審査の問題を解決 JCB一般法人カードの基準や発行日数は何日間?

JCB一般法人カードの審査の状況について

画像

(最新更新日:2017年9月22日)

国際ブランドの中では唯一の日本ブランドであるJCB法人カード。
JCB法人カードは3種類のランクがあり、その中でも一般ランクは利便性とコストの面から高評価を得ている法人カードです。
例えば、最高額が3,000万円の旅行補償、1,250円という財布に優しい年会費が利用者から大人気で、初めて持つ法人カードとしてJCB法人カードを検討する方が多いようです。

そんな利用者にとって最高のパフォーマンスを提供してくれるJCB法人カードですが、審査基準は一体どうなっているのでしょうか
また、審査から発行までの期間はどのくらいの時間を要するのでしょうか

当ページでは、JCB法人カードの所持を検討中のあなたに、審査に係る情報を教えます。





JCB法人カードとは

画像

JCB法人カードは、その使い勝手の良さ・リーズナブルな年会費とコストパフォーマンスに優れ、多くの方から支持率を集める優秀な法人カードです。
日本唯一の国際ブランドということもあり、私たち日本人にとっては馴染みやすいというのも人気の理由かも知れません。

優秀な法人カードを発行するJCBは、長年業界でトップクラスの地位に居続けたこともあり、信頼性のある企業といえます。

そんな安心と信頼を兼ね備えたJCB法人カードですが、審査の基準はどうでしょうか。

基本的に法人カードの審査基準についてはどこの発行会社も明確な基準を発表しておりません。
あくまで審査が通った方の口コミによりますが、審査が全然通らないことはなく、普通に申請したら通ったという方が大勢います。

よく外資系の法人カード発行企業は審査が甘いと言われますが、その点においてJCB法人カードはどうなのでしょうか。

JCB法人カードの審査は絶対に通るというほど甘くはありませんが、過去に返済トラブルを起こしてクレジットヒストリー(以下:クレヒス)に傷が付いているようなことがなければ、比較的通りやすいといえます。

メインに持つ法人カードとして優秀なステータスを持つので、あなたが興味を持たれたならば一度申請をお試しすることをおすすめいたします。





申請が通るために

画像

JCB法人カードは決して簡単な審査とはいえませんが、上述したようなトラブルが過去になければ審査は問題なく通ります。

そのため、初めて選ぶカードとしてJCB法人カードを選択するのはとても良い判断だといえます。
審査が通りやすくなるためにクレヒスを溜めておくと有利ですが、クレヒスがなくても審査は通りますので安心して申し込みをお試しください。




発行までの期間

画像

JCB法人カードの審査にかかる時間は約2週間ほどです。

まず申し込みをおこなわなければいけませんが、この審査への申し込みはインターネットからできます。
申請をおこなうと3日以内に結果報告が来るなど、連絡対応はとてもスピーディにとりおこなってくれます。

そして審査結果が合格であり、内容に不備がなければ10日以内にはあなたのお手元にJCB法人カードが届きます。
そのため発行までに要する期間は約2週間と考えてもらえれば大丈夫です。

あくまでこの2週間は一般的な基準であり、申請者であるあなたのステータスや会社の状況、JCB法人カードの審査に申し込む方が他にも大勢いる場合は2週間を超える場合があります。
審査から発行までの期間があまりにも長いようであれば、一度JCBへ確認を取ってみるのも良いかも知れません。





【調査結果】審査は厳しくはないので初めて持つにはもってこい!

画像

JCB法人カードは、審査を受けてまで持つべきカードなのでしょうか。

JCB法人カードの信頼性はとても高く、利用者にとって安心して使える環境が整っているといえます。
また、年会費も1,250円と利用者にはお手頃な金額であることや、JCB法人カードが持つ付帯サービスからも検討すべき1枚と考えてよいでしょう。

ただし、JCB法人カードの利用限度額を考慮すると、零細企業や個人事業主向けといっても良いかも知れません。
あなたがもし一般ではなくゴールドやプラチナランクを求めるのであれば、当サイトのこちらのページがお役に立てるかも知れません ⇒ 【審査基準が甘い法人カードランキング】

30枚以上の法人カードを見てきた私の判断では、初めて持つ法人カードとしても申し分ない、選ぶべき法人カードの1枚として考えて良いと思います。

JCB一般カードの詳細