個人カードよりも発行難易度が高い法人カード。その審査の原因とは。

法人クレジットカードの難易度 審査で見られる不安要素とは

審査における不安要素を持つ法人クレジットカード

法人クレジットカードの審査について、難易度は難しいとお考えではありませんか?
申請書類から何を見て判断されているのか、何を基準に法人クレジットカードの発行難易度を決めているのか。
法人クレジットカードの審査ではこの難易度を明記している発行会社はなく、不透明な情報に不安を抱く方も少なくありません。

法人クレジットカードは、個人クレジットカードとは違い審査の難易度は高いと言われております。
その原因は、法人クレジットカードを利用する際のビジネスシーンにおいて、とある不安要素を抱えた企業があることが難易度を高めている原因でした。

あなたがもし法人クレジットカードの審査を通りたいのであれば、発行会社にとって不安要素と成り得る原因を取り除けば難易度は低くなります。

今回は、法人クレジットカードの審査の難易度を高めている原因を追求し、あなたが法人クレジットカードを所持できるよう確率を上げる方法を紹介します。





審査は難しい?厳しい理由の訳とは

難易度が極めて高い審査

法人クレジットカードの審査の難易度について深く知ってもらうために、個人クレジットカードとの違いを知ってもらいます。

法人クレジットカードと個人クレジットカードの違いとは何なのか?2つの違いは以下になります。
  • 起業や個人事業主といった会社での利用を目的に作られたクレジットカード
  • 個人での利用を目的としたクレジットカード

「欲しい物を購入するためにクレジットカードを利用する」といった根本的な利用方法については2つのカードで異なる部分はありません。
差があるとすれば、法人クレジットカードはビジネスシーンでの利用を目的として作られているので、利用限度額や付帯サービスがビジネス特化しています

そんな法人クレジットカードの審査はなぜ難易度が高いのか。
実はこのビジネスシーンで利用するという法人クレジットカードの特徴に原因はあります。


ビジネスシーンが難易度上昇の原因

法人カードが審査が難しいといわれる難易度の原因

経費を支払うため・会社の投資のため・資金の運用のため。
法人クレジットカードを使う場面とは、上記のようなビジネスでの利用が一般的です。

法人クレジットカードは会社規模での支払いに利用されるので、一個人として使われる個人クレジットカードとは比べものにならないほど多額のお金が利用されます。
こうした多額のお金がやり取りが原因で、法人クレジットカードの審査は難易度が高いと言われます。

例えば、設立からさほど日が経っていない企業や、経営が赤字の会社、安定とは言えない収入の個人事業主を考えてみましょう。
法人クレジットカード発行会社は、カードにかかる維持費(発行・発送含め)を回収しなければ赤字となります。
法人クレジットカードを利用してもらうことでコストを回収しなければなりませんが、上記の企業は法人クレジットカードの利用回数はさほど多くなく、また、返済金額を滞納することが考えられます。

そのため、審査の次点で不安要素抱える企業や個人事業主への発行は厳しく、難易度が高いといわれているのです。





あなたに合う1枚を見つけることが大切

難易度を見極め、1枚を選択

審査の難易度について、法人クレジットカード発行会社にとって不安要素を抱える企業は通らないかというとそうとは限りません。
審査の基準は発行会社によってバラバラで、難易度は難しいのもあれば甘いものもあったりと適当です。

例えば、法人クレジットカードの審査は会社と個人のステータスを見ると言いました。
このステータスを5:5で見る発行会社もあれば7:3で見るところもあります。

あなたのステータスに合う発行会社を見つけることができれば、若い企業も個人事業主も法人クレジットカードの審査に通ることは可能です。





判断基準がゆるい法人クレジットカードへの申請

審査判断がゆるい難易度の法人クレジットカード

審査が通りやすくなるコツ」という難易度をグッと下げる方法もありますが、一番簡単に法人クレジットカードを手に入れるなら、審査の難易度が低いといわれる法人クレジットカードに申請すべきです。

法人クレジットカードはとても便利なものです。
コストの削減に一役かってくれたり、経費処理の面倒からあなたを解放してくれます。
それだけでなくポイントの還元や、会社のステータスの象徴といった効果もあるので、いずれ所持を予定しているのであれば早めに所持すべきです。

一般的に設立から3年経てば法人クレジットカードの審査に通ると言われますが、この3年を待ってしまっていては大きな損失をすることもあります。
ポイントの還元率から3年間での損失を見てみましょう。

◆例:毎月、100万円の経費支払いを法人クレジットカードでおこなうA社

月:100万円  年間:1,200万円  ポイント還元率:1.0%

1,200万円 × 1.0% = 120,000円分のポイント

あなたがもし法人クレジットカードを所持していなければ、12万円分の損失が発生してたのです。
こうした損失を出さないためにも、審査の難易度が高くない法人クレジットカードへの申請をおすすめいたします。

当サイトでは、審査の難易度は高い上に、ステータスが高いおすすめの法人クレジットカードを、30枚以上の中から厳選したランキングがあります。
あなたに最適な難易度の法人クレジットカードがございますので、検討する際にはご覧ください。


審査が甘い法人カードランキング