作りやすい法人カードとは?審査が甘く申請が簡単なものの特徴を紹介

作りやすい法人カードの特徴とは?

最終更新日: 2020年8月24日

画像: 作りやすい法人カードについて

個人向けクレジットカードと比べて、申請が難しそうな法人カード。
法人カードの導入を検討している方の中には、作りやすいものに申請したいと考えている方もいるのではないでしょうか?

当然ながら、法人カードの審査は、個人向けクレジットカードよりも厳しい傾向にあります。
また、申請手順や必要書類が多い法人カードもあるため、所持するまでのハードルはそこまで低いわけではありません。

しかし、法人カードの中には、作りやすいと言われているものも存在します!
そういった法人カードは、審査が甘いだけでなく、申請手順や必要書類が非常にシンプル
作りやすいと言われているだけあり、一般的な法人カードよりも所持する難易度は低いことでしょう。

そこで今回は、作りやすいと言われている法人カードの特徴を紹介します。
どういった法人カードであれば、作りやすい可能性が高いのか詳しく解説。

加えて、法人カードの中でも特に作りやすいものを紹介するので、ぜひ最後まで見てみてください!

作りやすい法人カードの特徴を紹介!

画像: 作りやすい法人カードの特徴について

作りやすい法人カードは、主に以下3つの特徴を持っています。

  • 審査が甘い
  • 申請手順がシンプル
  • 必要書類が少ない

それでは、上記3つの作りやすい特徴について、具体的にどういうことなのか、1つずつ詳しく紹介します。

審査が甘い

画像: 審査について

まず、初めに紹介する作りやすい法人カードの特徴が、「審査が甘い」というものです。

当然ですが、審査が厳しければ、作りやすい法人カードとは言えません。
そのため、作りやすい法人カードを探している方は、審査に甘いと言われているものを探すようにしましょう。

では、審査が甘い法人カードとは、一体どういった特徴を持っているのでしょうか?
基本的には、以下の特徴を持つ法人カードが、審査に通りやすいと言われています。

  • 審査期間が短い
  • 必要書類が少ない
  • 審査に通ったといった口コミが多い

審査期間が短い法人カードは、審査に通りやすい可能性があります。
これは、審査に掛ける時間が少ないということは、そこまで各審査項目を細かく見ていないと推測できるためです。

また、必要書類が少ないか確認するのも、審査に甘い法人カードか見分けるために大切です。

必要書類が少ない法人カードは、それだけ審査の際に確認する項目が少ないのではと推測可能。
審査の際に確認する項目が少ない法人カードは、審査に甘い・作りやすいという訳です。

そして、法人カードの審査難易度を推測する際は、審査関連の口コミも確認することをおすすめします。
審査に通過できたといった口コミが多い法人カードであれば、審査に甘い可能性が高いと言えるでしょう。

ちなみに、審査が甘い法人カードの中には、設立1年目でも申請できることを公式ページに明記しているものもあります。

設立して間もない方でも申請できるということは、法人・事業の売上といった審査項目を甘く見ているかもしれません。
なので、審査に甘い・作りやすい法人カードに申し込みたい方は、公式ページにて設立1年目の方の申請を歓迎しているか確認してみてはいかがでしょうか?

法人カードの審査情報は、公にされていません。
そのため、各法人カードの審査難易度を完全に知ることはできないので、注意してください。

申請手順がシンプル

画像: 申請手順について

申請手順がシンプルであるほど、作りやすい法人カードと言えます。
そのため、作りやすい法人カードを探している方は、申請手順が簡単なものを探すようにしてください。

例えば、作りやすい法人カードの申請手順は、以下のように非常にシンプルなものとなっています。

  1. 申し込み内容の入力
  2. 支払い口座の設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 自宅にカードが到着

上記の通り、作りやすい法人カードは、申請からカード受け取りまでの流れが非常にシンプル!
自身で行うことと言えば、「申し込み内容の入力」と「支払い口座の設定」のみなので、とても作りやすいことでしょう。

反対に作りにくい法人カードの場合、上記に1~2つのステップが追加されます。
当然作りやすいと感じるかは申請者次第ですが、申請手順がシンプルであるほど、所持までのハードルは低いはずです。

必要書類が少ない

画像: 申請手順について

最後に紹介する作りやすい法人カードの特徴が、「必要書類が少ない」というものになります。
というのも、必要書類が少ないほど、それだけ申請前に手間が掛からないためです。

例えば、必要書類が少ない法人カードだと、提出を求める書類は1つだけになっています。
それが、「本人確認書類」です。

本人確認書類として認められるのは、「運転免許証」や「パスポート」といった多くの方が所持している書類。
そのため、申請前に書類を準備する時間や手間は掛からないことでしょう。

一方で、必要書類が多い法人カードの場合、少なくとも2種類以上の書類を提出するよう求められます。
もしかすると、「本人確認書類」・「登記簿謄本」・「所得証明書」といった書類を提出しなければいけないかもしれません。

本人確認書類は、作りやすい法人カードの必要書類と同様ですが、他2つに関しては前もっての準備が必要
登記簿謄本・所得証明書ともに、管轄の窓口にて発行してもらう必要があります。

このように、必要書類が多い法人カードは、それに伴い事前の準備が必要になるため、作りやすいとは言えないでしょう。

ちなみに、必要書類が多い法人カードは、提出書類の数が増えるほど、審査が厳しくなる可能性が高いです。
なので、審査の通りやすさという観点から見ても、必要書類が少ない法人カードに申請することをおすすめします。

スタートアップでも申請可能!「三井住友forOwnersクラシック」

画像: 三井住友forOwnersクラシック

今回、作りやすい法人カードを探している方におすすめとして紹介するのが、「三井住友forOwnersクラシック」です。
この法人カードは、スタートアップ企業・事業の申請を歓迎していて、且つ申請手順・必要書類が少ない1枚となっています。

三井住友forOwnersクラシックの申請手順は、たったの4ステップだけ
自身で行う作業は、「オンラインでの申し込み」と「支払い口座の設定のみ」なので、申請に時間が掛かることはないはずです。

また、計4つあるステップは、おおよそ1週間で完了します。
カード受け取りまでのステップに掛かる日数は、最短3営業日となっているので、審査に甘い可能性もあることでしょう。

しかも、この法人カードの申請時に必要な書類は、「本人確認書類」のみです。
登記簿謄本や所得証明書、決算書といった事前の準備が必要な書類は一切提出を求められないため、簡単に申し込むことができます!

そんな三井住友forOwnersクラシックは、審査に非常に甘いことで有名です。
スタートアップでも申請できると公式サイトに記載しているだけでなく、申請手順や必要書類は非常にシンプル!
審査の際に確認する項目が少なく、それらの確認に掛ける時間も短いのではと推測できます。

加えて、当サイトが独自調査した審査通過率(※)によると、この法人カードは65%といった驚異的な数値を誇っています。
(※ 審査通過率とは、当サイトが11,000件以上もの申請データをもとに導き出した審査の通りやすさを数値化したものです)
全法人カードの中でも最も高い審査通過率となっているため、きっと多くの方が審査に通過できることでしょう!

その他にも、優秀なキャッシング機能が付帯していたり、充実したビジネスサポートサービスが備わっていたりと、申し分ない性能を誇る三井住友forOwnersクラシック。
審査に甘く申し込みが簡単な作りやすい法人カードを探している方にぴったりなので、ぜひ三井住友forOwnersクラシックの導入を検討してみてください!

三井住友forOwnersクラシックの詳細

審査の通りやすさで作成したランキングはこちら!

画像: ランキングについて

今回は、作りやすい法人カードの特徴を紹介しました。
また、その特徴を全て持っているおすすめの法人カードも紹介したので、ぜひ参考にしてみてください!

とはいえ、法人カードを導入するなら、もっと他のものも確認してから決めたいと考えている方もいることでしょう。
そんな方は、審査が甘いと言われている法人カードを積極的に探してみてはいかがでしょうか?

作りやすい法人カードを見つけ出す上で、審査の甘さは確認必須
いくら申請手順・必要書類が少なくても、審査が厳しければ作りやすいとは言えません。

もし、他の審査が緩い法人カードを確認したいという方がいたら、当サイトの「審査が通りやすい法人カードランキング」を見てみることをおすすめします。

このページでは、当サイトが独自調査した「審査通過率(※)」をもとに、審査が甘い法人カードを順位付け。
(※ 審査通過率とは、11,000件以上のデータをもとに、当サイトが独自調査した審査の通りやすさを数値化したもののことです)
特に、審査に通りやすい法人カード5枚で作成したランキングなので、きっとあなたに合った作りやすい1枚に出会えると思います。

審査が通りやすい法人カードランキング

TOP > 作りやすい法人カードとは?審査が甘く申請が簡単なものの特徴を紹介