セゾンとアメックスが提携して発行する法人カードの魅力を紹介!

セゾン発行のアメックス提携法人カードが持つ魅力とは?

最終更新日: 2021年1月2日

画像: セゾン発行のアメックス提携法人カードについて

法人カードの発行会社として人気がある「セゾン」と「アメックス」。
これらの発行会社が提携して作成する法人カードにはどんな特徴があるのか、気になる方もいるのではないでしょうか?

セゾンとアメックスの提携法人カードが持つ魅力と言えば、やはり比較的低い年会費で導入できるところです。
アメックスが自社で発行する法人カードと比較して、導入コストの安さは圧倒的!
導入する法人カードのランクによっては、数万円も年会費が違います

しかも、それでいて法人カード自体の性能が劣っている訳ではないのだから驚きです。
アメックスが自社発行しているものとはまた違った特徴があるため、人によってはセゾンとの提携法人カードの方が魅力的に映るかもしれません。

そんなセゾンとアメックスの提携法人カードについて、今回は解説!
どういった特徴を持っているのか紹介することに加え、セゾンとアメックスの提携法人カード2枚を表にて紹介します。
その上で、おすすめの法人カードを紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

セゾンとアメックスの関係性について

画像: セゾンとアメックスの関係性について

セゾンとアメックスが提携して発行する法人カードについて紹介する前に、これら2社がどういった関係性にあるのか紹介します。

セゾンとは、正式名称を「クレディセゾン」と言い、1983年からクレジットカードの発行を開始した発行会社のことです。
これ以前は、西武百貨店でのみ利用できるカードを発行していましたが、1984年以降に国際ブランドとして有名な「VISA」や「Mastercard」などと提携。
それにより、西武グループ以外でも利用できるクレジットカードが作成できるようになりました。

一方でアメックスとは、もとは宅配業者としてアメリカで活躍していた企業のこと。
1958年にアメリカホテル組合のクレジットカード発行会社を買収し、1970年代から世界各国でクレジットカードの発行を開始した老舗の発行会社です。

そんなセゾンとアメックスが提携を開始したのは1997年
国際ブランドとしてアメックスを採用した「セゾン・アメリカン・エキスプレスカード」を発行したのが始まりでした。

これ以降現在に至るまで、セゾンとアメックスでは提携カードとして合計8種類のクレジットカード・法人カードを作成しています。
その内、法人カードとして発行されているのは計2種類。
どちらの法人カードも、セゾン・アメックスが持つ良いところを凝縮した性能を持っているため、数多くのビジネスマンに重宝されています。

比較してわかる導入コストのお手軽さ!

画像: 導入コストについて

セゾンとアメックスが提携して発行する法人カードには、非常にリーズナブルな年会費が設定されています。

例えば、アメックスが自社で発行するものと、セゾンが発行する提携法人カードを比較してみると、その年会費の安さは歴然です。

法人カード名 アメックス・ビジネスグリーン セゾンコバルト・
ビジネスアメックス
券面 画像: アメックス・ビジネスグリーン 画像: セゾンコバルト・ビジネスアメックス
ランク 一般
年会費 12,000円 1,000円

比較表の通り、これら2枚の一般ランク法人カードを比較してみると、年会費には11,000円もの差があります
そのため、より低コストで導入できる法人カードを導入するなら、セゾンとアメックスが提携して発行するものを選ぶ方が良いでしょう。

当然、設けられている年会費の差は、一般ランクに限った話ではありません。
さらに、プラチナランクで比較すれば、いかにセゾンとアメックスが提携して発行する法人カードの方が安い年会費を設定しているかわかります。

法人カード名 アメックス・ビジネスプラチナ セゾンプラチナ・ビジネスカード
券面 画像: アメックス・ビジネスプラチナ 画像: セゾンプラチナ・ビジネスカード
ランク プラチナ
年会費 130,000円 20,000円

セゾンが発行する提携法人カードでは、プラチナランクとしてはリーズナブルな20,000円という年会費を設定。
一方でアメックスが自社で発行するプラチナ法人カードの場合、130,000円という驚くほど高額な年会費が必要です。

なんと、これら2枚の法人カードを年会費で比較すると、その差は6.5倍
このように、圧倒的に年会費の安さに違いがあるので、コスパに優れた法人カードを導入するなら、セゾンとアメックスの提携法人カードがおすすめです。

ちなみに、セゾンプラチナ・ビジネスカードでは、年会費の優遇特典が利用できます。
これは、年間で200万円の法人カード利用を達成すると、翌年度の年会費が半額になるというもの。
アメックスが提携するプラチナランクの法人カードをたった10,000円で所持できるので、非常にお得な特典と言えます!

ポイント還元サービスにも魅力がある!有効期限がない

画像: ポイント還元サービスについて

セゾンとアメックスが提携する法人カードを導入すれば、特徴的なポイント還元サービスを利用できます。
それが、「永久不滅ポイント」というものです。

永久不滅ポイントとは、セゾンが提供するポイント還元サービスのこと。
1,000円の利用額に対して1ポイントが獲得でき、1ポイント当たりの価値は5円程度です。
よって、アメックス提携のセゾン法人カードで実現できるポイント還元率は0.5%となっています。

このポイント還元率は、法人カードの平均還元率と同じ値。
なので、法人カードの平均値と比較すると、そこまで特徴的なポイント還元サービスとは言えません。

しかし、アメックスとセゾンが提携して発行する法人カードを海外で利用した場合、このポイント還元率は2倍に上昇します!
結果として、1.0%という高ポイント還元率を実現できるので、海外での法人カード利用時は効率的なポイント集めが狙えます。

しかも、永久不滅ポイントは、その名の通りポイントが永久的になくならない還元サービスです。
有効期限が設けられていないため、ポイントの失効を気にする必要がない嬉しい特徴を持っています。

アメックスが自社発行する法人カードの場合、ポイントの有効期限は3年に設定。
もちろん、設けられている有効期限を過ぎると、せっかく貯めたポイントは失効してしまいます。
そのため、年間の利用額によっては、交換に必要なポイントを貯められず、泣く泣く失効してしまう可能性があります。

反対に、セゾン・アメックスの提携法人カードであれば、こういった失効に対して心配する必要はありません。
交換に必要なポイント数を自身のペースで貯めていけるので、より気軽にポイントを集められることでしょう!

最短3営業日での発行が可能!

画像: 発行期間について

発行期間が非常に短いところも、セゾンとアメックスが提携して発行する法人カードの大きな魅力です!

通常、法人カードの発行には、個人向けクレジットカードより多くの時間が掛かります。
これは、個人向けクレジットカードと比較して、申請時の必要書類が多かったり審査で確認する項目が増えたりするためです。
なので、導入する法人カードによっては、1ヵ月以上の期間が掛かってしまうこともあります。

しかし、セゾン・アメックスの提携法人カードは、最短3営業日で発行できます

お申込後3日~1週間程度でカード発行いたします。

参照:セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

しかも、導入するセゾン・アメックス提携法人カードのランクは関係ありません!
一般ランクはもちろんのこと、プラチナランクのセゾン・アメックス提携法人カードも最短3営業日で発行できます。

きっと、キャッシュフローの改善を迅速に行う必要があることから、できる限り早めに法人カードを導入したいと考えている方も少なくないことでしょう。
そんな方にとって、セゾンとアメックスが提携発行する法人カードは最適です。
申し込みから発行までの流れが滞りなく進めば、明々後日には法人カードを手にできるかもしれません!

審査には通りやすいと推測できる!その理由とは?

画像: 審査について

アメックスとセゾンが提携して発行する法人カードは、審査が甘いかもしれません!
というのも、セゾン・アメックスの提携法人カードは、発行期間が短かったり必要書類が少なかったりするためです。

上述した通り、セゾンとアメックスが提携発行する法人カードは、最短3営業日での発行が可能。
一方で他の法人カードの場合、発行までに平均2~4週間程度の期間が掛かってしまいます。

発行までの期間が長いほど、それだけ詳しく様々な項目を確認している可能性が高いです。
もちろん、色々な項目をより細かくチェックされれば、その分審査の難易度は上がることでしょう。

しかし、セゾンとアメックスの提携法人カードの場合、発行に掛かる期間がたったの3日です。
発行期間が3日ということは、審査に掛ける日数は1~2日程度ということ。
審査が比較的ゆるく行われている可能性があるため、セゾン・アメックスの提携法人カードは、所持までのハードルが低いかもしれないという訳です。

そして、必要書類が少ないところも、セゾンとアメックスが提携して発行する法人カードが審査に通りやすいと推測できる1つの要因となります。

以下の表にて、一般的な法人カードと、セゾン・アメックス提携の法人カードに申請する際の必要書類をまとめています。

一般的な法人カード ・本人確認書類
・法人確認書類(※)
セゾン・アメックス提携の法人カード ・本人確認書類

(※ 個人事業主の方が申請する場合、法人確認書類は不要です)

例えば、法人代表者の方が一般的な法人カードに申し込む場合、法人確認書類の提出を求められることがあります。
法人確認書類として用意すべきなのは、履歴事項全部証明書(登記簿謄本)といったもの。
こういった書類を提出しなければいけないということは、審査の際に事業内容などを詳しくチェックされる可能性が高いということです。

一方でセゾン・アメックスの提携法人カードだと、法人確認書類は必要ありません。
当然ながら、この書類の提出が不要であれば、事業内容などを審査で深く確認する可能性は低いと思います。
なので、セゾンとアメックスが提携発行する法人カードは、審査が甘いと推測できるのです!

セゾン・アメックスの提携法人カード2枚を表にて紹介!

画像: セゾン・アメックスの提携法人カード一覧表

ここからはアメックスと提携して発行するセゾン法人カード2枚を表形式で紹介!
「一般ランク」・「プラチナランク」の法人カードがあり、それぞれ特徴が全く異なるので、ぜひ参考にしてみてください。

カード名 セゾンコバルト・
ビジネスアメックス
セゾンプラチナ・
ビジネスカード
券面 画像: セゾンコバルト・ビジネスアメックス 画像: セゾンプラチナ・ビジネスカード
年会費 1,000円 20,000円
ポイント還元率 0.5% 0.5%
マイル還元率 最大0.3% 最大1.125%
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円
プライオリティパス ×
コンシェルジュ ×

上記表の通り、セゾンコバルト・ビジネスアメックスは、たった1,000円の年会費で所持できます。
セゾンプラチナ・ビジネスカードと年会費を比較してみると、その差は19,000円
いかに、セゾンコバルト・ビジネスアメックスが低コストで導入できるかわかることでしょう。

それでいて、この法人カードには、魅力的な優待サービスがいくつか備わっています!
例えば、ワークスペースを半額で利用できたり、モバイルWiFiを特別価格で借りられたりと、付帯する優待サービスは様々。
そのため、低年会費ながらも優れたサービスを利用したいという方には、セゾンコバルト・ビジネスアメックスがおすすめです。

一方でセゾンプラチナ・ビジネスカードは、業界最高峰のマイル還元率と充実した付帯サービスが大きな強み。
なんと、この法人カードでは、最大1.125%という驚異的なマイル還元率を実現できます。

さらに、セゾンプラチナ・ビジネスカードには、手厚い旅行傷害保険が備わっています。
その補償額は、国内最高5,000万円・海外最高1億円という充実っぷり!
なので、出張時に万が一のことがあったとしても、治療費に対しての心配は要りません。

しかも、セゾンプラチナ・ビジネスカードを導入すれば、「プライオリティパスの無料発行サービス」や「コンシェルジュサービス」も利用できます。
よって、法人カードに性能の高さや上質なサービスを求めている方には、セゾンプラチナ・ビジネスカードをおすすめします。

最大1.125%のマイル還元率を実現!最高峰の性能を持つ1枚

画像: おすすめの1枚について

セゾン・アメックス提携の法人カードを導入するなら、「セゾンプラチナ・ビジネスカード」がおすすめ!
というのも、セゾンとアメックスが提携して発行するこの法人カードは、高いマイル還元率を実現でき、且つ一級品のサービスを豊富に備えているからです。

このアメックス提携法人カードが持つ最大の魅力と言えば、何と言っても驚くほど高いマイル還元率を実現できるところ!
セゾンプラチナ・ビジネスカードで実現できるマイル還元率は、最大1.125%にもなります。
全法人カードの中でも最も高いマイル還元率を有することから、飛行機での出張時に効率的な経費削減を狙えます。

また、「プライオリティパスの無料発行サービス」や、「コンシェルジュサービス」が備わっているところも魅力的です。

プライオリティパスとは、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるカードのこと。
本来、プライオリティパスの発行には、約46,000円という高い年会費が必要です。
しかし、セゾンプラチナ・ビジネスカードがあれば、このカードを無料で発行できます!

プライオリティパスで利用できる空港ラウンジでは、アルコールを始めとしたフリードリンクのサービスや、ビュッフェスタイルの食事を提供。
加えて、利用する空港ラウンジによっては、シャワールームの貸し出しなども行っています。
なので、この法人カードを導入すれば、空港での待ち時間でひと時のリラックスタイムを過ごせることでしょう!

そして、コンシェルジュサービスとは、24時間年中無休で様々な要望に応えてくれるサービスのこと。
エアーチケットやホテルの予約を始め、取引先の方に贈る品の選定や相談にも対応してくれます。
非常に様々な依頼に応えてくれることから、あなたの心強い味方になってくれることは間違いないでしょう!

そんなセゾンプラチナ・ビジネスカードには、20,000円という比較的リーズナブルな年会費が設定されています。
しかも、年間200万円以上の法人カード利用を達成することにより、この年会費を半額にすることが可能です。
これほど優秀なプラチナランクの法人カードをたった10,000円で所持できる可能性があるので、コストパフォーマンスの面でも申し分ありません!

現在、この法人カードでは、最大10,000円相当ものポイントが獲得できるキャンペーンを実施中。
お得なこの機会に、ぜひセゾンプラチナ・ビジネスカードの導入を検討してみてください!

セゾンプラチナ・ビジネスカードの詳細

他の法人カードにもおすすめはある!

画像: 他のおすすめ法人カードについて

今回は、セゾンとアメックスの提携法人カードが持つ魅力や特徴などを紹介しました。
また、セゾン・アメックスが提携して発行する法人カードの中でも、特におすすめの1枚を紹介したので、導入してみることをおすすめします!

とはいえ、法人カードを導入するなら、他の選択肢も確認しておく方が良いでしょう。
これは、他の発行会社が作成するものの中にも、魅力的な特徴を持つ法人カードがあるためです。

例えば、他の法人カードを確認することにより、セゾン・アメックスが提携発行するものと比較できます。
当然、しっかりと比較すれば、よりあなたに合った法人カードを導入できるはずです。

そこで、もし他の法人カードもチェックしておきたいという方がいたら、ぜひ当サイトを活用してみてください!
多種多様な法人カードを紹介しているので、きっと参考になると思います。

法人カードを探す

TOP > セゾンとアメックスが提携して発行する法人カードの魅力を紹介!