下記の公式サイトをご参照下さい!

お申込みはこちらへ



カードの詳細概要

国内クレジットカード最大手のひとつであるJCB。JCB法人カードには、一般法人カード、ゴールド法人カード、プラチナ法人カードを提供しています。

プラチナカードは最もスペックが高く、きめ細やかなサービスが受けられることに加え、持っているだけでもステータスになるカードです。

しかし、年会費は高めに設定されており、カードを発行するためには厳しい審査をクリアしなければならないので、申し込んだからといって必ずしもこのカードを取得できるわけではありません。

ここでまず、JCBプラチナ法人カードのスペックを見てみましょう。
カード名 JCBプラチナ法人カード
券面
ポイントプログラム名 OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.48%
発行対象 法人・個人事業主
発行期間 約2週間
初年度年会費 30,000円(税抜き)
次年度年会費 30,000円(税抜き)
追加カード初年度年会費 6,000円(税抜き)
追加カード次年度年会費 6,000円(税抜き)
利用限度額 公式サイト参照
締日支払日 -
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 年間最高500万円
空港ラウンジ
プライオリティパス
ETCカード 無料で発行
ANAマイル還元率 0.30%
JALマイル還元率 0.30%



得られるメリットとは?!

プラチナカードという言葉を聞いて、大方の人がイメージする高級なイメージと違わず、ゴールドカードまでのカードとは一線を画したサービスが提供されます。ここでは、JCBプラチナ法人カードを選ぶと得られるメリットをご紹介していきます。

メリット1:限度額は入会時点で150万円以上
法人カードを検討する際に最も重視すべきことの一つが限度額です。

法人カードの発行はできたけれど、限度額が全然足りないという事態になってしまった場合、まとまった額の決済ができずにビジネスが滞ってしまったり、限度額が足りないがゆえに複数枚のクレジットカードを所持することになり、経費の管理が煩雑になったりする可能性も大いにあります。

この点、JCBプラチナ法人カードならば入会時の最低保証限度額が150万円と高く設定してあるので、安心してビジネス決済を行うことができます。

メリット2:24時間365日対応してくれるプラチナコンシェルジュ
年中いつでも、どんな事でも相談を出来るサービス。このサービスは、年中無休で終日さまざまな相談を持ちかけることができ、仕事の交通手段や宿泊に関することに留まらず、プライベートな旅行などにも対応してもらえます。

例えば国内外において、ホテルや航空券、電車やタクシーなどの予約・手配、レストランやゴルフ場の予約などを専任のコンシェルジュがスムーズに対応してくれます。

メリット3:旅行傷害保険とショッピング保険は最高水準
法人クレジットカードに自動付帯される旅行傷害保険は、国内・海外ともに最高1億円!ショッピング保険も年間最高500万円まで補償してくれます。海外のみならず国内においても手厚い補償が受けられるので、出張時の心配も大きく軽減されますね。

メリット4:プライオリティ・パスが年会費無料で利用可能
通常年会費が399$するプライオリティ・パスが年会費無料で使えます!

世界120カ国以上、約400の都市で約850ヶ所の空港ラウンジが無料で使用できます。ラウンジではWi-Fi、雑誌の閲覧、ドリンクが無料で提供。

飛行機への搭乗前に、混雑するターミナルから離れ、静かでゆったりとした空間でちょっとした仕事をしたりくつろいだり、ゆっくり落ち着いた時間を過ごせるのは、出張の多いビジネスマンにとっては非常に嬉しいメリットではないでしょうか。

メリット5: 有名レストランを優待価格で利用できるグルメベネフィット
国内で厳選された有名レストランの所定のコースを2名様以上で、プラチナ・メンバーズデスクを経由して予約すると、1名様分が無料になる!大事な会食やその他接待で大いに活躍する非常にお得なサービスです。



プラチナカードの審査通過はやはり難しいのか?

高い信頼性とステータスを有し、質の高いサービスを提供するプラチナカードであるのでその審査は厳しいのではないかとお考えの方も多いと思います。

JCBプラチナ法人カードはJCBの最上位ビジネスカードであるので、申し込みの条件や審査基準を明らかにしておらず、そのことで審査は厳しそうという印象が一層強くなっています。

ただ、口コミ情報を見ていると、JCBプラチナ法人カードの審査難易度は、個人向けカードの最高峰である「JCB THE CLASS(ジェーシービー・ザ・クラス)」とほぼ同じくらいであることがわかりました。

「JCB THE CLASS(ジェーシービー・ザ・クラス)」を発行するためには、JCBゴールドカードでの高い利用実績が必要になるので、JCBプラチナ法人カードを発行するためには、JCBゴールド法人カードを取得し、利用実績を高める必要があると判断できます。

「JCBプラチナ法人カード」

JCBプラチナ法人カードのイメージ

お申込みはこちらへ