残高不足により、法人カードの支払いを滞納したときの対処とは?

法人カードの支払いを残高不足により滞納したときの対処!

 

経費管理や節税の実現から、経費の支払いを法人カードで済ます企業が増えています!
ただ法人カードに頼るあまり、いざ引き落としのとき残高不足だったという企業が中にはあるようです。

 

当然ですが、法人カードの利用額を滞納してしまうのはご法度。
信頼の欠ける行為であり、残高不足が法人カードの利用停止に繋がることも!

 

では、残高不足により滞納してしまった場合の対応はどうすれば良いのでしょうか?
今回は、法人カードでの引き落としで残高不足だった際の対処方法を紹介します。

 

信頼性を損なわないためにも、法人カードを使う方はぜひ目をお通しください。

 

 

 

残高不足になるケースは、実は多々あります

 

ビジネスでは、備品購入・接待・コンサルティング…など、法人カードを使う機会がたくさん!

 

こうした支払いの積み重ね、それから経費の額も大きいことから請求額>口座内金額となっており、残高不足による滞納をしてしまった企業があるそうです。

 

「この月だけ支払いが多い」なんてイレギュラーな事態もビジネスではありますから、普段と違う額に残高不足となることもあるでしょう。

 

また、法人カードは企業だけでなく個人事業主も使います。
個人で管理するにも限界はあり、つい残高不足にしてしまっていた方もいるのでは?

 

こうした急な出費や振込忘れからキャッシュフロー調整ができず、残高不足になるケースがあるようです。

 

 

 

発覚後は、迅速な対応を心がけましょう

 

何らかの理由で残高不足と気づくこともありますが、滞納をすると基本的に催促状が届きます。
残高不足だと伝えているモノなので、もし届くことがあれば迅速に支払いましょう!

 

ビジネスでは利用する額が大きいので、滞納はアナタの信頼性を欠く大きな要因。
法人カード発行会社との信頼関係を築くため、残高不足と判明したら早急な対応が必要です。

 

こうした対応ができれば、残高不足となっても信頼度が落ちることは少ないでしょう。
しかし、もし長期間滞納したり残高不足の回数が増えたりすると、会社やアナタにとって大きなダメージとなることも…。

 

 

 

滞納が続くとブラックリスト入りすることも…

 

残高不足による滞納を続けると、法人カードであってもブラックリスト入りします。

 

法人カードとはいえ、信用情報に傷が付けばプライベートにも大きく影響がでます。
ローンが組めないなどの問題が出てくるので、残高不足が起きたら迅速に対応しましょう。

 

また、残高不足により支払いが滞れば、当然ですが法人カードは利用停止
企業にとって大きな機会損失の火種となりえるので、残高不足は十分注意しましょう!

 

 

 

いつ起きるか分かりません!前もった準備を!

 

法人カードでの残高不足は、一般的には起こさない方がほとんど。
ただ「自分は大丈夫だろう」と思っていると危ないので、残高不足の注意を心掛けておきましょう!

 

もし不安な方は、法人カードの使い方を工夫することで、注意を最小に抑えることができます。

 

例えば、光熱費や通信費など、月極の支払いに専用の法人カードの用意するのはおすすめ。
毎月の請求額が大きく変動しないので、振込む額もある程度分かり、残高不足の恐れが減ります。

 

また、月極のモノは利用停止となると困ることが多々あるので、確実に払える環境作りは大切!
今は低年会費の法人カードも多く、2種類以上作れるので使い分けを検討されても良いですね。

 

おすすめはこちらの法人カード、オリコEX Gold for Biz

 

利用限度額が最高300万円と高く、また高還元率のポイントサービスも付帯。
そして年会費が2,000円と安価なので、月極専用法人カードとしておすすめです!

 

そしてもう1枚のショッピング用の法人カードですが、こちらで当サイトのおすすめをランキングにしてまとめているので、用途別にアナタの最適な1枚をお選びください。

 

もう1枚の法人カードを探す