利用者に大きなメリットをもたらすステータスの高い法人カードとは?

高ステータス法人カードは会社にどんなメリットがあるの?

高ステータス法人カードのメリット

 

ステータスの高い法人カードを持つことは、多くのメリットがあることを解説!

 

法人カードの中にも、ステータスによる良し悪しがあることは知っていることでしょう。
券面であったりサービス面であったり性能であったりと、一般とプラチナの法人カードのステータスの違いに驚いた方もいるのでは?

 

高ステータス法人カードには数々のメリットもあります
これらを利用すれば、様々な諸経費を削減できるだけでなく、ビジネスを加速させることも可能!

 

そんな今回は、ステータスの高い法人カードを持てば、どんなメリットが得られるのかを解説します。
最後にはメリットが豊富なおすすめの高ステータスの法人カードまで紹介します!

 

 

 

ビジネスを有利に進めるメリットは実に豊富

高ステータス法人カードのメリット

 

一般的な個人カードもそうですが、法人カードはそれ以上にステータス性が重要な場面も多いです。
得られるメリットも多く、高ステータス法人カードがビジネスで活躍するのは間違いありません。

 

「信頼」や「憧れ」を抱かれる

高ステータス法人カードのメリット

 

法人カードは、会社と申請者のステータスを審査されようやく手に入るもの。
その厳しい審査を突破して法人カードを持つアナタを、周りが高く評価するのは当然かもしれません。

 

一般的に高ランクなほど審査は難しいと思われているため、プラチナ法人カードを所持していようものなら周囲からの印象は「ステータスの高い人」となるのは確実です。

 

こうした背景があるため、高ステータスの法人カードを持つことは所持者の「信頼度」を表す指標のものであり、ビジネスの世界においては事を有利に運べるといったメリットがあります。

 

例えば、取引先の方との接待では商談が良い方向に進んだり、食事に行った部下から尊敬されたりと、ステータスの高い法人カードを持つことはアナタのビジネスの質を上げるのです!

 

 

利用可能枠の上限が高い

高ステータス法人カードのメリット

 

会社を経営する立場であるなら、法人カードの利用限度額も気になるところ。

 

個人用で使われるクレジットカードとは違い、接待や事務用品の購入など多岐に渡って利用される法人カードだと、利用限度額が少ないとあっという間に使えなくなります。

 

そもそも法人カードの利用限度額というのは、1ヶ月間使える金額を指すのではなく、次の引き落としまでに使える金額を指します

 

一般ランクのような100万円が限度額の法人カードだと、仮に初月に70万円の利用をしたとしたら、その支払いが引き落とされるまでは残りの30万円しか使えません。

 

そのため支払いトラブルが起こりやすくなるのですが、高ステータスであるプラチナ法人カードであれば、利用限度額は500万円以上のものが多いので、経営上1枚あると便利なのです。

 

 

利便性に富んだ付帯サービスたち

高ステータス法人カードのメリット

 

ステータスの高いプラチナランクの法人カードは、ゴールドランクと比較するとサービスの質が豪華になるのが分かります。

 

例えば、プラチナ法人カードには付いているコンシェルジュサービス
新幹線や飛行機といった乗り物のチケットを手配してもらえたり、「接待などに使いたい」といった要望に沿ってお店を探してくれたりと、アナタに代わって面倒事をおこなってくれる優秀なサービスです。

 

また、高ステータスの法人カードともなると海外出張に強いサービスが豊富
1億円の傷害補償や、現地においてのケアサービス、他にもプライオリティパスが無料発行できるといったお得すぎる特典が豊富なので、出張頻度の多い方にとっての欠かせない1枚となっています。

 

 

 

高ステータスでおすすめの法人カードはこちら!

高ステータス法人カードのメリット

 

高いステータスを誇り、尚且つサービス面での利便性も富んだ法人カードというと早々ありませんが、その中から当サイトではこちらの「三井住友VISAプラチナビジネスカード」をおすすめします。

 

名前の通り最高ランクであることはもちろん、国内では知らない人はいないという認知度の三井住友が発行しているということもあり、信頼性×ステータス性は抜群といっても過言ではありません!

 

サービスにおいても素晴らしく、コンシェルジュを始め、プライオリティパスや1億円補償の保険など様々なサービスをご利用いただけます。
コース料理を1名分無料でいただける「プラチナグルメクーポン」も使えるので、接待費を浮かせられるだけでなく、相手へのアピールといったことも可能でしょう。

 

これだけのステータス性と利便性を備えているので、この法人カードは同ランクの中でも高い50,000円という年会費です。

 

しかし、三井住友VISAプラチナビジネスカードにはギフト券のプレゼントサービスが付帯。
半年毎(つまり年2回)におこなわれるこのサービスでは、その期間での利用額×0.5%のプレゼントがおこなわれ、最大30,000円も貰えます!
つまり、可能ならば年間60,000円という年会費以上のギフト券を受け取れるのです。

 

今なら新規申込者の方へのキャッシュバックキャンペーンも実施しているので、高ステータスの法人カードで悩まれている方にとっては大変お得な1枚です。

 

三井住友プラチナの詳細はこちら

 

当サイトでは、メリットが得られる高ステータス法人カードをまだまだ紹介しています。

こちらも参考になりますので、メリットを得たい経営者様はぜひご覧ください!

 

ステータス比較ランキング