法人カードを導入すべき理由とは?メリット・普及率・事例を紹介

法人カードの導入は不可欠!その理由は?

最終更新日: 2021年1月2日

画像: 法人カードの導入が不可欠な理由について

ビジネスツールの1つとして数多くの方に愛されている法人カード。
ただ、法人カードを導入すべき理由がわからない方もいるのではないでしょうか?

例えば、法人カードを導入することにより、経費処理の簡略化を狙えます。
他にも、キャッシュフローを調整できたり経費削減が図れたりと、法人カードを利用することで受けられる恩恵は様々。
豊富なメリットを獲得できるため、法人カードがあなたのビジネスを加速させてくれることは間違いないでしょう。

こういったメリットを得られることから、法人カードの普及率は年々上昇。
多くのビジネスマンが法人カードの導入を決断しています。

今回は、そんな法人カードを導入すべき理由について解説。
受けられる恩恵を紹介することに加え、法人カードの普及率や導入事例などを紹介します。

加えて、法人カードの導入方法についても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

もたらされる恩恵を一挙に紹介!

画像: メリットについて

では早速、法人カードを導入することで得られるメリットを合計3つ紹介します。

経費処理の簡略化が図れる

画像: 経費処理の簡略化について

まず、法人カードの導入で得られるメリットとして紹介するのが、「経費処理の簡略化」というものです。

例えば、経費の支払いは、導入した法人カードのみで行うとします。
そうすることにより、「プライベートは個人向けクレジットカード」・「ビジネスは法人カード」と使い分けられます。
支払い履歴の公私混同を防げるため、法人カードの利用明細書を確認することにより、経費の利用状況を一目で把握可能です。

しかも、法人カードに備わる「追加カード」というサービスを利用すれば、さらなる経費処理の効率化を見込めます。

追加カードとは、親の法人カードとほとんど同じ性能を持った子カードを作成できるサービスのこと。
この追加カードは、従業員に支給できます。

仮に、従業員に追加カードを持たせれば、その従業員は現金で経費を立て替える必要がなくなります。
結果として、立て替え分の経費を返還する作業も減らせるため、経費処理をより簡略化できるという訳です。

大幅な経費削減が狙える

画像: 経費削減について

法人カードを導入すれば、効率的な経費削減を図れます!
というのも、ほとんどの法人カードには、利用額に応じてポイントやマイルを獲得できるサービスが備わっているからです。

ポイントやマイルを獲得するのに必要な法人カードの利用額は、「100円~1,000円」が一般的。
交換先によって変動するものの、「1ポイント当たり1円~5円程度」・「1マイル当たり1円~10円程度」の価値があります。

ポイントの場合は、日々使う備品への交換や色々な支払いに充てることが可能。
マイルの場合は、出張時の航空券に交換できたり、座席のアップグレードに使えたりします。

仮に、ポイント・マイルを消費して、備品や航空券などを入手すれば、使う予定だった経費をセーブできます。
そのため、法人カードを導入することにより、効率的な経費削減が狙えるという訳です。

その他にも、法人カードによっては、レストランやホテルを優待価格で予約できたり、会計ソフトを特別価格で導入できたりするものも存在します。
なので、法人カードを導入することによって、多岐にわたるビジネスシーンで経費削減を図れることでしょう!

キャッシュフローの安定が見込める

画像: キャッシュフローについて

最後に紹介する法人カード導入のメリットが、「キャッシュフローの安定が見込める」というものです。

例えば、全ての経費の支払いを法人カードで行ったとします。
この場合、経費として使う予定だった現金を置いておくことが可能です。
なので、突然まとまったお金が必要になったとしても、対応できる可能性は上がることでしょう。

また、法人カードで経費を支払えば、実際に現金が口座から引き落とされるのは数か月後になります。

引き落としが数か月後になるということは、経費の支払い時期を計画的にコントロールできるということ。
もし、現金が不足していたとしても、実質的に経費の支払いを遅らせられるため、キャッシュフローの安定が狙えるのです。

ちなみに、法人カードの中には、キャッシング機能が利用できるものもあります。
こういった法人カードを導入すれば、より楽にキャッシュフローの安定を図れることでしょう。

法人カードの導入率は約19%!

画像: 法人カードの導入率について

導入することにより、魅力的なメリットばかり獲得できる法人カード。
ただ、実際のところ、どれほどのビジネスマンが法人カードを導入しているのか、気になる方もいると思います。

国際ブランドとして有名なVISAでは、2016年に中小企業・個人事業主を対象とした法人カードの導入率を調査。
その結果、中小企業や個人事業主の方が法人カードを導入している割合は、全体の約19%であることがわかったそうです(※)。

(※ 参照:中小企業におけるカード決済の普及と与信の課題について | VISA)

こうしてみると、法人カードの導入率はそこまで高い数値ではありません。

しかし、この調査は2016年に実施されたものです。
また、2016年の時点で法人カードの導入を検討していた方は、全体の約25%もいました。
そのため、この調査の後、約25%の方が法人カードを導入していたとしたら、現在の普及率は約50%近くになっているかもしれません。

ちなみに、調査対象となった中小企業・個人事業主の方が評価している法人カード導入の主なメリットは、以下の通りです。

  • 多額の現金を持ち歩く必要がなくなった
  • 経費の立て替えを行う必要がなくなった
  • 経費の処理漏れがなくなった
  • 公私混同が起きなくなった

実際に法人カードを導入した方はこれらのような恩恵を受けているため、様々なシーンであなたをサポートしてくれることは間違いないでしょう!

計4つの事例を紹介!導入した理由やその結果は?

画像: 導入事例について

ここでは、実際に法人カードを導入した事業の事例をいくつか紹介します。
法人カードの導入事例は、以下表にまとめています。

導入した理由 導入した結果
企業A 資金繰りに苦慮していたから 法人カードを導入したことにより、キャッシュフローを安定させられた
企業B 経費削減とETC管理業務の効率化を図りたかったから 法人カードで発行できるETCカードのおかげで、社用車の管理業務を効率化できたり、ガバナンスの強化も図れたりした
企業C 事業内の福利厚生をなるべく低コストで充実させたかったから 導入した法人カードに備わるサービスを活用することにより、月々約300円の出費で福利厚生を充実させられた。結果として、従業員のモチベーションアップにも繋げられた
企業D 緊急時の資金を準備していなかったため、ビジネスチャンスを逃した経験があったから キャッシング機能付帯の法人カードを導入することによって、急な資金調達に対応できるようになった

上記の通り、事業によって法人カードの導入を決断した理由は様々です。

しかし、法人カードを導入することにより、どの事業も抱えていた悩みを解消しています
このことから、法人カードの導入に満足している方がとても多いのではと推測できます。

作り方は簡単!計5つのステップを踏むだけ

画像: 作り方について

ここまでで、法人カードの導入を決めた方もいると思います。
ただ、法人カードの導入方法がわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここからは法人カードの具体的な導入方法について解説。
基本的には、以下5つの手順を踏むことにより、法人カードは導入できます。

  • 法人カードの申請
  • 本人確認の手続き
  • 法人カードの発行審査
  • 審査通過の連絡
  • 法人カードの受け取り

まず行うことと言えば、法人カードへの申請です。

現在、ほとんどの法人カードはネットから申し込むことが可能。
郵送や窓口での申請より手間や時間が掛からないため、基本的にはネットから法人カードに申し込むことをおすすめします。

法人カードへの申し込みが完了したら、次は本人確認の手続きです。

とはいえ、本人確認として発行会社に聞かれる質問は、氏名や生年月日など簡単なものばかり
そのため、このステップ自体は数分で完了することでしょう。

本人確認が終わると、法人カードの発行可否を発行会社が審査します。
法人カードによって審査に掛ける期間は異なるものの、平均して2週間程度
申請者や事業の信用度をしっかりと測るため、法人カードの審査には時間が掛かります。

もしかすると、このステップでいくつかの書類を提出しなければいけないかもしれません。
必要書類として提出を求められるものは、本人確認書類登記簿謄本など。
個人事業主の場合は、本人確認書類のみの提出で問題ない法人カードがほとんどです。

仮に、審査に通過すると、法人カードの発行会社から審査通過の旨を伝える連絡が来ます。
後は、数日後に法人カードが郵送で届けられるため、それを受け取れば全てのステップは完了です。

あなたに最適な法人カードはこちらから!

画像: 最適な法人カードについて

法人カードの導入を検討しているものの、どれが良いのかわからない方が多いことでしょう。

それもそのはず、法人カードの種類は非常に豊富。
しっかりと各法人カードの性能を見極めないと、あなたに最も合った1枚を見つけるのは難しいかもしれません。

そこで、導入する法人カードを探す際に活用して欲しいのが当サイトです!

当サイトでは、50枚以上もの法人カードの情報を紹介しています。
また、用途ごとにおすすめの法人カードで作成したランキングも掲載しているので、ぜひチェックしてみてください!

法人カードを探す

TOP > 法人カードを導入すべき理由とは?メリット・普及率・事例を紹介