法人カードでETCカードを複数枚発行するメリットは?選び方も紹介

ETCカードを複数枚発行できる法人カードとは?

最終更新日: 2020年9月23日

画像: 法人カードでETCカードを複数枚発行するメリットについて

きっと、数人以上の従業員に支給することを考え、ETCカードが複数枚発行できる法人カードを探している方もいると思います。

複数枚のETCカードを発行できる法人カードの導入は、非常におすすめ。
そういった法人カードを手に入れれば、様々なメリットを獲得できるため、事業の効率化に貢献してくれることは間違いないでしょう。

ただ、ETCカードを複数枚発行できる法人カードを導入する際は、いくつか抑えておくべき選び方があります。
もし、その選び方について知らないと、場合によっては使い勝手が良くない法人カードを導入してしまうかもしれません。

そこで今回は、複数枚のETCカードを発行できる法人カードについて解説。
導入することによってどういった恩恵がもたらされるのか、また知っておくべき法人カードの選び方についても紹介します。

さらに、ETCカードが複数枚発行できる法人カードの中でも、特におすすめの2枚を用途別に紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

ETCカードを複数枚発行できることにどういったメリットがある?

画像: ETCカードを複数枚発行するメリットについて

早速、複数枚のETCカードを発行できる法人カードを導入することによって、どういったメリットが得られるのか紹介します。
主に獲得できるメリットは、以下の通りです。

  • 経費処理の簡略化が捗る
  • ポイントを効率的に貯められる

まず、法人カードで複数枚のETCカードを発行できれば、経費処理をさらに簡略化することができます。

例えば、法人カードで発行したETCカードを複数の従業員に支給したとします。
この場合、当然ながら従業員は、配られたETCカードで楽に料金所を通過することが可能です。
加えて、従業員が高速代を立て替えたり、その経費を従業員に返還したりといった手間を省くことができます。

しかも、支給した各ETCカードの利用状況は、毎月送られてくる法人カードの利用明細書で簡単に確認できます。
高速代に関する経費計上の作業を大きく削減できるので、複数枚のETCカードを発行することで会計処理を簡略化できるという訳です。

そして、ポイントを効率的に貯められるというのも、法人カードでETCカードを複数枚発行するメリットの1つ。
これは、従業員に配ったETCカードの利用額に対しても、法人カードのポイントが付与されるためです。

従業員がETCカードを利用したことで獲得できるポイントは、親となる法人カードに集約。
要は、ETCカードを複数枚発行して、より多くの従業員に支給すれば、その分ポイントが早く貯まるということです。
1人で貯めていくよりも、さらに効率的なポイント集めが実現するため、経費削減が狙いやすくなることでしょう!

法人カードの選び方を一挙紹介!計4つの項目は要チェック

画像: 法人カードの選び方について

ここからは、ETCカードが複数枚発行できる法人カードを導入する際に、チェックしておくべき計4つの項目について紹介します。

発行可能な枚数

画像: 発行可能枚数について

法人カードを導入する際は、必ずETCカードが発行できる枚数を確認するようにしてください。
というのも、法人カードによって、ETCカードの発行可能な枚数というのは異なるからです。

複数枚のETCカードを発行できる法人カードでも、その枚数は2~5枚が一般的。
仮に、6枚以上のETCカードを従業員に支給したい場合、発行可能枚数を確認しておかないと、希望を叶えられない可能性が高いです。
なので、自身の希望通りの枚数を発行できる法人カードなのか、しっかりとチェックしておくことをおすすめします。

ちなみに、法人カードの中には、ETCカードを無制限に作成できるものも存在します
もし、数十・数百単位の従業員にETCカードを配りたい場合は、発行可能な枚数に上限がない法人カードを導入するようにしましょう。

発行手数料&年会費

画像: 年会費について

きっと、ETCカードが複数枚作成できる法人カードを導入して、数十人以上の従業員に配ろうと考えている方もいると思います。
そういった方は、法人カード自体の年会費をチェックすることに加え、ETCカードの所持に必要なコストも確認しておくようにしましょう

例えば、法人カードによっては、ETCカードの作成に手数料や年会費が掛かるものも存在します。
この場合、発行手数料として約1,000円年会費として約500円が必要です。

もし、膨大な数の従業員にETCカードを支給する場合、手数料や年会費が必要だと、とても大きなコストが掛かってしまうかもしれません。
場合によっては、数万円から数十万円もの費用が必要なこともあるので、注意してください。

もちろん、ETCカードを0円で発行&所持できる法人カードもあります。
そのため、多くの従業員に配りたい方は、ETCカードの作成に手数料や年会費が必要ない法人カードをおすすめします。

ポイントの貯めやすさ

画像: ポイントの貯めやすさについて

上述した通り、ETCカードを複数枚発行することによって、法人カードのポイントをよりスピーディーに貯められます。

とはいえ、ポイントが貯めにくい法人カードを導入してしまうと、ETCカードを複数枚作成することによる恩恵が受けにくくなってしまいます
なので、ETCカードを複数枚発行できる法人カードを導入する際は、ポイントの貯めやすさも確認するようにしましょう。

ポイントが貯めやすい法人カードを選ぶ際に大切なのが、ポイント還元率をチェックすること
法人カード業界では、ポイント還元率が1.0%以上だと、ポイントが集めやすいと言われています。
よって、より効率的に経費削減を図りたい方は、ポイント還元率が1.0%以上の法人カードを導入するようにしてください。

利用限度額

画像: 利用限度額について

ETCカードを複数枚作成したい方は、法人カードの利用限度額も確認しておくようにしましょう。
というのも、ETCカードは、法人カードに設けられている利用限度額の範囲内でしか利用できないためです。

例えば、法人カードの利用限度額が少なかったとします。
この場合、複数枚のETCカードを発行してしまうと、法人カードの利用限度額が足りなくなる可能性が高いです。

もしかすると、ETCカードを複数枚発行しても、ほとんど利用できないといった事態になってしまうかもしれません。
なので、複数枚のETCカードを発行したい場合は、法人カードの利用限度額内で十分に利用できるか、事前にシミュレーションしておくことをおすすめします。

ちなみに、法人カードでは、「一般⇒ゴールド⇒プラチナ」とランクが上がるにつれて、高額な利用限度額を設けられる傾向にあります。
もし、できる限り利用限度額に余裕がある法人カードを導入したい方は、ゴールドやプラチナランクから選んでみてください!

複数枚のETCカードを発行可能!おすすめはこちら

画像: 複数枚のETCカードが発行できるおすすめについて

それでは、複数枚のETCカードが作成できるおすすめの法人カードを用途別に2枚紹介します。
上記の選び方をもとに厳選した法人カードなので、ぜひ参考にしてみてください!

発行可能な枚数は無制限!たくさんの従業員に配りたい方はこの1枚

画像: おすすめ1

まず、複数枚のETCカードが発行できるおすすめの法人カードとして紹介するのが、「JCB一般法人カード」です。

この法人カードが持つ最大の特徴と言えば、ETCカードを制限なく発行できるところ
数百人もの従業員にETCカードを支給したい場合でも、この法人カードなら対応することができます。

しかも、この法人カードで作成できるETCカードは、発行手数料が必要ないのはもちろんのこと、年会費も掛かりません
ノーコストで大量のETCカードを発行できることから、特にたくさんの従業員を抱える方におすすめの法人カードです。

そんなJCB一般法人カードの年会費は、1,250円と非常に格安!
ETCカードだけでなく、法人カード自体に掛かるコストも抑えられるため、所持するに当たって負担は感じないことでしょう。

それでいて、この法人カードは、最大0.75%ものポイント還元率を実現できます。
法人カードの平均的なポイント還元率は、おおよそ0.5%。
平均と比較して、1.5倍ものポイント還元率を実現できるため、効率的にポイントを集められることは間違いありません!

他にも、手厚い旅行傷害保険を付帯していたり、充実したポイントアップサービスを備えていたりと、数々の魅力を持つJCB一般法人カード。
利用限度額はそこまで高額ではないものの、無制限にETCカードを発行できる法人カードは非常に珍しいので、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

JCB一般法人カードの詳細

発行可能な枚数は5枚!利用限度額に余裕があるおすすめはこの1枚

画像: おすすめ2

きっと、そこまで大量のETCカードは必要ないという方もいると思います。
それよりも、余裕を持ってETCカードを利用したいことから、できる限り高い利用限度額を設定できる法人カードを探している方もいるのではないでしょうか?
そういった方におすすめなのが、非常に高額な利用限度額を設けられる「アメックス・ビジネスゴールド」です!

この法人カードでは、ETCカードを5枚発行することが可能
先ほどの法人カードと比較すると、そこまで多くのETCカードを作成できる訳ではありません。

また、発行手数料は必要ないものの、ETCカードの年会費として500円の費用が掛かってしまいます。
さらに、この法人カード自体の年会費も31,000円と高額なので、JCB一般法人カードよりコスト面では劣っていると言えるでしょう。

しかし、アメックス・ビジネスゴールドには、他のETCカードを複数枚発行できる法人カードにない魅力があります。
それが、設けられる利用限度額に一律の制限がないところです!

利用限度額に制限がないということは、ETCカードを複数枚発行しても、ゆとりを持った法人カード利用が実現できるということ。
もちろん、審査によって上限は設けられるものの、比較的高額な利用限度額を設定できることは間違いないでしょう!

ゴールドランクの中でも、特にステータス性が優れた法人カードとして有名なアメックス・ビジネスゴールド。
マイルが貯めやすかったり、付帯サービスが充実していたりするので、ぜひ導入を検討してみてください!

アメックス・ビジネスゴールドの詳細

こちらで他の法人カードも探してみては?

画像: 他の法人カードについて

ここまでで、ETCカードが複数枚発行できる法人カードのメリットや選び方について紹介しました。
また、複数枚のETCカードが作成できるおすすめの法人カードを用途別に2枚紹介したので、ぜひ導入を検討してみてください!

ただ、メインの法人カードとして導入するなら、もっと他の選択肢を確認しておく方が良いでしょう。
これは、複数枚のETCカードは発行できないものの、より性能に優れた法人カードが存在するためです。

例えば、ETCカードが複数枚発行できるものをサブ・高性能なものをメインとして導入したとします。
そうすることにより、お互いのメリットを活かしながら、各法人カードの魅力をさらに引き出すことが可能です。

もし、他の法人カードも確認しておきたいという方がいたら、当サイトで探してみてはいかがでしょうか?
40枚以上もの法人カードを紹介しているので、きっとあなたに合った1枚が見つかるはずです!

法人カードを探す

TOP > 法人カードでETCカードを複数枚発行するメリットは?選び方も紹介