ステータス性の高いおすすめ法人カードランキングBEST5!

ステータス性の高いおすすめ法人カードランキング!

最終更新日: 2020年9月3日

  • ランキング第1位

    アメックス・ビジネスゴールド

    ランキング1位の法人カード

    世界で名高いアメックスブランドの高ステータス法人カード!
    マイル還元率
    最大1.0%
    年会費
    31,000円 (初年度無料)

    詳細を見る


    公式ページ

  • ランキング第2位

    三井住友forOwnersプラチナ

    ランキング2位の法人カード

    登記簿謄本&決算書不要!すぐに申し込めるプラチナ法人カード
    キャッシュバック
    最大3万円/半年
    年会費
    50,000円

    詳細を見る


    公式ページ

  • ランキング第3位

    JCBプラチナ法人カード

    ランキング3位の法人カード

    国内産の発行会社&国際ブランドで知名度抜群の法人カード!
    旅行傷害保険
    国内外最高1億円
    年会費
    30,000円

    詳細を見る


    公式ページ

当ページでは、ステータス性が高いおすすめの法人カードを紹介します!

法人カードを導入するにあたって、経営者や個人事業主である以上、ステータス性は気になりますよね?

法人カードは、あまり見られることがないようで、実は見られる機会が多いです。
備品の購入時や接待での会計時、また経理担当者などは実物ではなくともどんな法人カードで決済を行っているかは把握することになるでしょう。

そんな時、高ステータスな法人カードで自分自身のステータスを証明することができます。
取引先や同業者の方から、「高ステータスな法人カードを導入できる人」と認知されれば、厚い信頼の獲得に繋がります!

そこで今回は、ステータス性の高い法人カードをランキング形式で紹介。
ステータス性の高いおすすめ法人カードランキングBEST5」と題して高ステータスな法人カードを5枚紹介するので、ぜひご覧ください!

おすすめの5枚はこちら!

アメックス・ビジネスゴールド

  • 年会費:31,000円 (初年度無料)
  • 発行対象:法人代表者 / 個人事業主
  • 国際ブランド:AMEX
  • 世界で通用するアメックスブランドの法人カード
  • 最大マイル還元率1.0%!出張費の削減に大きく貢献!
  • 手厚い保険が豊富に付帯!旅行傷害保険はなんと最高1億円の補償額!

ステータス性の高いおすすめ法人カードランキング第1位は、「アメックス・ビジネスゴールド」。
この法人カードを1位に選出した理由は、国内外問わず通用する高いステータス性を持っているからです!

アメックスは、他の発行会社よりも高水準のサービスレベルを維持することにより、「アメックス=高ステータス」というイメージを100年以上も保ち続けている老舗企業。
それゆえ、世界中でその実績を認められていて、そんなアメックス発行のゴールド法人カードであるアメックス・ビジネスゴールドは、ステータス性が非常に高いと言われています!

また、アメックス・ビジネスゴールドには、高ステータスである他に、魅力的なサービスが数多く備わっています。
例えば、マイルによる高額還元・付帯保険による高額補償・豊富な優待利用サービスなど。

なかには、著名人から直接ビジネスに関する知識を得られるイベントに参加できる会員限定サービスなど、他の法人カードでは味わえないようなサービスまで付帯しています。
ステータス性の高い法人カードを所持する経営者や個人事業主同士での席では、新たなビジネスチャンスが訪れるかもしれません!
※「佐々木圭一に学ぶ『伝え方が9割』のメソッド」・「田崎真也に学ぶスマートなワインの選び方」…etc

世界中でその高いステータス性を認められているアメックス・ビジネスゴールドを、ぜひあなたも導入してみてはいかがでしょうか?

クイック申し込み

三井住友forOwnersプラチナ

  • 年会費:50,000円
  • 発行対象:法人代表者 / 個人事業主
  • 国際ブランド:VISA / Mastercard
  • 国内外でのキャッシングに対応した法人カード
  • キャッシュバックサービスで年間最高60,000円の還元!
  • コース料理1名分が無料になるレストラン予約サービス付帯!

ステータス性の高いおすすめ法人カードランキング、第2位は「三井住友forOwnersプラチナ」です!

三井住友forOwnersプラチナは、プラチナランクで最もステータス性が高い法人カード。
発行会社の三井住友は、国内で知らない人がいないほどの知名度のあるので、信頼性が抜群という高ステータスな法人カードです。

高ステータスな法人カードにおける知名度はとても大切で、ビジネスシーンでは身に着けているもので相手からの評価が変わることもあります。
知名度と信頼性の高い三井住友forOwnersプラチナなら、そのステータス性を活かし、ビジネスを円滑に勧められることでしょう!

そんな三井住友forOwnersプラチナは、ステータス性が高いだけではありません。
保険やポイントといった嬉しいサービスはもちろん、プラチナランクの法人カードだから受けられるコンシェルジュサービスなど、経費削減や作業の効率化に貢献してくれる優秀なサービスが備わっています!

そのため年会費はプラチナランクの法人カードの中でも高い傾向にはありますが、三井住友プラチナforOwnersの持つサービスを駆使すれば、実質年会費無料にすることだって可能です。

同ランクの法人カードと比較すると、登記簿謄本を必要としない審査なので、高ステータスの1枚を所持したい方はぜひ検討してみてください!

クイック申し込み

JCBプラチナ法人カード

  • 年会費:30,000円
  • 発行対象:法人 / 個人事業主
  • 国際ブランド:JCB
  • 国内外最高1億円の補償がある旅行傷害保険
  • 特定のレストランではコース料理1名分が無料になる!
  • 追加カードに発行上限がないので多くの役職の方に渡せる!

ステータス性の高いおすすめ法人カードランキング、第3位に選出したのは「JCBプラチナ法人カード」。
国際ブランドとしてはただ一つの日本からの発行会社で、国内シェア率も高い人気の法人カードです!

知名度もさることながら、JCBは他者からの評価が得られやすいスッキリした券面とわかりやすいロゴが印象的。
そのため、JCBプラチナ法人カードはどこで使用してもで高い利便性と便利なサービスを備えています!

サービスについては、本来$399で世界中のVIP空港が利用できるプライオリティパスを無料発行可能。
それに、24時間365日対応のコンシェルジュサービスも付帯しています。

さらに、高額な旅行傷害保険が付帯していることも、JCBプラチナ法人カードの大きな魅力です。
旅行傷害保険は、国内外最高1億円の補償額。
診察代や治療費、さらには入院費用など、病院に罹る様々なシチュエーションに対応しています。

しかも、補償額は下がるものの、JCBプラチナ法人カードの所持者の家族も保険適用範囲内
そのため、JCBプラチナ法人カード1枚で、あなただけでなく家族まで守ってくれます!
保険会社を利用せずに済めば、家計の助けにもなることでしょう。

また、JCBプラチナ法人カードは、ポイント還元率が最大0.85%と高還元!
なので、年会費は30,000円となっていますが、それを上回る還元を期待できそうです。

他にも、様々なサービスが備わっているので、JCBプラチナ法人カードを検討してみてはいかがでしょうか?

クイック申し込み

高ステータス法人カードランキング

  • 年会費:20,000円 (条件により半額)
  • 発行対象:法人代表者 / 個人事業主
  • 国際ブランド:AMEX
  • マイル還元率1.125%は法人カードNo.1!
  • 独自調査では審査通過率約55%と判明!
  • 年間利用額200万円以上の方は年会費が半額

ステータス性の高いおすすめ法人カードランキング第4位は、「セゾンプラチナ・ビジネスカード」です!

セゾンプラチナ・ビジネスカードは、性能が高く年会費が安い優秀な法人カード。
特に、飛行機を利用する方におすすめの1枚となっています。

この法人カードの1番の魅力は、非常に高いマイル還元率です。
そのマイル還元率は最大1.125%
これほどのマイル還元率を誇る法人カードは、他に存在しません。

貯めたマイルは、航空券との交換などに使用可能。
出張費の削減に繋がるので、事業としても大助かりです!

しかも、セゾンプラチナ・ビジネスカードには、旅行傷害保険も付帯しています。
旅行傷害保険は、国内最高5,000万円・海外最高1億円の付帯。
これにより、安心して出張へ向かえることでしょう!

もちろん、プライオリティパスの無料発行やコンシェルジュサービスも利用可能。
法人カードトップクラスの性能を持つ1枚です。

それでいて、この法人カードの年会費は20,000円と格安
さらに、年間利用額200万円以上であれば半額なので、10,000円での所持できます。

プラチナランクのステータス性と性能があれば良いという方は、セゾンプラチナ・ビジネスカードがおすすめです!

クイック申し込み

高ステータス法人カードランキング

  • 年会費:100,000円
  • 発行対象:法人代表者 / 個人事業主 (共に20歳以上)
  • 国際ブランド:Mastercard
  • マッドブラックの金属でできた法人カード
  • 唯一のMasterCard最上位クラス「World Elite」
  • トップクラスのコンシェルジュサービスを利用可能

ステータス性の高いおすすめ法人カードランキング、第5位は「ラグジュアリーブラックカード」です!

ラグジュアリーブラックカードは、他の法人カードとは異なり金属でできています。
金属ゆえの重厚感や光輝く券面は、高ステータスの象徴ともいえる1枚です!

また、MasterCard最上位クラス「ワールドエリート」である唯一のクレジットカードなので、普段一般的な法人カードでは味わえないようなサービスをラグジュアリーブラックカードなら味わうことができます。

代表的なのはコンシェルジュサービス
予約困難な料亭などの席を用意してもらったり、満室だったホテルに部屋を用意してもらったり…と、ラグジュアリーブラックカードのコンシェルジュなら、このような難しい要望にも応えてくれます。

また、対応が丁寧なラグジュアリーブラックカードのコンシェルジュは、相談するときは電話だけでなくメールでの対応も可能
道案内や予約状況といった口頭では分かりづらい案内をメールで答えてくれるので、コンシェルジュの利用がはかどると利用者から大変人気です。

他にも最高クラスの体験を味わえるサービスがいくつも付帯しているのでラグジュアリーブラックカード。
年会費は10万円ですが、それ以上に価値のあるサービスを受けられる高ステータス法人カードなので、ぜひご検討ください。

クイック申し込み

高ステータスの特徴とは

特徴

ステータス性は、数値化されているわけではありません。
なので、どういった法人カードが高ステータスと言われるのか知っておいた方が良いでしょう。

まずは、比較的重視されやすいカードランクです。
法人カードには、「一般・ゴールド・プラチナ」の3つのランクが存在します。
このなかで、プラチナが最も高いランクです。

プラチナランクの法人カードともなると、券面が非常に豪華。
重厚感があるなど、見た目だけでもステータス性がわかることでしょう。

次に、利用限度額の高さでも、法人カードのステータス性がわかります。
一般的な法人カードの場合、利用限度額が300万円もあれば高い方です。
ですが、高ステータスな法人カードの場合、500万円以上もあり、なかには1,000万円を超えることもあります!

高ステータスな法人カードを所持する方は、そのほとんどが多額の経費を使用する方。
その方の支払いに備え、高ステータスな法人カードは高い利用限度額に対応しています。

最後に、高ステータスな法人カードの条件として挙げるのは、付帯サービスの充実度です。
高ステータスな法人カードは、年会費が高額なることがほとんど。
それに伴い、優秀な付帯サービスを豊富に備えています。

例えば、高額な旅行傷害保険や、お得なレストラン予約サービスなど。
また、高級空港ラウンジの利用権や、コンシェルジュサービスなど、様々な付帯サービスが挙げられます。

こういった特徴を持っていると、高ステータスな法人カードと言えるでしょう。
とはいえ、結果的には見る相手にもよるので、高ステータスとしての知名度が重要となります。

審査が厳しいので申し込みには注意!

審査

高ステータスな法人カードは、所持していると周りからの目が変わってきます。
それだけのものであるため、高ステータスな法人カードは、審査に通りにくいかもしれません。

高ステータスな法人カードは、所持できる方が限定されます。
高額な年会費を支払えることはもちろん、事業が安定していることなども考慮されるでしょう。
なので、一般的な法人カードと比較すると、厳しい審査が設けられているかもしれません。

そもそも、高ステータスな法人カードによっては、経営状況や業歴で審査基準を設けていることもあります。
もし満たしていなければ、問答無用で審査に落とされるので、注意が必要です。

こういったことから、高ステータスな法人カードを申し込むのであれば、それなりに覚悟しなくてはいけません。
審査に落ちる可能性は十分にあるため、事業状況を安定させてから、高ステータスな法人カードに申し込みましょう!

絶対に覚えておきたい選び方

選び方

高ステータスな法人カードの導入にあたって、選び方を知っておきたい方もいることでしょう。
そこで、高ステータスな法人カードの選び方を紹介します!

審査に不安を抱える方は、まず審査の通りやすさをしっかりと確認しましょう。
選択を誤ると、高ステータスな法人カードは容易に審査で落ちてしまいます。

ある程度、事業状態が落ち着いている方であれば、年会費との相談です。
高ステータスな法人カードは、かなり高額の年会費であることがほとんど。
その年会費を1年…2年…5年…と支払った時、コストとして負担にならないか考えておきましょう。

あとは、ステータス性に伴う付帯サービスが備わっていて、あなたに合っているかどうかです。
もし、出張が多ければ、トラベルサービスが充実していた方が良いでしょう。
求めるなら、マイル還元率・旅行傷害保険・空港ラウンジサービス・コンシェルジュサービスなどの充実度です。

また、海外でも法人カードのステータス性を求めるなら、海外でも知られているかを気にしましょう。
例えば、三井住友やJCBは、海外においてそこまで知られていません。
ですが、アメックスやダイナースであれば、高ステータスとして知られています。

上記の選び方を参考に、高ステータスな法人カードをぜひ検討してみてください!

あなたに合った法人カードを選ぶことが重要

法人カードステータスランキング

以上、「ステータス性の高いおすすめ法人カードランキングBEST5」でした!
あなたが求めていた高ステータスな法人カードは見つかりましたか?

事業者であれば、ステータス性で法人カードを選ぶことは重要。
ですが、実用性に重きを置いて選択することもおすすめします。

当サイトでは、数多くの法人カード情報を掲載中。
そういった情報を見ることで、ステータス性よりも重要視することが見つかるかもしれません!

法人カードを探す

TOP > ステータス性の高いおすすめ法人カードランキングBEST5!