ANA法人ワイドゴールドカードのメリットとサービス詳細

フライトボーナスマイルが魅力!ANA法人ワイドゴールドカード

最終更新日: 2019年8月20日

  • 年会費:19,000円
  • 申込み:法人経営者 / 個人事業主
  • ブランド:JCB
  • 総合スコア:16/30

飛行機での出張が多く、ANAを利用されることも多いビジネスマンの方。
そんなアナタに、ANA法人ワイドゴールドカードはとても相性が良い法人カードです!

ANA法人ワイドゴールドカードは、フライト&ボーナス特典から、多くのマイルを貯めることが可能。
付帯する保険も充実しており、搭乗機会の多いアナタに手厚いサービスをもたらします!

そんなANA法人ワイドゴールドカードは、決済ブランドも3種類から選択可能。
最適な1枚を選ぶことで、よりANA法人ワイドゴールドカードの恩恵を得ることができます。

今回は、ANA法人ワイドゴールドカードのマイル付与の仕組みについて、またブランドの違いといったことを紹介します!

クイック申し込み

ANA法人ワイドゴールドカードの詳細がこちら

ANA法人ワイドゴールドカードは、名前にもある「ANA」のマイルが貯めやすい法人カード。
ボーナス付与が多く、それによりマイルをたくさん貯めることができます!

年会費が19,000円と少々高いですが…

  • フライトマイル×25%が加算
  • 貯めたポイントをマイルに移行可能
  • 移行手数料は無料!

と上記のメリットがあるため、ANA法人ワイドゴールドカードの費用対効果は高いのです。

他にも、決済ブランドを3種類から選べたり、保険が充実といったメリットも!
そんなANA法人ワイドゴールドカードのスペックがこちらです。

カード名 ANA法人ワイドゴールドカード
券面
ポイントプログラム名 OkiDokiポイント (JCBブランドのみ)
ポイント還元率 0.48%
発行対象 法人・個人事業主
年会費 19,000円
追加カード年会費 4,000円
利用限度額 50万円~250万円
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間最高500万円
空港ラウンジ
ゴールド特典として、この法人カードがあれば空港ラウンジに無料で入場可能。
国内主要空港とハワイ・ホノルル空港といった一部の海外ラウンジも入れます。
搭乗までの数時間、こちらで休まれてはいかがですか?

お申し込みはこちらをクリック

入会時・継続時・搭乗時!マイルのボーナス付与が目白押し

ANA法人ワイドゴールドカードには、ANAマイルがたくさん付与されるボーナス特典が豊富!

例えば、入会時からさっそくマイルを獲得できます。
というのも、入会特典としてANA法人ワイドゴールドカードの新規会員は2,000マイルを貰えるからです!

またこの2,000マイルは、1年間の継続をすることでも貰うことが可能。
つまりANA法人ワイドゴールドカードがあれば、毎年必ず2,000マイルものボーナスがあるのです。

他にも、ANA法人ワイドゴールドカードがあると、飛行機搭乗時に貰えるマイルの付与率がアップ!
「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」と割増率が高いので、ANAを利用される方にはお得なサービスとなっています。

お申し込みはこちらをクリック

安心サポート!高額補償の保険サービスが付帯

保険もしっかり完備された、ANA法人ワイドゴールドカード。

飛行機を利用されるビジネスマンの中には海外へ行かれる方もいますが、ANA法人ワイドゴールドカードでは国内だけでなく海外の補償も完備されているので、安心してご利用できます。

最高補償は、国内5,000万円、海外1億円というプラチナクラスの補償が付帯。
これは最高補償になりますが、国内外とそれぞれ傷害や疾病、それから入院日額等の高額補償も割り振られていますので、万全のサポートが整えられています。
※詳細情報については、公式サイトの記載をご覧ください

3種類のブランドから選ぶことができます!

ANA法人ワイドゴールドカードでは、決済ブランドを「VISA/MasterCard/JCB」から選べます。
ここで注意しなければならないのが、選ぶ国際ブランドにより一部性能に違いがでること!

例えば、全ブランドにショッピング保険が付帯されていますが、VisaとMastercardは最高300万円、JCBは最高500万円と補償額に違いがあります。
同じ年会費・利用限度額ではありますが、こういった違いがブランドによりあるのです。

他にも、ETCカードの発行手数料や年会費が違ったり、付帯サービスにも違いがあったりします。
また、各ブランドによって審査も変わるので、甘い厳しいの基準が異なることでしょう。

当サイトでは、やはり保険で200万円もの差が出たJCBの発行をおすすめします。

お申し込みはこちらをクリック

審査を通ることは難しい?

選ぶブランドはJCBがおすすめなので、その審査について話します。
ANA法人ワイドゴールドカード(JCB)の審査ですが、正直どれほどか分かりません。

ただ、2017年までは「JCBは審査が厳しい」と言われていたのが、最近の傾向を見るに突破率が上がっているようにもみえました。

当サイトの調査でも、JCB法人カードに申し込まれた内の60%が発行までできたことが分かり、今は高確率で発行できる法人カードとして位置付けています!

しかし、こちらの法人カードはゴールドランクであることをふまえると、少々難しいかもしれません。
信用情報に問題なければ、ぜひとも検討されてみていただきたい法人カードです!

もし難しそうと思われたなら、他にもマイルが貯まりやすい法人カードはあります。
その中には審査が通りやすいと思われる法人カードもあるので、こちらをご参考ください!

マイル比較ランキング

レビュー