新幹線を効率良く利用できる「エクスプレスビジネスカード」について解説します。

新幹線をお得に利用できる「エクスプレスビジネスカード」とは?

(最新更新日:2017年9月17日)

 

みなさま仕事での移動で「新幹線」を利用したことがありますか?
出張や営業で「新幹線」を利用される際に、「月々かかる新幹線の利用料を抑えたい」「もっと効率よく新幹線を利用したい」など、もっと効率よく利用できないか?と思ったことのある方も少なくないでしょう。

 

そこで今回、もっと効率よく「新幹線」を利用していただくためにご紹介するのが「エクスプレスビジネスカード」です。
「エクスプレスビジネスカード」とは、JR東海が提供しているビジネスカード。
年間いつでも「新幹線」をリーズナブルな価格で効率よく利用できます。

 

それでは、「エクスプレスビジネスカード」の詳細についてみていきましょう!

 

「エクスプレスビジネスカード」とは?

 

「エクスプレスビジネスカード」とは、JR東海が提供している「東京〜博多(東海道・山陽)」の区間で運行する新幹線指定席(普通車)が、年間利用料を年中おトクで「エクスプレス予約」ができるビジネスカード。

 

「こんな人におすすめ!」

・「月々かかる新幹線の利用料を抑えたい人」
・「もっと効率よく新幹線を利用したい人」
・「新幹線の予約・発券をもっと効率よく手続きしたい人」

 

「エクスプレスビジネスカード」のメリット

 

「エクスプレスビジネスカード」を利用することによって得られるメリットをご紹介いたします。

 

「 パソコン・スマートフォン・携帯電話で予約可能!」

パソコン、スマートフォン、ケータイからの楽々操作で、東海道線と山陽線の新幹線で指定席の予約が可能
空席状況次第で、ご希望の座席を予約することができます。

 

「出発日、そして時刻を何度でも変更可能!」

列車への乗車前(改札入場前、きっぷ受け取る前や時刻表に表示される発車時刻前)であれば、オンライン予約変更が可能。
(※予約の変更手数料は無料)

 

「EX-ICカードのキャッシュレス」

「東海道」そして、「山陽」新幹線乗車駅では、改札機に「EX−ICカード」をタッチするだけで、「乗車チケット(座席表)」の受け取りのみで、チケットレスで乗車可能。

 

「一年中会員価格で利用可能!」

「東海道」そして、「山陽」新幹線の指定席を、1年間通して会員価格(自由席価格以下)で利用可能。

 

「IC早特」

早めのご予約で会員専用早期割引が受けられるサービス内容。
(※乗車日の3日前(23:00まで))

 

「エクスプレス予約(グリーンプログラム)」

「エクスプレスカード」で予約した場合、利用区間によって、ポイントは自動的に加算されます。
ポイントが一定量貯まると、グリーン特典が利用でき、普通車の値段でグリーン車を利用可能。

 

「エクスプレスビジネスカード」のデメリット

 

「エクスプレスビジネスカード」にはメリットがあると同時に、デメリットもあります。

 

「新幹線利用以外では効果が少ない」

 

「エクスプレスビジネスカード」新幹線利用に特化したビジネスカード。
新幹線利用では、効率よく、お得に利用できるので、メリットはあります。
しかし、新幹線利用以外では、あまり特別な機能が付いていないので日常ではあまり使いやすい法人カードとは言えません。

 

「他社との電子マネーの連動性が悪い」

 

電子マネーでの連動性に対応していない「エクスプレスビジネスカード」
東海道、そして山陽新幹線から乗り換えする際に、他の線路には「エクスプレスビジネスカード」一枚で乗り換えすることができません。
乗り換えするには、「エクスプレスカード」と乗り換え先で対応している電子マネー(Suicaなど)二枚重ね通過する必要があります。
複数枚持つことになるので、複数枚持ちを煩わしいと感じる方にはおすすめできないでしょう。

 

「東海道や山陽新幹線以外では利用するメリットが少ない」

 

利用可能範囲が「東海道」「山陽」線の新幹線のみですので、こちらの新幹線利用が少ない方にとってはあまり活用できるシーンがありません。
そして、利用される方にとってもその他の場面で利用できないのであまり利用価値が高いとは言えないでしょう。

 

【まとめ】エクスプレスビジネスカードよりも多様性のある法人カードを利用しよう!

 

当ページ、「新幹線をお得に利用できる「エクスプレスビジネスカード」とは?」を最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

東海道線山陽線新幹線利用頻度の高い方には利用しやすい法人カードですが、利用頻度が低い方には利用価値があまりないカードと言えるでしょう。
そして、「エクスプレスビジネスカード」は、東海道線や山陽線新幹線以外では、利用できる場面があまりありません。
もし、経費の最適化ポイント貯蓄などを目的として利用したいという方は日常でも様々な特典や付帯サービスが受けられる法人カードがおすすめです。

 

当サイト「法人カードおすすめ比較サイト」では、様々な特徴を持った法人カードをご紹介します。
法人カードについて詳しく知りたい方は下記の詳細ページをご参照ください。


社内ルールとは?