法人カードの審査がゆるいものかどうか見分ける方法について

審査がゆるいと思われる法人カードの見分け方!

 

ゆるい審査と思われる法人カードを見分ける4つの方法を紹介します!

 

もしアナタが法人カードを申請するなら、審査はゆるい方が嬉しいですよね?
一般的に審査は厳しいとされているので、楽に発行できる法人カードが嬉しいものです。

 

法人カードの審査についてはどの発行会社も内容を明記していないので、基準は分かりません。
しかし申請前にある箇所を確認すれば、比較的ゆるいと思われる法人カードを見分けられるそう!

 

今回は、ゆるいか見分ける4つのポイントを紹介します!
ゆるい審査でも性能は抜群に優れた法人カードもあるので、まずは見分け方をご覧ください。

 

 

 

ゆるいか見分ける4つの判断材料とは?

一般/ゴールド/プラチナという3つのランク

 

法人カードには、一般・ゴールド・プラチナとランクが3つあり、一般ほど審査がゆるいとされています。

 

反対にプラチナランクは審査が厳しく、設立年数や経営状況、それから年齢といった申請条件や、インビテーション無しに申し込めない法人カードもあります。

 

そのため、もし審査はゆるい方が良ければ、一般法人カードの方がおすすめ!

 

しかし、法人カードによってはプラチナでも審査がゆるいと思われるモノも。
もしアナタが高ランクの1枚が欲しいなら、こうした法人カードを探すのも良いですね!

 

 

必要書類は少ない方がいい!

 

多くの法人カードは、審査の際に書類の提出を求められます。
この書類が少ないかどうかも、実は審査がゆるいか見分けるポイントとされています!

 

法人カードの審査では、大きく分けて2つの事項を確認されるそう。
その1つが会社の信用情報で、設立年数や社歴など見られるといわれています。

 

こうした会社の信用情報を確認するための情報が書類には記載されているのですが、これを提出しなくても審査を受けられる法人カードがあるのです!

 

そのため、一般的に審査が通りにくいとされるスタートアップ企業や個人事業主でも、こうした法人カードなら持てる可能性が高いと言われます。

 

社歴や経営状況が審査で不利になると思われる方は、提出書類の法人カードはおすすめです!

 

 

外資系の発行会社は、独自の基準なので通りやすい!

 

ゆるいと口コミのある法人カードは、外資系の発行会社のものが多いです。
アメックスなどの外資系の法人カード発行会社の多くは、個人のステータスを対象に審査を行います。

 

経営実績がない若い会社や、クレヒスに傷がついている方でも、審査に通ったとの口コミが多いのは圧倒的に外資系の法人カード。
通る可能性は十分にあるため、自分のステータスに自信がない方は発行会社を基準に申し込みを検討してみましょう!

 

 

 

独自調査で分かった、通りやすい法人カードを紹介!

ゆるい基準

 

では、ポイントをふまえて見つけた、審査がゆるいと思われる法人カードを紹介します。

 

審査がゆるいとされていますが、性能は抜群に良い法人カードなのでぜひご覧ください!

 

おすすめはセゾンパール・アメックス!

ゆるい基準

 

ゆるい審査と思われる中でも、特に性能の良かった法人カードはセゾンパール・アメックス!
外資系のアメックスとセゾンが提携発行している人気の法人カードです。

 

法人カードの審査は基本的に数日〜数週間かかりますが、この法人カードは即日発行に対応していることからも、審査が比較的ゆるいことが推測されます。

 

そんなセゾンパールは、一般ランクではトップクラスの性能を誇ります!

 

例えば、一般ランクながらもポイント還元率は最高1%。
貯めたポイントはマイルや商品券と交換することができるので、経費削減にも繋げることが可能です!

 

また、セゾンパールは年間に1回でも決済に使うことで、年会費が無料になってしまう実質年会費無料の法人カード。

 

ゆるいとの口コミが多い審査ながらも、これだけの利便性を備えた法人カードはなかなかありません!
今なら入会特典もありますので、審査がゆるいと思われるこの法人カードを検討されてはいかがですか?

 

セゾンパールの詳細はこちら

 

 

 

通りやすいものを集めたランキングがあります

ゆるい基準

 

審査について、ゆるいと思われる法人カードの見分け方はいかがでしたか?

 

基準が分かっても、肝心の法人カードが分からなければ申し込みはできませんよね。
こちらで、審査が通りやすいと思われるモノを紹介しているので、ぜひ確認してみてください!

 

法人カード審査ランキング