申込み基準が高く、審査に厳しい法人カードを手に入れる方法!

法人カードの審査基準について

法人カードの基準

(最新更新日:2018年5月15日)

 

法人カードの審査が通るためのサポートをいたします!

 

法人カードの審査基準が厳しいのはご存知ですか?
特に設立して間もない企業赤字企業は審査を通過できる確率は低く、法人カードが持てないというケースがほとんどです。

 

そんな厳しい審査基準ゆえ、もしかするとあなたは一度申し込んでみたものの落ちてしまったか、審査基準が分からないため申し込むのに一歩踏み出せないでいたりするのではないでしょうか。

 

そんな審査基準に悩んでいる方の不安を払拭するため、今回は法人カードの審査基準について解説

 

実は法人カードというのは、この基準を知ることで審査の対策ができるので、通る確率が高まります
それだけでなく今回は、通りやすくなる3つ方法も紹介しますので、これを読めばアナタもきっと法人カード所有者になれます!

 

どんな基準なのか?どんな対策をすれば良いのか?
そんな不安を抱えている方は、ぜひともこの法人カードの審査基準の紹介をご覧ください。

 

 

 

法人カードの審査基準は大きくわけて3つ!

法人カードの基準

 

法人カードには大きく分けて3つの審査基準があります。
法人カードの申し込みを検討している方は、このポイントをしっかり把握しておくと良いでしょう!

 

1. 黒字経営&設立年数3年以上

 

法人カードの審査基準では、3年以上の設立年数が必要という条件があります。
これは、経営の安定した企業に法人カードを利用してもらいたいという発行会社の考えから来ています。

 

さらに、あなたの会社の経営が黒字か赤字かという点も非常に重要。
法人カード発行会社が恐れるのは、赤字経営によって自己破産や倒産になったときの貸し倒れだからです。

 

この二点から、あなたの会社が法人カードの審査基準を満たせるか把握したうえで申込みましょう。

 

※発行会社によっては、設立3年未満の企業でも審査に通過ところもあります。

 

 

2. 過去の返済履歴(クレヒス)を確認!

法人カードの基準

 

審査基準に大きく関わるのが、あなたの返済履歴(以下クレヒス)。

 

法人カード発行会社は、あなたが個人で使用しているクレジットカードや別の法人カードにおいて、過去に遅延・滞納といった返済トラブルがあったかどうかの確認ができます!

 

もし返済トラブルの経験があると、その情報は信用情報機関(CIC)に載ってしまう可能性があるため、審査通過に大きな影響が出てしまうかも知れないのです!

 

ただし、この個人情報も掲載期間が過ぎるとリストからは削除され、その後再申請が可能となります。
しかし、掲載期間は基本的に5年〜10年と言われているので、返済トラブルは極力起こさないようにしましょう。

 

 

3. 法人代表者自身のステータス

法人カードの基準

 

審査の際に、法人代表者(または個人事業主)自身のステータスについて調べられます。

 

主に代表者の過去のクレヒス情報、既に契約しているクレジットカードがあれば、そのカードのステータス・発行会社、経歴などが確認の対象になります。

 

このとき、すでに契約しているクレジットカードとこれから申し込む予定の法人カードの発行会社が同じであると、審査が比較的通りやすくなります。

 

法人カード発行会社として「普段から自社を利用していただいている会員様」という目で代表者を見てくれるので、審査の通りやすさは全く違うのです!

 

 

 

基準を満たしてなくても大丈夫?対策できる3つの方法

法人カードの基準

 

  • 設立年数と経営状態
  • 返済トラブルの有無・クレヒス年数
  • 申請者の方のステータス

 

以上の3つが審査基準においてのポイントになります!
ここまでで「審査基準に達していない」と心配になってしまっている方、ご安心ください

 

法人カードの利用者を調べてみると、申請企業にはある共通した特徴があることを発見!
その手法をマネることで、審査が比較的通過できる可能性が上がるのです。

 

ではさっそく、審査が通りやすくなる3つの方法を確認してみましょう。

 

 

1. 固定電話を会社用に契約する

法人カードの基準

 

あなたの会社には会社専用の固定電話が引かれていますか?
この固定電話が有るか無いかで、審査の通りやすさは大きく変わってきます!

 

固定電話があるというのは、会社の存在が証明でき、尚且ついつでも連絡ができる環境であるため、法人カード発行会社から「信用」のできる会社として評価が得られます

 

実際に審査が通った企業は固定電話があるケースが多く、また、法人カードの申請フォームには固定電話有無の確認があるほど審査に通るためには重要な要素となっています。

 

これから審査を受ける方も一度落ちた方も、これを機に固定電話を契約してはいかがでしょうか。

 

 

2. 自社のホームページを作る

法人カードの基準

 

あなたの会社の概要が分かるホームページを作成します!

 

ホームページをしっかり作り込んでいる会社というのは、そういうところにお金を欠けて第三者に自社の良さを知って頂きたい何かがあるということになります。

 

そういった会社は法人カード発行会社からしてみると評価は高いですし、また申請の入力フォームだけでは伝えきれない一面も知ることができるので、信用度に大きな影響を与えます。

 

 

3. 申込書類を丁寧に記入する

法人カードの基準

 

申請の際は、記入漏れ・誤字脱字・綺麗な文字を意識しながら書きましょう。
こういった基本的なところをしっかりやり遂げることが、信用を得るためには大切。

 

最近ではインターネットからの申請が主流となっているので、抑えるポイントは記入漏れと誤字脱字!
固定電話の有無で落ちることもある審査基準なので、空欄はできるだけ少ない状態で申請しましょう。

 

 

 

審査基準が「甘い」法人カードに申し込む!

 

法人カードの審査基準、そして審査が通りやすくる方法について紹介してきましたが…

 

正直、面倒じゃないですか?

 

審査基準は時間による解決が必要ですし、通りやすくなる方法はコストがかかります。
そこに時間や経費をかけるより審査基準が甘い法人カードに申請した方が、あっという間に手に入ります!

 

審査基準が甘いとスペックに不安を感じる方もいると思いますが、当サイトの独自調査で調べた結果だと、実は優秀なスペックを持ちつつ審査が甘い法人カードを発見!

 

その中でも今回は、「年会費が無料でポイント還元付帯」という驚きの法人カードを紹介します!

 

 

中小企業の味方。審査が甘い法人カード「オリコEX Gold for Biz」

法人クレジットカード名 オリコEX Gold for Biz
券面 法人カードの基準
申請対象 法人 / 個人事業主
年会費 2,000円 / 初年度無料
利用限度額 最大300万円
ポイント還元率 最高1.1%
ETCカード 発行手数料・年会費永年無料
Webサイト 公式ページ

 

審査がカンタンな法人カードなら、オリコExGoldForBizがおすすめ!

 

当サイトが独自に調査をしたところ、約70%の申請者が審査に通ることができた法人カード。
通りやすいとの口コミも多く、審査が不安な方でも安心して申し込めます!

 

そんなオリコExGoldForBizは、ポイント還元率が最大1.1%もある高レートの法人カード。
還元率が平均の2倍もあるので、備品購入や航空券の交換もできるポイントをカンタンに貯められます!

 

他にも高額の傷害保険やキャッシング機能といったサービス、またVISAとMasterCardから決済方法も選べるオリコExGoldForBiz。
しかも、MasterCardを選ぶことで、あのレストラン優待サービス「招待日和」まで利用可能!

 

ここまでオールマイティな法人カードながらも、年会費は2,000円と安く、そして審査が通りやすい。
今なら入会特典で初年度も無料ですし、4,000円分のポイントが貰えるなどのお得なキャンペーン情報もあります!

 

設立1年目の企業でも通りやすいという審査基準なので、まさに中小企業救済のための法人カードです。

 

オリコExGoldForBizの詳細はこちら

 

▼審査基準の甘い法人カードのランキングは下記のページをご参照ください

法人カードの基準