法人カードの審査に、設立1年目の企業でも通りやすくなる方法を紹介

設立1年目の企業でも、法人カードの審査基準は満たせるの?

審査基準

 

法人カードの審査に、設立1年目の企業でも通るかを解説します!

 

設立から日が浅い企業では、法人カードの審査が通りにくいとされているのをご存知ですか?
個人用と違い、法人カードの場合は会社の信用情報も重要視されているようで、設立年数が1年目といった企業では通らないことがほとんど!

 

ではいったい、どのような企業なら設立1年目でも法人カードの審査に通りやすいのか?
今回は、法人カードが欲しい新設企業のために、審査をパスしやすくなる方法を紹介します。

 

 

 

どうして通らないといわれているの?

審査基準

 

法人カードの審査では、会社の設立年数というのが大きな判断基準と言われています。
これは、日本では約50%の企業が設立4年未満で倒産するというデータがあるため。

 

もしこういった企業に法人カードを発行してしまうと、発行会社は貸し倒れによる損を負うことがあるため、カンタンに発行ができないそうです。
設立1年目の企業では審査が通らないとされているは、こういった背景から。

 

では、法人カードを手に入れるには設立4年目からになるかというと、そんなことはありません!
現に法人カードを利用される方の中には、設立1年目といった方ももちろんいます。

 

次は、設立1年目でも法人カードを手にするため、審査が通りやすくなるといわれる方法を紹介します。

 

会社内に固定電話の回線を引く

審査基準

 

固定電話を引くことで、住所の確認やコンタクトが取れやすくなることから、審査が通る確率が上がるとされています。

 

最近では携帯電話の普及により、固定電話の回線を引かない企業も増えていますが、設立1年目の企業が法人カードを手に入れるなら、契約をされてみても良いかもしれませんね。

 

 

自社のホームページを作成する

審査基準

 

会社の住所や電話番号、それから代表者の名前や資本金が明記された自社ホームページがあることでも、審査で良いとされています。

 

自社ページの作成には、他にも申請フォームでは知ることのできなかった情報を発行会社が知れるというメリットも!

 

設立1年目の企業が信頼を得るのに、ホームページ作成は大きな影響がありそうですね。

 

 

申込書類はできるだけ空欄がないように埋める

審査基準

 

今はネットからの申し込みが増えたため空欄を作る機会は減りましたが、記入できる箇所はなるべく埋めるようにしましょう。

 

上記で挙げた「固定電話の有無」という質問も入力フォームに設置されていることがあるので、埋められる準備をしておくと良いですね!

 

 

 

設立1年目の企業におすすめの法人カード!

審査基準

 

設立1年目の企業が審査により通りやすくなるには、基準の甘いと思われる法人カードを選ぶべき!
今回は、通りやすいとされる法人カードの中から、オリコExGoldForBizを紹介します。

 

こちらは、口コミを見るに設立1年目の企業の方の多くが審査に通ったことが見受けられる法人カード。
独自調査をおこなった際も、申請者の70%が審査に通るという結果を出し、甘い基準と思えた1枚でした!

 

そんな設立1年目の企業でも持てる可能性の高い法人カードですが、非常に優れた性能を持ちます。

 

このオリコExGoldForBizを紹介するうえで欠かせないのが、ポイント還元率!
最高1.1%という法人カード屈指のポイント還元率を誇り、利便性はとても優れています。

 

この法人カードはコスパ面にも優れており、ゴールドランクながらも年会費が相場の1/5である2,000円
しかも、入会特典により最初の1年の年会費が0円になるお得な法人カードです!

 

審査が甘いと思われるだけでなく、設立1年目でも扱いやすい法人カードをぜひご検討ください。

 

詳細を見てみる

 

 

 

こちらで、審査基準に関するランキングも見られます

審査基準

 

設立1年目の企業におすすめの法人カードは以上になります。

 

審査基準が甘いと思われる法人カードを他にも知りたい方は、設立1年目からでも通りそうなこちらのランキングもご覧ください!

 

法人カード審査ランキング