申請基準や審査が厳しいとされる法人カードを手に入れる方法とは?

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 法人カードの審査は、どういった基準で通るの?

    法人カードの基準

    (最新更新日:2018年9月14日)

     

    法人カードの審査が通りやすくなるためのサポートをいたします!

     

    法人カードの審査基準は厳しいと言われているのをご存知ですか?
    特に社歴が若かったり赤字の企業では基準を満たしていないとされ、法人カードの審査ことがほとんど。

     

    そのため、通らないことを悩む方が多いそうですが、今回はその悩みを払拭するため、法人カードの審査基準について解説していきます!

     

    法人カードの審査では、この基準を知ることで持てる確率が変わるとされています。
    その基準と、今回は通りやすくなるといわれる審査の対策も紹介!

     

    どんな基準なのか?どんな対策をすれば良いか?
    そんな不安を抱えている方は、ぜひともこの法人カードの審査基準の紹介をご覧ください。

     

     

     

    法人カードの審査基準は大きくわけて3つ!

    法人カードの基準

     

    法人カードには、3つの審査基準があるとされています。
    法人カードの申し込みを検討している方は、このポイントをしっかり把握しておくと良いでしょう!

     

    1. 黒字経営&設立年数3年以上

     

    法人カードの審査基準では、3年以上の社歴が大切といわれています。
    これは、経営の安定した企業に法人カードを利用してほしいという発行会社の考えから来ているそう。

     

    また会社の信用情報でいえば、返済見込みがあるかの確認から、経営が黒字か赤字かという点も重要な審査基準とされています。

     

    あなたの会社がこの審査基準を満たしているか、法人カードの発行時に確認すると良いですよ!

     

     

    2. 過去の返済履歴(クレヒス)を確認!

    法人カードの基準

     

    審査基準では、申請者であるあなたの返済履歴(以下クレヒス)も重要とされています。

     

    法人カードの発行会社は、一時的であれお金を貸す立場にある訳ですから、貸す人の信用情報、つまり過去に過去に遅延や滞納といった返済トラブルがあったかどうかが気になる訳です。

     

    そのため、もしトラブルの経験があると、審査通過に大きな影響が出てしまう恐れが!

     

    クレヒス情報は信用情報機関に載ることがあり、削除されないことには審査が通らないことも。
    掲載期間は基本的に5年〜10年と言われているので、返済トラブルは極力起こさないようにしましょう。

     

     

    3. 法人代表者自身のステータス

    法人カードの基準

     

    審査の際は、法人代表者(または個人事業主)自身の信用情報も調べられ、クレヒスや契約しているクレジットカードのステータス・発行会社、経歴などが確認されるといわれています。

     

    このとき、契約しているクレジットカードの発行会社から法人カードを作るとなれば、審査が比較的通りやすくなるとされています。
    「普段から自社を利用していただいている会員様」という目で申請者を見てくれるので、審査基準が甘くなるといわれているのです!

     

     

     

    基準を満たしてなくても大丈夫?対策できる3つの方法

    法人カードの基準

    • 設立年数と経営状態
    • 返済トラブルの有無・クレヒス年数
    • 申請者の方のステータス

     

    以上の3つが審査基準で抑えておくポイントだそうです。

     

    もし「審査基準に達していない」と心配になってしまった方、ご安心ください。
    基準を満たしていない場合、通る確率が高まる方法が法人カードの審査にはあるとされています!

     

    ではさっそく、その方法について紹介します。

     

    1. 固定電話を会社用に契約する

    法人カードの基準

     

    固定電話を設置することで、会社の存在が証明可能。
    こうすることで、法人カード発行会社からの信用を得ることができるのです!

     

    実際に審査が通った企業には固定電話があるケースが多く、また審査では固定電話の有無を確認する申請フォームがあるなど、法人カードを持つためには重要な要素だそう。

     

    これから審査を受ける方も一度落ちた方も、これを機に固定電話を契約してはいかがでしょうか。

     

     

    2. 自社のホームページを作る

    法人カードの基準

     

    ホームページを作り込んでいる企業は、そういったところに資金を投じ、第三者に自社の良さを知っていただきたいという考えがあります。

     

    そういった企業は、法人カード発行会社からの評価は高く、また申請フォームだけでは伝えきれなかった自社の良さを紹介できることから、信用を大きく与えられるのです。

     

     

    3. 申込書類を丁寧に記入する

    法人カードの基準

     

    申請の際は、記入漏れ・誤字脱字・綺麗な文字を意識しながら書きましょう。
    こういった基本的なところをしっかりやり遂げることが、信用を得るためには大切。

     

    最近ではインターネットからの申請が主流となっているので、抑えるポイントは記入漏れと誤字脱字!
    固定電話の有無で落ちることもあるとされる審査基準なので、空欄は少ない状態で申請しましょう。

     

     

     

    甘い審査基準と思われる法人カード!

     

    法人カードの審査基準、そして審査が通りやすくる方法について紹介してきましたが…

     

    正直、面倒じゃないですか?

     

    審査基準を満たすためには時間が必要ですし、通りやすくなる方法はコストがかかります。
    時間や経費をかけるよりも、甘い審査基準と思われる法人カードに申請した方が早く手に入れられます!

     

    今回は特別に、審査が通りやすいとされる法人カードを最後に紹介。
    多くの発行実績がある法人カードなので、審査基準が不安な方はぜひご覧ください!

     

    中小企業・個人事業主の味方!オリコEX Gold for Biz

    法人クレジットカード名 オリコEX Gold for Biz
    券面 法人カードの基準
    申請対象 法人 / 個人事業主
    年会費 2,000円 / 初年度無料
    利用限度額 最大300万円
    ポイント還元率 最高1.1%
    ETCカード 発行手数料・年会費永年無料
    Webサイト 公式ページ

     

    審査基準が甘いと思われる法人カードは、オリコExGoldForBiz!

     

    通りやすいとの口コミが多く、また当サイトの独自調査では、その月の申請者の内70%が審査に通ったという基準が甘いと思われる法人カードです。

     

    そんなオリコExGoldForBizは、ポイント還元率が最大1.1%もある高レートの法人カード。
    還元率が平均の2倍もあるので、備品購入や航空券の交換もできるポイントをカンタンに貯められます!

     

    他にも高額の傷害保険やキャッシング機能といったサービス、またVISAとMasterCardから決済方法も選べるオリコExGoldForBiz。
    しかも、MasterCardを選ぶことで、あのレストラン優待サービス「招待日和」まで利用可能!

     

    ここまでオールマイティな法人カードながらも、年会費は2,000円と安く、そして審査は通りやすい。
    そして初年会費が無料、さらに4,000円分のポイントが貰えるなどお得なキャンペーン情報もあります!

     

    設立1年目の企業でも通りやすいとされる審査基準なので、おすすめの法人カードです。

     

    オリコExGoldForBizの詳細

     

     

     

    オリコExGoldForBiz以外の甘いと思われる審査はこちらから

     

    以上が、法人カードの審査で見られるとされる基準です。

     

    紹介ではオリコExGoldForBizをおすすめしましたが、甘いと思われる審査の法人カードは他にも数枚ございます。

     

    それらをこちらにて紹介していますので、よければぜひご覧ください!

     

    審査ランキングを確認する