VISAを選ぶのがおすすめ?法人カードの国際ブランドの選び方!

  • ランキング集
  • おすすめ
  • 用途別の比較
  • 審査情報
  • 初心者向け
  • 法人カードの国際ブランド徹底比較!

    VISA法人カード

    (最新更新日:2018年11月14日)

     

    法人カードの国際ブランドについてはご存知でしょうか?

     

    国際ブランドとは、法人カードに書かれた「VISA」というロゴマーク
    VISAの他にもMasterCard・AmericanExpress・JCBといった記載を、法人カードから見たことがあると思います。

     

    このような国際ブランドを見たことがある方は多いと思いますが、各ブランドによる特徴やサービス内容、どこがおすすめかついて知っている方は少ないと思います。

     

    そこで今回、法人カードに使われる国際ブランドの特徴を比較しました。
    法人カードを快適にご利用してもらうため、「各ブランドの種類」「VISAがおすすめの理由」「どのブランドが最適か?」など解説していきます!

     

     

     

    国際ブランドとは?

    法人カード

     

    国際ブランドとは、クレジットカード決済をおこなえるシステムを持つ企業を指します。
    みなさんも聞いたことがあるだろうVISAMasterCardは、正に国際ブランド。

     

    上記の2つを含め、DinersClub・AmericanExpress・そしてJCBは5大国際ブランドと呼ばれ、大半の法人カードはこの5つの企業から発行されています

     

    もし、アナタがクレジットカードや法人カードをお持ちであれば、この5大国際ブランドだと思うので確認してみてはいかがでしょう。

     

     

     

    法人カードに使われる主な国際ブランド

    法人カード

     

    No.1国際ブランドのVISAをはじめ、各企業を比較すると性能やサービスに違いがあるのが分かります。

     

    性能やサービスが違うということは、アナタの法人カードの使用用途によっても、おすすめの国際ブランドは変わってくることでしょう。

     

    国際ブランドを選ぶときは、その性能とアナタのニーズを比較することが大切。
    アナタが快適に法人カードを利用できるように、VISAを始めとする国際ブランドの紹介します!

     

     

    VISA

    国際ブランド「VISA」の法人カード

     

    VISAはアメリカが生んだ「全世界で最も多くの方に利用されている国際ブランド」です。
    日本では国内ブランドのJCBも人気ですが、世界での比較となるとVISAの人気は圧倒的!

     

    ここ数年のシェア率のデータでは、発行枚数14億枚と驚異の結果が出ているVISA。
    2位のMasterCardと比較してみると、その差は6万枚もあるので、如何に利用者が多いか分かります。

     

    シェア率はもちろんですが、信頼のおける国際ブランドとしてVISA一番安心できる企業です!

     

     

    MasterCard

    国際ブランド「VISA」の法人カード

     

    国際ブランドでは、惜しくも2位のシェア率となったMasterCard。
    しかし、国内においてはVISAと比較するとシェア率は大差なく、MasterCardの法人カードであっても安心して利用できます。

     

    一部では、国際ブランドはMasterCardを選ぶ方がサービス面においてVISAよりお得な法人カードもあるので、利用できる特典にはしっかり目を通しましょう!

     

     

    AmericanExpress

    国際ブランド「VISA」の法人カード

     

    AmericanExpressは、ステータス性が最も高い法人カードを提供してることで有名。
    ブラックカードの発行は、AmericanExpressが初めておこなったとしても知られています。

     

    ステータス性に優れているので「社長に持っていて欲しい法人カード」と言われており、性能面においてもレストランやゴルフ場の優待サービス、空港ラウンジの利用サービスなど、特典が豊富に詰まった理想的な1枚です。

     

    提携先であるJCBではスムーズなカード決算ができるので、日本での利用も安心です。

     

     

    JCB

    国際ブランド「VISA」の法人カード

     

    JCBは、日本で唯一の国際ブランド!
    そのため、サービスや補償を受けるときなどの対応は日本語のオペレーターがおこなうので、海外に行かれる機会が多い方などにJCBはおすすめ。

     

    シェア率ではまだまだなJCBですが、日本ブランドというだけあって信頼性が高く、利用できる国や場所は確実に増えています。
    日本を始め、多くのアジア国では使えるので、海外出張での利用でも安心です!

     

     

    DinersClub

    国際ブランド「VISA」の法人カード

     

    DinersClubは、アメックスと同じくステータス性が高いと世界的に評価されている企業。

     

    アメリカ発祥のDinersClub、現在は三井住友の「トラストクラブ」という企業が運営しています。
    そしてJCBとの提携もしているので、JCBが利用可能な店舗であればDinersClubも利用可能

     

    日本での提携先を広めているDinersClubですが、最近ではカナダや北米周辺諸国にも進出しており、着実に利用可能範囲を広げています。

     

     

    DiscoverCard

    国際ブランド「VISA」の法人カード

     

    DiscoverCardは、1985年に誕生した若いブランドながらも、アメリカを中心に活動後は世界各国で利用可能になるまで成長し、最近になって国際ブランドとして名をあげるれるようになりました。

     

    しかし、日本での発行が認められていないので、この法人カードを見ることはまだ先になりそうです。

     

     

    中国銀聯 (UnionPay)

    国際ブランド「VISA」の法人カード

     

    近年、急激にシェア率を挙げている中国発祥の銀聯カード。
    元々は中国国内の買い物に利用するため作られたものだったのですが、訪日される方が増えたため、日本でも銀聯カードが利用できるようになりました。

     

    銀聯カードは、法人カードではなく「法人用デビットカード」です。
    つまり、引き落とし口座にお金が無い場合は使えないので注意しましょう。

     

    VISAと比較すると、実はシェア率に関しては同等な利用者数がいます。
    しかしながら、銀聯カード利用者はその大半が中国の方なので、世界シェアという観点であればVISAが勝利します。

     

     

     

    シェア率No.1のVISAをおすすめしたい3つのポイント

    法人カード

     

    当サイトがおすすめしたい国際ブランド「VISA」。
    シェア率がNo.1だからということもありますが、他にもおすすめしたい理由があります。
    そこで、国際ブランドではVISAがおすすめな3つの理由を紹介します!

     

    信頼性が高い!

    国際ブランドで選ぶ法人カード

     

    何度もいいますが、VISAは世界シェアNo.1の国際ブランドです。
    多くの方が支持する理由は、性能やサービスはもちろんのこと、信頼性の高いクレジットカードだからでもあります。

     

    お金が絡む法人カードのようなものは信頼性が何よりも大事。
    その点において、世界各国で利用されているVISAを選ぶのは正解でしょう。

     

     

    国内・海外どんな場所でも法人カードが利用可能!

    国際ブランドで選ぶ法人カード

     

    基本的に、クレジットカード決済ができるお店でVISAは使えます
    それは日本だけでなく、世界であっても同じこと。

     

    他の国際ブランドと比較しても、VISA以上に提携店舗が多い国際ブランドはありません。
    出張や旅行で他国に行く頻度が多い方に、VISAの法人カードはおすすめです。

     

     

    VISA専用の特典や付帯サービスが付いてくる!

    国際ブランドで選ぶ法人カード

     

    国際ブランドをVISAにすることで、専用の特典やサービスを利用することができます。
    これは他の国際ブランドでも同じことがいえるのですが、VISAのサービスは質と評判が高く、利用者から特に人気なのが「VISAビジネスグルメオファー」です。

     

    VISAビジネスグルメオファーとは、レストランやホテルなどの食事処において優待価格での利用ができるサービス
    接待といった大切な人を招待する場として使えるようなおすすめのレストランもあるので、相手からの信頼感や距離は深まることでしょう!

     

     

     

    VISA付帯のおすすめの法人カード!

     

     

    国際ブランドについてのサービスや特徴、お分かりいただけましたか?

     

    法人カードは、最適な1枚を探すとなると比較すべきことが多いので選ぶのが大変です。
    しかし、それらも使えなければ意味がないことを考えると、決済に関して国際ブランドを考えるのは非常に重要といえます。

     

    今回注目していたVISAであれば、様々な国やお店で利用できる上に、多くの法人カードで利用できる国際ブランドなので、困ったらVISAを選ぶと良いでしょう。

     

    では最後に、当サイトがおすすめするオリコExGoldForBizの紹介をします。
    こちらはコストパフォーマンスに優れており、性能と年会費の面で非常に優秀な法人カード

     

    ポイント還元率は最大1.1%と法人カードトップクラス、そしてゴールドランク再安値の2,000円という年会費で利用できるので、負担は少なくメリットは多く得られます。

     

    国際ブランドはVISAを選択でき、VISAビジネスオファーを始めとした付帯サービスを数多く利用可能!
    受けられるサービスについてはこちらが参考になるので、ぜひご覧ください。

     

    オリコExGoldForBizの詳細はこちら