コーポレートカードの審査基準とは?大企業向け法人カードの所持方法

コーポレートカードの審査基準について

最終更新日: 2019年3月8日

審査基準:コーポレートカード

大企業向け法人カードの別称コーポレートカード
経理管理やサービスの内容が大企業に最適なもので充実しているため、コーポレートカードが欠かせない存在となっているところも少なくありません!

企業によっては福利厚生としてコーポレートカードを契約させてくれるところもあり、アナタも会社から「コーポレートカードを契約しておいて」と言われたことがあるのではないでしょうか?

しかし、そんな時に不安なのがコーポレートカードの審査基準

万が一審査基準に達せず通らなかったら、どんな問題が起きるか分かりません。
また、ブラックリストに登録されている方にとってはそのことが会社にバレたら…と思うと審査基準が不安でしょうがいないですよね。

そこで今回は、コーポレートカードの審査基準について知っておいてほしい情報をまとめてみました!
コーポレートカードの審査について一緒に勉強していきましょう。

審査の対象は法人?個人?

審査基準

会社に頼まれるなどしてコーポレートカードを申請する際、審査対象は法人個人のどちらなのか?

実はコーポレートカードを作成する場合、審査の基準となる対象は双方
その理由は、コーポレートカードは法人カードなので当然法人のステータスが必要で、また、名義人となる申請者個人に返済能力がしっかりあるかの確認も必要だからです。

ただし、コーポレートカードは会社の信頼性が重要視される傾向にあるので、法人のステータスの方が審査基準の比率が高いそうです
また、もし会社ですでにコーポレートカードの契約をしているのであれば、追加発行での審査の基準は個人で申し込むより通りやすいと言われています。

そのため、あなたがコーポレートカードの申請以前に金融トラブルを起こしたりしてブラックリストに登録されるような失態が無い限りは、審査で特に問題になることはないでしょう!

ではここからは、どんな時に審査に落ちてしまうのか。
審査に落ちてしまう3つの可能性について説明していきます。

推測される落ちる基準と対応策

コーポレートカードの審査に落ちる可能性がある以下の3つについて解説します!

  • 勤務年数不足
  • 記入ミスや記載漏れ
  • 支払いやローンに滞納歴がある

勤務年数不足

審査基準

コーポレートカード発行会社の間では、勤続年数が短い=返済能力に不安があると判断されやすいため、審査が通らないことがあります。

ただし、会社からの命令でコーポレートカードを作るような場合においては、返済能力は会社が責任を取るという形が取られているので、勤続年数について特に気にする必要はありません

記載ミスや記入漏れ

審査基準

コーポレートカードの申請時、申し込み用紙や記入フォームに記入漏れなどのミスがあるようだと審査が落ちる原因となります。

意外にも記載ミスや記入漏れでコーポレートカードの審査に落ちていたというのは珍しくありません。
過去に金融事故は無く、またすでにコーポレートカードを導入している会社に勤めていても、ここの記入ミスで落ちる可能性は十分にあります!

記入欄にある「固定電話」の欄を埋めると審査が通りやすいという話もあるので、できる限り欄を埋めるようにしましょう。

支払いやローンに滞納歴がある

審査基準

会社の取引実績があっても、ブラックリストに登録されている方が審査を通るのは極めて困難。

対応策としては、自分のクレジットヒストリーを確認すること。
また、今までの滞納額をしっかりと返済することなどが挙げられます。

ブラックリスト登録者が審査に通る確率を上げるなら、まっさらにしてから受ける方が賢明。
一般的には滞納返済から2年間はブラックリストに登録されるといわれているので、最後の金融事故から期間が空いているなら一度審査を試してみるのも良いですね。

自分のクレヒス状況は、CICというブラックリストを管理する情報機関にて確認することができるので、不安がある方は確認してみてはいかがですか。

発行のしやすさでコーポレートカードを選んでみては?

審査基準

コーポレートカードに審査基準が設けられているとは言うものの、満たさなければ必ず発行されないわけではありません。
審査が通りやすいとされるコーポレートカードを選ぶことで、発行まで辿り着けるかもしれません。

そこで紹介したいコーポレートカードが、「JCB一般法人カード」です!

このコーポレートカードは、当サイトの独自調査で審査通過率が約60%ということが判明。
これほど発行しやすいとなれば、審査基準に不安を覚える方でも申し込みやすいのではないでしょうか?
一般ランクのコーポレートカードのため、プラチナランクほどの申し込みにくさはないかと思います。

そんなJCB一般法人カードは、追加カードの発行枚数に上限がありません
そのため、社員を多く抱える企業であっても、発行枚数に困ることはないでしょう!

年会費は1,250円ととても安く、還元サービスも備わっているので、ぜひ1度このコーポレートカードを申し込んでみてください。

JCB一般法人カードの詳細

大企業向けコーポレートカードの審査基準まとめ

審査基準

  • コーポレートカードの審査基準は法人、個人のステータスが共に見られる
  • 審査に落ちる可能性は主に3つであると言われている
  • ブラックリストに登録されていると審査は難しい。しかしクレヒスがクリアなら問題ない
  • クレヒスはCICのサイトから確認できる
  • コーポレートカードの審査期間は発行元次第
  • 最短3営業日で届き、平均的に1ヶ月以内には届く

コーポレートカードの審査について理解していただけましたでしょうか。

当サイトは、大企業におすすめのコーポレートカードを徹底比較したランキングを作成。
各コーポレートカードの特徴や魅力をランキング形式で紹介しているので参考にしてみてください。

コーポレートカード比較ランキング