会社の決済に最適な法人カード!初心者の方向けに作り方をご紹介!

法人カードってどうやって作るの?

法人カードの作り方

(最新更新日:2018年8月16日)

 

法人カードを初めて所持しようとしている方に、作り方について徹底解説いたします!

 

初めて何かをするときってとても不安ですよね。
法人カードの発行も同じで、「申し込みには何が必要?」「どの法人カードを選べば良いの?」「作るときの注意点はあるの?」「審査は厳しいの?」といった悩みを最初は誰もが抱きます。

 

法人カードの申請は難しいイメージもありますが、実はそんなことはなく、申し込みから発行までカンタンに済ませることができます!

 

今回は、初めての方の法人カード選びから実際の作り方までを徹底解説。
あなたに合った法人カードの作り方から、申し込みに必要な準備や手順など踏まえ、誰もが分かるように説明しますのでご覧ください!

 

 

 

法人カードを選ぶうえで大切な3つの基準

法人カードの作り方

 

作り方を確認する前に、まずはどの法人カードを作べきか調べないといけませんね。
法人カードを作るときは、まず第一に申請しますアナタの運営形態を確認する必要があります

 

2つの発行対象

法人カードの作り方

 

法人経営者個人事業主、あなたの運営形態はどちらに当てはまりますか?
ご自分がどちらに申請すべきかを明確にした後、各種法人カードのメリットを比較していきます。

 

さて法人カードですが、次に選ぶは3つのランク(階級)になります。

 

 

3種類のランク

法人カードの作り方

 

法人カードには3つのランクがあります。
各ランク毎に年会費や券面のデザイン性、付帯サービスなど比較し、最適な1枚を選びます。

 

とは言っても、いきなりランクを選べとなったら困りますよね。
大雑把ではありますが、以下の考え方から作る法人カードを選べば大丈夫です!

一般 会社内での経理処理や管理に法人カードを使いたい方
ゴールド ポイントやマイルを貯めたり、保険や優待サービスを利用したい方
プラチナ 海外主張の機会が多い方や、会食接待などでカードの券面が気になる立場の方

 

ご自分の事業形態、発行したいカードのランク、これら2つが大方決まったら、次は法人カードに備わる機能や付帯サービスの特徴に着目して作っていきます。

 

 

欲しい法人カードの特徴や機能

法人カードの作り方

 

法人カードを作るときは、この4つを比較しながら選ぶと良いでしょう。

 

法人カードの特性や特徴はさまざまあるため、選び切れないかも知れません。
しかし、法人カードを作るときに何よりも大切なのは、あなたのニーズを満たしているかどうかです。

 

  • 飛行機での移動が多い方 → マイルが貯まりやすい法人カード
  • 経費管理を楽にしたい方 → 複数枚発行できる法人カード
  • 年間経費利用額が多い方 → 利用可能枠が高く、ポイントが貯まりやすい法人カード

 

上記のようにニーズがはっきりしていれば、作るべき法人カードも自然に絞っていくことができます。

 

 

 

法人カードの作り方!

法人カードの作り方

 

では以降から、本題である法人カードの作り方について解説致します。

 

法人カードは、発行会社のホームページより申し込みをおこなうのがおすすめ!
なぜなら、申請時の変身メールなど手続きの形跡が残るため、もしもの時に備えておけるからです。

 

インターネットの申請では、以下の流れになることが一般的。

申請希望のカード会社ウェブサイトにて申込フォーム入力
申込内容に基づいて発行会社が審査
発行会社から申込書類の送付
申込書類の記入、返送(本人確認書類など必要書類含む)
発行会社による審査
審査通過の場合、簡易書留にてカード送付

大まかな流れは上記の通りですが、正確には各発行会社によって申請方法は異なります。
申込みする法人カードが決まったら、まずは申請方法を確認してみることをおすすめします。

 

 

申込時の必要書類

法人カードの作り方

 

法人カードの中には、申請時に発行会社が指定するいくつかの書類を準備する必要があります。
その中でも多くの発行会社が要求する書類が以下の4枚!

  • 入会申込書 (発行会社によって用意)
  • 法人の確認用書類 (登記時証明書、登記簿謄本のコピーなど)
  • 申請代表者の本人確認書類 (免許証、パスポートのコピーなど)
  • 引き落とし対象の法人口座または個人口座、そして口座番号が確認できるもの

 

Webから申し込むと入会申込書が直接郵送で送られますが、発行会社から直接書類請求することも可能。

 

法人確認のために必要な、本人確認書類に当たる登記謄本(または抄本)は、申込日から過去6か月以内に発行されたものが必要。

 

 

申し込みには連帯保証人が必須

法人カードの作り方

 

通常、法人カードを作るには連帯保証人の存在が必須となります。

 

法人カード発行会社は、発行先の企業がいつ倒産するかも分からない貸し倒れのリスクを背負ってます。
そのため、仮に倒産した場合の未返済分を返してくれる連帯保証人が必要となるのです。

 

一般的に、法人代表者である経営者、もしくは役員クラスの社員が連帯保証人を請け負うこと多いです。

 

自社の連帯保証人が代表者本人であっても基本的に問題はありません。
なぜなら、個人に対してではなく法人(会社)に対しての連帯保証人なので、個人事業であったとしても事業主(本人)が連帯保証人になることも実質可能なのです。

 

 

 

審査時に見られやすいポイント

法人カードの作り方

 

作り方をある程度分かって頂けたところで、法人カードの審査についての重要性にも触れていきます。

 

法人カードは、個人クレジットカードと比較してみると審査が厳しい傾向にあります。
というのも法人カードでは、申請者のみならず、会社の信用情報も審査では重要とされているからです。

 

会社の信用情報

法人カードの作り方

 

会社の信用情報で、特に見られるといわれるのが設立年数と経営状況の2つ!

 

設立年数は、会社設立から3年経過しているというのが重要とされています。
経営が軌道に乗り、今後も安定して事業をおこなえるか…という判断をおこなえるのが、この3年という期間と言われます。

 

経営状況については、黒字経営が重要とされます。
経営が黒字であることを証明できれば、貸し倒れのリスクが減るので、審査が通りやすいとされています。

 

 

代表者個人のステータス

法人カードの作り方

 

代表者である方のこれまでのクレジットカード利用履歴も重要とされています。
支払遅延を起こしていたり、ブラックリストに入っていたりすると、審査に影響が出る可能性があります。

 

一部では、法人カードの審査を受けた回数も重要な判断基準となっています。
審査に通らないからといって、次から次へと無計画に法人カードを申し込むのは避けましょう。

 

もし不利な要素に該当してしまう方は、甘い審査基準と思われる法人カードへの申請をおすすめします!

 

 

 

初めて作るならこの1枚!オリコEX Gold for Biz

法人カードの作り方

 

作りやすさに悩むなら、こちらの「オリコEX Gold for Biz」がおすすめ!
通りやすいと評判で、審査をパスできたと多くの口コミを確認できる法人カードです。

 

そんなオリコEX Gold for Bizは、法人カード初心者にも嬉しいサービスをたくさん付帯!
利用者から特に人気なのがポイント還元率とレストランサービスです。

 

オリコExGoldForBizは、法人カードでもトップクラスのポイント還元率を付帯しています。
そのため、ポイントと交換した商品を利用して、経費削減を図ることができるのです!

 

また、招待日和という「2名以上の予約で1名無料」になるレストラン予約サービスまで付いていたりと、圧倒的な付帯サービス力を誇ります。

 

お得な特典が満載のオリコEX Gold for Bizは、ゴールドで一番安い年会費となっています。

 

今なら最初の1年間の会費が無料になるキャンペーンをおこなっているので、法人様も個人事業主の方も作りやすい1枚となっています!

 

オリコEXゴールドの秘密はこちら

 

 

 

法人カード

作り方