社員に持たせるおすすめの法人カードをご紹介します

社員用におすすめの法人カードとは?

(最新更新日:2017年11月18日)

社員用におすすめの法人カードとは?

 

基本的に法人カードのお申込みは、経営者もしくは、個人事業主の方のみしか申込みができません。
しかし、社員の方でも「追加カード」であれば所持できます。

 

日々の社員の経理処理や管理が最適化されてなく、お困りになった方も中にはいるのではないでしょうか?

 

社員に追加カードを持たせることで様々なビジネスシーンで発生する経費をカード払いにし、経理処理・管理の最適化しましょう!
その他にも、法人カードにはETCカードの無料発行、ビジネスサポートや福利厚生などカードによって様々なサービスが付帯されます。

 

では、社員に持たせる追加カードにはどのようなカードがおすすめなのか?
社員用におすすめの法人カードについて解説していきましょう!



社員に法人カードをもたせる理由とは?

 

法人カードを社員に持たせることによって様々なビジネスシーンをより加速化することができます。
そして、業務の最適化や今まで得られなかった特典や付帯サービスなども増えますので、よりスムーズかつスピーディに日々の業務を行うことができるので社員に法人カードを持たせるのはとてもおすすめです。

 

では、なぜ社員に持たせるべきなのか?
社員にカードを持たせる3つの理由をご紹介しましょう!

 

【その1 経費処理・管理の最適化】

 

社員に法人カードを持たせる最大のメリットとして最初に挙げられるのが経理の処理・管理の最適化
各法人カードには、毎月の経費を一つの明細書にまとめて、どの社員が、いつ、どこで、何に法人カード利用したか分かるように一枚のレポートにまとめる事ができます。

 

結果的に経理の事務作業の効率が上がり、一人一人の社員の利用状況の管理がしやすくなることでビジネスを最適化することができるでしょう。
そして、社員による仮払いや立替などの処理もなくなるという理由も含め、社員へ追加カードの支給をおすすめします。

 

【その2 金銭トラブルの回避】

社員用におすすめの法人カードとは?

 

社員が経費の立替や仮払いなどした際に、領収書の未回収や払い忘れなどによって経理担当と社員との間で金銭トラブルが生じる恐れがあります。
しかし、法人カードで社員が経費の支払いをすることで、領収書の回収、仮払いや立替などの手間を省くことができ、金銭トラブルを未然に防ぐことが可能。

 

さらに、経理事務の作業も簡素化されるのでより効率の良い作業が行えるようになります。

 

【その3 マイル・ポイントの貯蓄】

 

日々の公共料金、交通費や出張費などを法人カードで支払いをした際でも、カードによってポイントやマイルを貯める事ができます。
日々の業務内で貯めたポイントやマイルを特典優待チケットなどに還元ができるのでとてもお得です。

 

社員に法人カードを持たせる注意点

 

社員に追加カードを持たせることによって様々なビジネスシーンで有効に活用することができます。
しかし、その反面、注意しておかないといけないポイントもいくつかあります。
注意を怠ってしまった場合、横領事件などに発展してしまう恐れがあります。

 

そういった経営者と社員間でトラブル起きないためにもしっかりした対策を考えましょう!
では、「社員に法人カードを持たせる際の3つの注意点」をご紹介します。

 

【その1 ポイントやマイルなどの無断で利用されないようにしましょう!】

 

法人カードを社員に持たせることによって各カードでポイントやマイルも同時に貯める事ができます。
しかし、しっかり各カードの利用状況を管理しておかないと社員に無断で利用されてしまう場合があります。

 

ポイントやマイルを無断で利用してしまうと場合によっては横領罪に発展し、刑事事件にもなり兼ねません。
ポイントやマイル貯蓄を考えると同時に利用する際には社内規定などをしっかり定めて、管理を徹底しましょう!

 

【その2 各カードの利用明細書の管理徹底しましょう!】

 

各社員が法人カードを持つことによって会社内でかかった経費の処理や管理ができるようになります。
しかし、しっかり毎月社員に支給した各カードの利用状況を把握しておかないと無断で個人利用されてしまう恐れがあります。

 

よく『「社用車」用にガソリンを給油するのに支給された法人カードを無断で社員に「個人車」に利用されてしまった』というようなケースを耳にします。
社員に法人カードを支給する際はしっかり管理し、そのようなトラブルを未然に防ぎましょう!

 

【その3 追加カードの年会費をしっかり確認しましょう!】

 

法人カードの追加カードには、カード毎によって発行可能枚数が設定されています。
各カードによって限度枚数が異なり、社員数によって選ぶカードも変わるでしょう。

 

経理の最適化、コスト削減やポイント・マイルの貯蓄などを考え、よりステータス性の高い法人カードを利用したいと思う方もいると思います。
しかし、毎月の法人カードの年会費が高額になってしまうと、継続的に利用することが難しくなってしまうでしょう。

 

毎月、法人カードをより快適に利用するためにも、社員用の法人カードには、年会費が安いカード、もしくは年会費無料の法人カードに入会することをおすすめします!

 

利用目的によって選ぶカードを見極めよう!

 

法人カードの中には、様々な特徴を持ったカードがあります。
そして、利用目的に合ったカードを社員に支給しなければ利用するタイミングがなく、結果的に損をしてしまいます。

 

では、各カードにはどのような特徴があり、社員にはどのようなカードを持たせるべきなのか?
次は、社員に最適なカードを持たせるために各カードの特徴をご紹介しましょう!

 

年会費を安く抑えたい場合は「ライフカードビジネス」

 

月々の年会費を抑えたいという経営者の方には「ライフカードビジネス」がおすすめ!
「ライフカードビジネス」年会費が永年無料で、追加カードの発行枚数も制限がないので何枚まででも発行可能です。
社員数が多い企業にとてもおすすめな法人カード。

 

さらに、ETCカードの発行も無料で、発行限度枚数も制限がありません。
営業車の利用する社員が多い企業にもおすすめしたい法人カードです。
コストもかかりせんので、社員数が多い企業にもかなり相性の良い法人カードといえます!

 

「ライフカードビジネス」の詳細を知りたい方!

▽下記の詳細ページをご参照下さい▽

詳細はこちらへ

 

役員クラスの社員の方に持たせたい場合は「セゾンプラチナ・アメックス」

社員用におすすめのカードとは?

 

役員クラスの社員になると、接待や会食、そして海外出張も増えてくるでしょう。
そうなると法人カードに、ある程度の特典や付帯サービスが必要となります。
そこで、おすすめしたい法人カードが「セゾンプラチナ・アメックス」です。

 

「セゾンプラチナ・アメックス」は、基本的な付帯サービスはもちろん、接待時で使える優待サービスや送迎時に利用できる「タクシーチケット」や世界各国の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」も付帯されます。
さらに、JALマイルの還元率が「1,125%」と法人カードの中で一番JALマイルの還元率が高いカードです。
経営者並びに役員クラスの社員の方が利用するのであれば「セゾンプラチナ・アメックス」がいかがでしょうか?

 

「セゾンプラチナ・アメックス」の詳細を知りたい方!

▽下記の詳細ページをご参照下さい▽

詳細はこちらへ

 

ポイントを貯めたい場合は「JCB一般法人カード」

 

社員にカードを支給し、効率良くポイントを貯めたいとご希望の方は「JCB一般法人カード」がおすすめです。
ポイント還元率「0.5%」と一般ランクの中ではトップクラスのポイント還元率を誇ります。
そして、年会費が初年度無料で次年度「1,250円(税抜)」なので社員に持たせても問題ない価格帯でしょう。

 

さらに、社員の営業車利用が多い企業にもおすすめです!
「JCB一般法人カード」は、「ETCカード」の年会費と手数料無料の付帯サービスが付いています。
発行枚数も上限がないので社員分のカードをご用意できるのもかなり大きなメリットの一つです。

 

「JCB一般法人カード」の詳細を知りたい方!

▽下記の詳細ページをご参照下さい▽

詳細はこちらへ

 

【まとめ】経営者とその他社員の法人カードを分けるのがおすすめ!

社員用におすすめのカードとは?

 

当ページ「社員用におすすめの法人カードとは?」を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

社員に法人カードを持たせることによって経理処理や管理の最適化やポイントやマイル貯蓄の効率化に大きく活用できます。
しかし、管理をしっかりしておかないと金銭トラブル横領などの問題が発生してしまう可能性もありますのでご注意ください。

 

そういった問題を防ぐためにも当サイトでは、経営者用と社員用とで利用する法人カード分けることをおすすめします。

 

経営者と社員とでは利用目的が異なります。

【経営層の使用理由】

【社員の使用理由】

会食や接待などの利用

経費の管理や処理

空港ラウンジの利用

金銭トラブルの回避

海外出張時での保険付帯サービス

ポイントやマイルの貯蓄

コンシェルジュデスクの利用etc...

ETCカードの利用etc...

 

上記のように経営者と社員とでは利用する目的がが変わりますので、無駄のない法人カードの活用法を試されてみてはいかがでしょうか?

 

では最後に、「経営者用におすすめの法人カード」「社員用におすすめの法人カード」ご紹介しましょう!

 

経営層におすすめの法人カード
「セゾンプラチナ・アメックス」

社員用におすすめのカードとは?
法人カードの中でもとてもステータス性の高いプラチナランクの法人カード「セゾンプラチナ・アメックス」
世界各国の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」はもちろん、
24時間365日間対応の「プラチナ・コンシェルジュ」やその他にもプラチナランクの特典・付帯サービスが満載!
そして、JALマイラー必見!「セゾンプラチナ・アメックス」のJALマイル還元率「1.125%」と法人カードの中ではトップの還元率!
JALマイラーの方に是非おすすめしたい法人カードです。

 

「セゾンプラチナ・アメックス」の詳細を知りたい方!

▽下記の詳細ページをご参照ください▽

詳細はこちらへ

社員用におすすめの法人カード
「JCB一般法人カード」

社員用におすすめのカードとは?
日本唯一の国際ブランド「JCB」が提供している一般ランクの法人カード。
年会費が「1,250円(税抜)」と、とてもリーズナブルで、社員に持たせても問題ない価格帯です。
そして、今ご入会していただいた新規入会者の方は初年度年会費無料!
さらに追加カードも年会費無料に加え、発行限度枚数の上限がありませんのでとても便利です。
ETCカードの無料付帯ポイントやマイルも高還元率ですので社員に支給し効率よくポイントやマイルを貯めましょう!

「JCB一般法人カード」の詳細を知りたい方!

▽下記の詳細ページをご参照ください▽

詳細はこちらへ