法人クレジットカードでもスマートexの決済は可能?

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • スマートEXは法人カードで支払えるの?

    (最新更新日:2018年9月14日)

     

    東海道・山陽新幹線のWeb予約サービス「スマートEX」。
    このスマートEXの利用額を、法人カードでも支払えることをご存知でしょうか?

     

    スマートEXの支払いは、「クレジットカードで行える」と記載されているものの、「法人カードで行える」とは記載されていません。
    こういった記載だと、特に法人カードを導入したばかりの方は、法人カードでは支払えないと誤解してしまうことも。

     

    しかし、実は法人カードでもスマートEXの利用料金を支払うことができます
    ただし、法人カードの決済ブランドが一致していることが条件になってくるので、そこは気を付ける必要があります。

     

    そこで今回は、そもそもスマートEXとはどんなサービスなのか。
    その支払い先に指定できるのはどんな法人カードなのかを解説いたします。

     

     

     

    スマートEXとは?

     

    「スマートEX」とは、年会費無料のチケットレスサービス
    東海道・山陽新幹線で利用できる便利なサービスです。

     

    交通系ICカードとクレジットカードの情報を登録するだけで利用可能。
    この交通系ICカードは、SuicaやPASMOを始めとする8種類が対象となっています。
    これに加え、携帯端末で使える「モバイルSuica」や「ApplePay」も登録できるので、東海道・山陽新幹線ユーザーが困ることはないと思います。

     

    このスマートEXの最大の利用メリットとしては、やはりチケットレスで東海道・山陽新幹線に乗車できることでしょう。

     

    移動の多いビジネスマンともあらば、より効率的に仕事をこなすに辺り待ち時間が気になりませんか?
    そんな待ち時間を、スマートEXを利用すれば大きく削減できます!

     

    なぜなら、乗車前に席の予約から支払いまでを行うことができ、改札をICカードのワンタッチだけで通過できるから。
    これにより、GWなどの人混みでごった返す時期でも、スムーズに新幹線へ乗車できます。

     

    しかも、スマートEXを利用することで、乗車運賃が通常より200円ほど安く購入可能。
    また、早い時期から席を予約していれば、より安い値段で乗車券を購入することもできるのです!
    それでいて、予約内容は出発直前まで手数料無料で変更できるので、いかにスマートEXが優れたサービスであるかわかると思います。

     

    これほど素晴らしいスマートEXですが、支払い先に法人カードを指定する際、事前に確認しておいた方が良いことがあります。

     

     

     

    法人カードを登録する時に確認すべきこと

     

    スマートEXに法人カードを登録する際、確認しておくべきことがあります。

     

    それは、所持している法人カードの決済ブランド。
    なぜなら、スマートEXに登録できるのは、以下の決済ブランドの法人カードのみとなっているからです。

     

    • VISA
    • Mastercard
    • JCB
    • AMERICAN EXPRESS
    • DinersClub

     

    とはいえ、日本人であればこの5つの決済ブランド以外を選べる法人カードは、そうそうお目にかかることはありません。
    なので、あくまで軽い目視程度の確認だと思っておいてください。

     

    当たり前のことかもしれませんが、スマートEXを利用する際には、登録している法人カードが利用できるか否かも確認しておいてくださいね!

     

    スマートEXがチケットレスサービスと言えど、利用限度額が差し迫っていて法人カードが使えなければ、登録した交通系ICカードで改札を通ることはできません。
    もちろん、支払いをする時にはセキュリティコード(法人カード裏面の署名欄に書いてあるカード番号末尾の3桁程度の数字)が必要となるので、事前に把握しておくようにしましょう。

     

     

     

    もちろん経費として処理できます

     

    スマートEXに法人カードを登録すれば、経費処理がとても楽になります。

     

    今まで現金で乗車券を購入していたり、スマートEXをクレジットカードで利用していたりする方もいるのではないでしょうか?
    そんな方法を取っていては、例え法人カードを所持していても新幹線の利用料金だけ別で処理を行わなければなりません。

     

    しかし、スマートEXに法人カードを登録して決済を行えば、他の経費と合わさってひとまとめに。
    経費処理に掛かる無駄な労力や時間をカンタンに削ることができるのです。

     

    もし、ビジネス上東海道・山陽新幹線に乗車する機会があるのであれば、ぜひスマートEXに法人カードを登録して利用してみてください!

     

     

     

    未所持の方は導入を検討してみては?

     

    スマートEXを利用している、または利用予定の方の中にも、法人カードをお持ちでない方はいませんか?
    もし、ビジネス上スマートEXを利用するのであれば、法人カードを持っておいて損はないかと思います!

     

    スマートEXに登録できる法人カードは、基本的にどれでもOKといってもいいほどの許容範囲です。
    したがって、アナタが欲しい法人カードを選び、それを登録するのが1番良いと思います。

     

    欲しい法人カードがまだ決まっていないのであれば、当サイトをぜひ利用してみてください!
    計50枚以上の法人カードを掲載しており、用途別にランキングなども作成しているため、きっとアナタに最適な1枚が見つかるはずです。

     

    法人カードを探す